Pocket

地図

※ グーグルマップより

ども、しゃしゃ。
さっき、英国である団体が設立した。

ベトナム戦争時、韓国軍人が女性に性的暴行および、虐殺を行い、
ライタイハンと呼ばれる子たちも作り出した。

「暴行の犠牲者になった人たちを救おう」と、
英国の民間団体「ライダイハンのための正義」が設立されたのだけど……

英国は何を企んでいるんだろうかと疑問を抱いたよ。

 

なぜイギリスで発足?

産経新聞によると、英国の市民活動家「ピーター・キャロル氏」が設立を発足。

「ベトナムで韓国軍兵士の性的暴行に遭った女性たちが苛酷な人生を送っていることを多くの人たちに知ってほしい」

他、新聞には被害にあわれたベトナム女性からの取材も行っている。
韓国内でもライタイハンの事実に向き合う団体がいるんだと。

ベトナム戦争で韓国兵士が何をしたか。
参照サイトにかなり酷い内容が載っているので、各自調べてほしい。
(ソンミ村虐殺事件も併せて調べておこう)

一番の疑問が今回のベトナム戦争時の事件で、
なぜイギリスが表に立って騒いでいるのかという部分だ。

善悪という感情の上に「儲け・国益を置くと、
「イギリスはこれから何を企んでいるのか?」疑ってしまうんだ。

記事引用:ベトナム戦争に派兵された韓国兵士の女性暴行「韓国政府に謝罪要求」英国で団体設立

記事:ライダイハン、韓国社会に衝撃 ベトナム派兵、徐々に汚点

参照:グロ画像注意:ベトナム戦争で何があったのか

 

どんな世論が作られる?

私の母は言っていた。

「今、日本で慰安婦から軍艦島など、騒ぎを起こして韓国政府は日本へたかろうとしている(政府というより、まず日本にいる反日団体が騒ぎ、韓国も利用している感じがある)。が、今度はベトナムで同じ動きが起きるだろう。歴史は順繰りだ」

今回の出来事が起きても、何ら不思議ではない。
イギリスが設立を呼び掛けたという事実に違和感を抱く。

こちらのサイトでも、似た疑問を浮かべていたよ。

参照:なにやらきな臭い感じも……?

設立した人はベトナム人の友人からライタイハンに関する話を聞いた後、
「(韓国兵士による)暴行の犠牲者になった人たちを救おう」考えたのか。

設立したピーターさんの動機が純粋だとしても、
付属する人は「純粋」とは限らぬ

団体の中に政権下で司法相や外相などを務めた労働党、
ジャック・ストロー氏(政治家)もいる。

産経新聞が書いていないだけで、ほかに関わった人はどうだ?
今、イギリスが韓国に向けて「歴史戦」を繰り広げ、
何を得ようと企んでいるのだろう。

ひとつは「韓国兵士が起こした行動で苦しむ、ベトナム人女性の実態」だろう。
そこで「ベトナム戦争」におけるイギリスを追いかけてみよう。

 

ベトナム戦争とイギリス

グーグルで調べたら、なんとベトナム戦争に英国は参加していない

1961年あたりに始まったベトナム戦争。
1960年代のイギリスは経済・財政において悪化し、
大規模な海外派兵ができなかった。

経済は停滞し、労働者も怠ける状況「英国病」が起きていた。
マーガレット・サッチャーが現れて改革を起こしたのね。

ベトナム戦争時、英国でもベトナム反戦運動が起きていた。
世論が戦争するなという立場をとっていたんだね。

参照:ベトナム戦争にイギリスが参戦しなかった理由

参照:イギリスは如何に「英国病」を克服したか

 

ベトナムと英国と韓国

今回、イギリスの市民団体がライタイハンに問題提起を促した。
イギリスとベトナムの関係でいろいろ調べると、
イギリスがEU離脱投票で「離脱派」が勝利を収めた際、
ベトナムが損失を被りそうだと、下記サイトに書いてあった。

次に韓国とイギリスで調べてみたら、面白いサイトに引っかかった。
日本の植民地支配はイギリスに原因がある

韓国内ではイギリスも敵視している風潮があるようだ。
(全員がそうとは言わないから、「ようだ」表現を使った)

日韓併合時、イギリスも併合に賛成した。
あそこで反対していれば、朝鮮半島は南北分断されなかった。

「ふーん」程度で見ていただければいい。

参照:ベトナム経済、イギリスEU離脱の影響で損失の見込み

参照:【海外の反応】日本の植民地支配はイギリスのせいだと言い張る韓国人

 

英国よ、何をつかんだ?

イギリスが「正義衝動」に駆られてやったとしても、
「儲け目的」で何か利用できるのではないか?

必ず考えている人たちはいる。
「儲け目的」で利用するとしたら、何だろう?

