京アニ放火テロでNHKはなぜ取材事実をごまかすわけ?

おはよう、しゃしゃ。
先日木曜日にあった京アニ放火殺人から2日たった

改めて犠牲者にはご冥福を祈る。犯人については触れぬ。
色々な怒りがこみあげてくるからだ。

さて怒りは犯人だけでなくメディアにも向ける。
なぜ次の事実「事件当日、NHK取材予定」をごまかすのか。

理解できなかったら考察をしてみたよ。

 

事件の一端といわれるNHKの取材

京アニ放火殺人は普段、セキュリティが厳重だった。

職員以外は玄関から先へ入れない、むやみに入ったら通報が来るよう、
きちんとセキュリティを敷いていた。

事件当日はNHKが取材予定だったので一時的にセキュリティを外した
(誰でも入れる状態だった)

犯人はNHK取材を知っていたかどうかはわからぬが、
京アニそのもの(人、場所、アニメなど)に殺意を抱いており、
結構前にガソリン40Lをスタンドから購入した。

京アニ放火の件で一番の悪は犯人青葉真司容疑者だ。

いくらセキュリティが甘かろうと、
ガソリンをまいて放火させるなんて考えなど思いつかない

コンビニと違って目の前にお金があるわけでもない。
強盗の可能性を考えられない場所だ。

日刊スポーツではこう書いている。

NHKは19日、「京都アニメーション」のスタジオで火災が起きた18日の午前11時から同社内で、NHKが制作委託をしていたアニメ番組関係の取材、撮影を予定していたと明らかにした。男がスタジオに侵入した午前10時半ごろには、NHK関係者は火災が起きた建物内におらず、けが人はなかったという。
NHKによると、取材の目的は京都アニメーションのスタッフへのインタビューだった。

引用元:https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201907190000391.html

放火という不幸が起きた条件にNHK取材はあったけれど、
NHKとして次のごまかしを図る必要は全くない。

なお、京アニに関してアメリカでのセキュリティに触れる記事があった。
ぜひ読んでおくといい。

参照:京アニ事件で考える職場のセキュリティ

 

事件から二日後のNHKニュース7にて

ツイッターTL上に上記ツイートがRT経由でやってきた。

ニュース7というNHK夜7時のニュース番組にて、
セキュリティを弱めた理由をごまかした。

一応7Newsを調べたら海外のサイトにたどり着いた。
地上波NHKニュースでロゴが見つかったよ。

日刊スポーツをはじめほかのところでも、
NHKによる取材のため来客したと書いてあるのだが……

NHKでは「朝の通勤時間などで出入りが多く、玄関を施錠しない」

なぜNHKの取材予定を書かないのか。ごまかす必要などないはずだ。

仮にNHK職員の誰かが青葉容疑者に対し、
「ガソリンをまいて京アニ施設を燃やせ」指令を出したなら話は別だ。

たくさんの人が亡くなる不幸などNHKは考えていない。
頭の中はともかく、実際にやらかそうなどみじんも思っていない

仮に考えているなら京アニ事件以外でも普通にやらかしている

京アニ放火殺人においてNHK取材によるセキュリティ解除は、
事件の要因になったであろうけれど、故意ではない。

そもそも恨みを持って京アニそのものを殺そうとした犯人が異常であり、
NHKはごまかしを行わず、きちんと報じればいいだけだ。

 

なぜNHKはごまかし工作を行ったの?

なぜごまかしてしまったのだろうか?
考えられる脚本としてNHKへのクレームだ。

京アニ放火殺人において、当日NHKが取材しにきた。一部の人は思うだろう。

視聴者
NHK、お前が来るから犯人がやってきたんだ。お前らさえ来なければ京アニは守られた

NHKも人の集まりだ。批判する人たちの声を通し罪悪感を抱く。

自分にとって良い感想や意見はいただきたいが、
悪い批判や罵倒を味わいたくないものだ。

だからごまかしてしまったのではないか。今はたくさんの人がネットを見ている。

だけど今でもネットに全く触れない層がいる。
ネットに全く触れない層(老人など)に対し事実を記すと

視聴者
おい、NHK、貴様たちのせいじゃないか

クレームを受け取り、NHK職員の精神にダメージを与える。
受信料はもちろんNHKという局の信頼低下につながる。

ちなみに青葉容疑者がガソリンをまいて火をつけたのち、
逃亡しながらどこかに倒れた際、NHKは犯人を撮影していた

すると私たちは思うわけ。

視聴者
カメラを回す暇があるなら、少しでも被害者を救ってこい

正直に述べたら今よりもNHKに敵意を抱く人が増える。
ネットを扱う層だけでなく全く扱わない層に対しても、正直に述べてしまったら嫌われる

 

青葉真司容疑者とNHKはグルだったの?

ツイッターをいろいろ見ていると、NHKと青葉容疑者はグルだったのではないか?

あるいは犯人とNHKの誰かがつながっていて、
犯人はNHKの動向を職員から聞いたのではないか?

疑いの目を向けている書き込みが多かった。

またNHK取材に違和感を抱くコメントも多かった。
なぜ犯人が野宿していた公園を警察よりも早く特定できているのか?

ガソリンの未使用分など証拠を警察よりも早く見つけているのか?

なぜNHK職員たちは無事だったのか?

