CCleanerにマルウェアが仕込まれても、ESETが防いだ

おはよう、しゃしゃ。
さっきツイッタートレンドにCCleanerがあって驚いた。

マルウェアに感染している恐れあり。
今すぐアップデートをしなさいと述べていた。

人さまのツイッターを見ていると、
私も持っているESETウイルスセキュリティソフトが、
CCleanerを働かせようとしたとき、ウイルスを除外してくれたそうだ。

 

アップデート:CCleaner

CCleaner

CCleanerのアップデートは簡単。
赤く囲んだ「更新確認をクリックすれば、自動的にページへ飛ぶ。

Upgrade to CCleaner Professionalが出るので、
プロ版へ移行したいならYesを、そうでないならNoを選ぶ。

Download.comをクリックし、Download Nowをクリックし、
インストールをすると、お持ちのパソコンによってこいつが出る。

インターネットセキュリティ

出たら「無視」を選ぶ。安全でないアプリケーションがグーグルだ。
別のパソコンだと、こいつが出ないんだよね。

セキュリティ

削除において、フォームへの入力履歴とパスワードはチェックを入れない
入れたらパスワードやフォームも消えてしまうからだ。
(不安なら必ずパスワードのバックアップをしておこう)

 

事前に防ぐESETと検査すべき箇所

上記ツイート画像より、CCleanerを使おうとしたら……
マルウェアが入っており、ESETが察知、駆除してくれたそうだ。

私も1週間に一度使っているけれど、駆除は出なかった。
一応、ESETからスマート検査を行ったものの、大丈夫だった。
(別のソフトにウイルスの疑いがあった)

上記ツイート画像のようなウイルス感染表示がなくても、
良い機会だと捉え、お持ちのウイルスソフトで調べてみよう。

  • Program Files(Windowsは二つある、二つともやる)
  • Temp
  • User

最低でも三か所、調べてみるべき。
今検査したら、Program Files x86にウイルス反応があった。

マルウェア・ウイルスは知らぬ間に仕込んでくるから気を付けよう。

 

ウイルスソフトのESET

internet

いろんな事情があって、別なウイルス駆除ソフトに切り替えたい
私は前にフレッツのウイルスクリアを使っていたが、
ウイルスクリアが使えなくなるとフレッツ側から連絡が届き、切り替えた。

(今思えば、本当に使えなくなったのか。
私の手違いだったのかもしれない、よくわからん)

警察が使っているウイルスセキュリティソフトはどこだろう?
警察にサイバー攻撃を送る奴はいるだろう。
警察のサイバー対策は十分だと考えている(油断はできぬ)。

警察が使うウイルスセキュリティソフトは何だろうと調べたとき、
ESETが引っかかり、以後、ありがたく使っているよ。

何かしらの事情で今すぐウイルスセキュリティソフトを欲しているなら、
ESETをダウンロードして1か月、試してみるといい。

試用期間を経て、いいなと思ったら使い続けよう。

ウイルスセキュリティソフトDL:「検出力」と「快適動作」を追求したウイルス対策ソフト

関連:ESETに助けられた話

 

菅野完氏のTwitter永久凍結

セキュリティにも関する話題を一つ。
よくわからないジャーナリスト、菅野完氏のツイートが永久凍結された。
原因はトレンドを見る限り、あちこちに敵を作りすぎた。

敵を作っては「くたばれ」に近い言葉をさんざん述べ、
大勢の人から「こいつ違反です」報告を受けていた。

批判と罵倒の区別がつかないと、凍結される確率が増える。
批判は「相手にも考える余地」を与えるけれど、
罵倒は単なる罵詈雑言で「相手に考えさせない」のよ。

参照:Twitterアカウントが凍結される19の理由+凍結の解除法教えます

言葉の使い方もセキュリティの一つだと思えば、
普段からどんな生き方をするかにかかっている。

年を取るほど「細かい、誰もが使える道具」に気を配らないと、
道具に足元をすくわれる。

※ 豊田真由子議員が秘書を含む周りを大切にしないから、
大切にしない人から足元をすくわれ、自滅する。

言葉は普段の勉強・心の姿勢に比例する。
生きていると妬みや憎しみ、怒りをためるときもあるが、
人にぶつけると必ず自分に跳ね返ってくるため、
自分自身で処理せねばならぬ。

関連:オポノポノは悪書だけど読むべき

私は紙に書いて、負の感情を処理しているよ。
オポノポノにあるクリーニング手法から発想を得たよ。
自分なりの処理方法をやって、変な怒りをぶつけぬよう気を付けよう。

本日もありがとう
スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録
note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

プロフィール詳細は下にある WebSite を押してね♪