ベトナムに恩を売って、英国にとって何かしら有利な状況を作るのか。
企みは日本へどんな影響を与えるのか。

ベトナムでも韓国でもなく、日本に新たな恩を売るつもりか。
8/31に安倍総理がイギリスへ飛び、首脳会談を行った。
成果は渡邉哲也さんが語っているから確認をしておこう。

日英首脳会談時、日本側は韓国の慰安婦-徴用工騒動をこっそり伝え、
ライタイハンに関するカウンターをとってくれと依頼したか。

表に出ていないから、私の勝手な妄想だけど、
見えないところで何が起きているかわからない。

イギリスが何かしらのチャンスを見つけたんだなあと感じる。
わからないから推測しかできないわ。

 

脱線:イギリスの戦略を知るなら

イギリスの歴史を知れば、大まかなイギリスの動きも分かる。
イギリスと日本の共通点は「島国」だ。

少しでも有利に、ヨーロッパへ負けないために「知識」分野で暗躍した。
イギリスの歴史を少しでも知っておけば、英国の動きや事情もつかめるよ。

イギリスの動向を気にするなら、読んでおくといい。

本:イギリス現代史 (岩波新書)

本:図説 イギリスの歴史 (ふくろうの本)

 

韓国左派による韓国軍への運動

記事を書いた翌日の虎ノ門ニュースにて、藤井厳喜さんが推測していたよ。
左の動きにあまり気を配らなかったけれど、
韓国内でも韓国軍にネガキャンをはって、軍隊の行動に支障をきたす。

結果、北朝鮮への対策を遅らせると。

 

ベトナムの韓国大使館前にライダイハン像

25日の楽天ニュースで、
ベトナムの韓国大使館前にライダイハンの像を置こうぜ。

運動が始まっているようだ。

今も韓国が一部、日本にやっている行為を「他の国が」やろとは。
「やること」が順繰り巡りとなっている。

今の日本で起きている出来事がやがて、世界のどこかにも起きる。

今までなぜ起きなかったのだろう?
上記韓国軍への嫌がらせを考えたら、裏で手を引いている連中の中に、
北朝鮮から来て韓国を崩落させたいスパイがいるんじゃないか?

あるいは「イギリスの暗躍」だろうか。

日本にいる反日連中と同じで、ベトナムにいる反韓)団体が、
ベトナムを炊きつけて、争いの新たな火種を創ろうとしている。

イギリスは「韓国VSベトナム」図式を創り、
双方から何かしらの利益を得よう
と企んでいるんじゃないか。

現段階では歴史を踏まえた陰謀論を浮かべてしまうよ。

文大統領がベトナムの動きにどんな行動をとるか。楽しみではあるよ。

 

ライタイハンとライダイハン、語源

私は「ライタイハン」書いているが、他の人を見ると「ライダイハン」と、
「タ」と「ダ」のどちらが正しいか調べたよ。

ライタイハンはハングル読みで、ライダイハンはベトナム読み。
ライダイハンはベトナム語に訳すと、

韓国人の軽蔑すべき子

参照:ライダイハンの語源を教えてください

 

脱線:近代の歴史を知りたい

近代の歴史を知ると、現代の戦争が理解できる。
過去に何があったかを知れば、未来において対策も浮かぶ。

少しでも「あの時、何があったのか」知りたいなら世界史の教科書を読もう。
おおむね時系列に沿って書いているよ。

ただ、歴史の教科書は新たな史料によって状況が変わる
うのみにするのでなく、大まかにこんな出来事があったと見よう。

歴史は他国を見ると「武器」として使っている。
武器の正体こそ「地政学」だ。

各国が国益を得るために、色々考える。
地政学は相手の国事情を考えるうえで、欠かせない考え方だ。

考えをつかめば、相手を攻略するための対策も浮かぶ。
頭の体操としてぜひ押さえておこう。

本:もういちど読む山川世界現代史

本:あなたも国際政治を予測できる! 最強兵器としての地政学

 

おまけ:自分の中で起きている出来事

国際世論の出来事は「別な形」で己の中で起きている出来事でもある。
しゃしゃがこのページを開いた理由は主に、英国のたくらみは何か。
ライタイハンは何かなど、色々あるだろう。

「形を変えた問題」として、己の現状から未来を示してもいる。
例えばライダイハンを調べると、韓国は日本に歴史戦を仕掛けている一方、
ベトナムへの謝罪は今でもしていない。

かつて韓国の大統領が謝罪したら、
ベトナム戦争に参加した兵士が暴動を起こし、謝罪を撤回させた

韓国の動きは自分の中でも「別な形」としてあるわけだ。
自分の中には「うるさくて、不安な考えを浮かべようとする奴」がいる。

不安や絶望を考えるのは得意でも、希望や安心は大嫌い。

記事:運気と便秘、質問と支配する存在の話

国際世論を「自分の心理面」から見ると、
心理内で起きている出来事が「別な形」となって現れたに過ぎぬ。

良い機会と捉え、自分の心に目を向けてみよう。
「なんとなくだけど、関連がありそうだ」見つかると思うよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

記事拡散のお願い

Pocket