昨日、変なメールが私のスマホに入りました。
内容証明通知というもので、「民事訴訟案件」につき、速やかな対処。
まさかこの記事を書いたせいで、裁判所からなんかきた?

ビビったのですが……近くに警察署があったので行きました。

 

民事訴訟案件の内容証明通知

内容証明通知メール

上記メールが来た場合、警察署に行く必要もありません。
そのままごみ箱に捨ててください。

私が送られたメールは「宛先がない」
この時点で裁判所から送られた内容でないことが明らかです。
後は長いURL。相手に居場所を教えるようなものです。

絶対にクリックしないこと。
業者は少しでも反応すると、似たようなメールをかけてきます。
今回、警察署に足を運んだので、
今後自分の元にこういうメールが来るかもしれません。

自分にとって「ギョッ」となるメールやハガキが届いた場合、
・宛先
・長くて暗号めいたURL

の二つがあった場合、速攻で捨ててください。
参照もぜひ参考にしてね。

参照:
変なメールが今さっき来ました
深夜に見に覚えのないSMSからのメール(弁護士回答)

 

警察署にいってきた

警察署

警察署が家の近くにあったこと。
同時に作家として警察署内の取材も兼ねていきました。

内容証明通知メールで警察署に行く必要はありませんからね。

警察署に行くと、受付のお姉さんにスマホを見せて、
「これについてどうしたらいいだろう」尋ねたところ、
青色ワイシャツを着たおじさんに案内されました。

取調室のような狭い場所に入り、おじさんにスマホを見せると、
いきなり手書きでURLを書いたのです。

驚きました。メールでURLをコピーすればいいのに。
と思って、おじさんに尋ねてみました。

すると、誰かが警察署内のメールを盗み見られる可能性があるため、
面倒だけど手書きで書いているんだ。
述べました。

警察署内は犯罪者側から見ると敵です。
だから最も狙われやすく、情報の扱い方も敏感。
きちんと行き届いているのだなあと感心しました。

そういえばエフセキュアの久保田氏も述べていましたね。
「国家にサイバー攻撃なんてしたら、全力でつぶすからね」と。

その後、名前や住所電話番号など、
私の個人情報を警察に教え、相談事は終わりました。

 

正反対の友人が罵倒

この後、私の仕事仲間と電話しました。
彼は私と真っ向から反対の生き方をしており、
炎上を何度も体験して、心がとても図太い。

彼にこのことを言ったら笑われました。
「んなことで行く必要ねえよ」と。

もちろん私も行く前に知恵袋などで相談を観ていたので、
行く必要はないなとわかっていたんだけど、
それでも警察署内を見学するチャンスもないな。

被害者として警察はどんな対応をとるんだろうか?
好奇心が打ち勝ってしまい、警察署に足を運びました。

彼にそのことを話すと、
「警察ってさ、秋になると交通取り締まりで、
少しでもボーナスを増やそうと躍起になるよね。
所詮はあほの集まり、本当に追求すべき事件をおろそかにして、
細かくてどうでもいいところを追求するんだから。
警察ももっと今の時代に合わせておいついてもらわないと」

その後は覚えていないのですが、
警察について彼は持論を1時間ほど述べていました。

相手を疑おう

「警察に詐欺メールなんて持っていくなよ。
警察に個人情報知られた上に、警察がURLを調べたら、
詐欺側は[反応アリ]と踏んで、ますますメールが届くぞ」

友人の発言に焦りました。
基本、警察に行く前にまずは知恵袋などで調べるとよいです。
何より「疑うこと」が大切。

疑わないからURLをクリックして、酷い目に合うのです。
「なぜ宛先がない? なぜURLが長い?」
まずは疑ってくださいね。

 

犯人を許す

警察のお世話になったことは何度かあります。
犯罪という意味でなく、被害者という立場で。
かつてある詐欺師に声をかけられたとき、
怪しいと思って警察署に強引に引っ張り、彼は逮捕されました。

逮捕されてから数日後、警察に呼ばれました。
「こりゃ警察署内をただで取材できるいい機会だ」
思って警察署に向かったところ……まさか5時間拘束

警察も調書を取るために色々と忙しかったようで、
文章作成と犯人の顔を見せた後、
最後に裁判で提出する文章に同意させられそうになりました。

「私は詐欺師を絶対に許しません」
ここ、私は否定しました。

「私は許している。詐欺を働いた理由も生活苦が原因だった。
私も状況が違えばやっていたかもしれない。だから私は許す。
それより、犯人にはもう二度と間違った道を歩まないでほしい」

最後だけ変えてもらったのですね。
ある女性から「犯人を許すことが言えるってすごいよ」
褒められたのです。そうなんですかねえ……。

 

作家という職業病

確かに犯罪者の中には本当に許しがたいものがあります。
でも私は作家として色々文章を書いているせいか、
どうしても犯罪者側の気持ちも読み取ろうとするのです。

同時に自分も「そうなる可能性」を考えてしまうと、
許す気持ちが出てくるのですね。
何というか罪を許すというより、人の心にある「弱さ」を認める

ただし、許すからと言って無罪を望んでいません。
許すからこそ厳罰を望む。

もう二度と誤った道に向かって、自滅しないように。
そして自分自身の罪から逃げず、一生向き合うように。

無罪なんてしたら、自分に向き合う機会はないし、
自分を客観視する時間すら与えません。
何より「あ、俺だけは例外なんだ」勘違いを起こす。
結果、再犯率が高くなるでしょう。

だから私はやってしまった罪(弱さ)は許しても、
きっちり法律と己自身がもたらす裁きは受け、逃げるなと。

 

結びに:まずは知恵袋

弁護士の回答

詐欺師が送る内容は基本、
「もしかしたらこの部分で当てはまるかも」
というところを狙います。

だからこそまずは「知恵袋」で言葉を調べる。
その後どうしても不安なら信頼できる知人や警察に相談すればよいでしょう。

 

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket