CATEGORY 伝える話

感性が鋭い人ほど、実は弱いのが伝える力。
いくらアイディアがあったとしても、相手に伝える段階まで来ていないと、評価してくれません。
そこで相手に伝わるような工夫を記事にしました

答えて学習雑談

月収200万突破した知人から聞いた「面白く怖い」知恵袋の使い方

知恵袋の使い方を、コンサルタントを務めた知人(ネットで月収200万円以上を稼ぐ)から教えてもらったので、一部共有したいと思う。記事を通し、ぜひ人様の質問にきちんと答えられ、愛の分かち合いをしてほしい。ほかにも質問の仕方、回答のコツについて自分なりの体験を答えていきたい。

レースクイーン学習雑談

今から小学中学高校大学そして社会人が読解力をつけるには?

国語や現代文の勉強において、読解力をつけないと問題すら解けない…その前に読解力って何だろう。読解力もいいのだけど、出題者の狙いに気づき、問いかけるほうがもっと大切だと思っている。読解力は大人であってもやるべきだし、勉強すべき項目だ。詳しいやり方として

バンド活動成長/社会の裏

音喜多都議/虫尾緑氏が悪口を書いたら、本人にばれた展開に震える

音喜多議員が有料noteで有本香さんに対する悪口を書いたところ、ツイッター経由で本人の目に入った。虫尾緑というツイッターユーザーが高須委員長のお相手、西原理恵子さんに対して侮蔑発言を行ったところ、高須さんが裁判へ訴えた。人への悪口は「何かしらの形」で本人の目・耳に入る時代だからこそ、いろいろ気をつけねばならぬ。中でも

色鉛筆の悪魔伝える話

感謝を微分し、無意識に全体像を理解+スランプに陥る条件

昨日、コロンビアにいる師匠と話をした。感謝の微分を教えてもらった。一つの物事に感謝するのでなく、「あれがあったのはこれのおかげ、これがあったのはそれのおかげ、それがあったのは……」流れを作り、最後に感謝する方法だ。あと一つ、スランプについても教えてもらった。