一つ疑えばきりがないくらい出てきているよ。

仮にNHKが真実を報じてしまえば、ネットを全く使わない層に対し

視聴者
やっぱりNHKが仕組んだのだな

考える人は確実にいる。

商売は信用が第一でお金は二番目だ。
信用とは今回の事件が起きてNHKが真実を述べた際、

視聴者
まあ、いろいろあるけれどNHKだって意図しているわけじゃない。一番は犯人よ、何を考えているんだ、犯人の野郎は!

NHKの立場を理解したうえであまり怒らない
→信用低下につながらない状態だ。

NHKとしては計算したのだろう。
仮に真実を述べて自分たちが今まで以上に叩かれたら……

NHKに対する信用度合も昨今の報道で大きく下がっている。

NHKは感じている。

視聴者から見て信頼に値するメディアでないと。

だからこそごまかしたと考えているよ。

 

直接聞くインテリジェンス

第三者が事前にNHK取材をどう調査し、取材当日時間を見つけるか?
すると上記ツイートを見つけた。

NHKの取材者と青葉容疑者が知り合いだったと。
仮に「うっかり」青葉容疑者に対し、取材日と場所を漏らしたら……

ただ京アニ取材は青葉容疑者とかかわりのない場所であり、
守秘義務だと考えているので絶対に漏らさないと見ている
よ。

京アニの会長も「そんな奴、知らん」と述べている。

知り合いだからといってそれはそれ、これはこれだ。

万が一漏らしたところで、NHK側も「まさか」犯行を重ねるとは。
全く思ってもいないだろう。

青葉容疑者が前から京アニに関する恨みつらみをつぶやいており、
NHK側が既に知っているならともかく……ね。

万が一漏らしたとした場合、以下のシナリオが浮かぶ。

青葉容疑者が京アニを見た。
次に小説など京アニにかかわる情報(作品含む)を調べた。

するとある作品が「自分も過去に思い浮かんだ」ものとそっくりだった。
そこから京アニ全体に対する殺意が芽生えていった。

まずは関係者から直接聞く方法が一つ。

 

間接的な方法でつかむインテリジェンス

次に間接的な手法でどう情報を捉えるのか。
一つシミュレーションをしてみよう。

まずNHKページに飛んで「放送予定」を見た
1週間分の番組内容が出ている。

すでに収録を終えて編集段階に入っているので、
放送予定だけではNHK取材を捉えられない。

参照:NHKドキュメンタリー放送予定

続いてはツイッターなどでNHK職員のアカウントを見つけ、
取材をにおわせる言葉を逐一観察したらできそうだけど……

取材は正式なお知らせが来るまで秘密厳守と思われるので、
よほど情報に疎い職員でない限り、漏らさないと強く考える。

反対にNHKでなく京アニ関係者から漏れているなら?

京アニ公式HPや伏見区役所HPなどから、NHK取材があると知ったのではないか?

その上、取材はNHKだけなのか?
ほかのメディアも取材という形で入っていないか?

NHKを追いかけなくてもいい。
京アニに関する情報をたくさん集めつつまとめていけば……
思ったけれど、まさかセキュリティがかかっているとは思わぬ。

内がダメでも外(玄関先)に火をつけていただろうし。
NHK取材があろうがなかろうが犯人は火をつけた。

NHK取材を含むいくつかの出来事が重なり、
青葉容疑者にとってたまたま好都合な状況ができてしまった。

NHKは悪くない。ごまかさず堂々と報じればよいのだ。

当日、NHKが取材する予定だったと。

ごまかすからこそ、さらなる疑いや陰謀論を抱いてしまうよ。

 

青葉真司容疑者のインテリジェンス

青葉真司容疑者は実際に京アニスタジオを外から見て回りつつ、
伏見区の地理や地形を確認し、計画を練っていた。

元々埼玉県育ちの人間であり、ホテルを確保していたのか?
台車を引きながら歩く様子を見ると、野宿していたと見ている。

あるいは日帰りをしいたかもしれない。

ホテルだとホテルマンの情報から足がつきやすい。

カプセルホテルでも「なんか不審な奴だな」
コトを起こす前に周りから警戒され、警察へ呼ばれてしまうかもしれぬ。

毎日新聞によると、犯人が下見をしている姿を一般住民が撮影していた

一般住民が撮影したという事実こそ、いかに青葉容疑者が怪しい人物だったか。
ホテルなどに泊まったらすぐホテルマンから通報されたか。

少しでも足がつかないよう、野宿したか日帰りしたか。

下見と同時にガソリンが見つかりにくいよう、死角場や逃走経路も見ていた

青葉容疑者にとって予想外の出来事は自分にも炎がかかってしまい
逃走体力が尽きてしまったところだ。

京アニ社員が青葉容疑者を捕まえようと追いかけた際、
青葉容疑者は刺身包丁を持って始末するつもりだったのだろうが……
自分に炎がかかっていない状態ならできた。

以下、一つの事実が浮かび上がる。

 

テロは一人で企てられるという恐怖

事前に計画を練りシミュレーションを起こせばだれでもやれる。

しかも京アニという政治や経済に関して襲撃される確率が低い場所、
脅迫メールが何通も届いていたが、言葉による暴力の範囲であり、
まさか実際に襲撃してくるとは思わない。

想定できるだろうか?

いつも通っている仕事場、自宅、その他の場所にて……
いきなりガソリンや刺身包丁を持った野郎が襲ってくる状態を。

犯人からすれば行き当たりばったりでなく、
きちんと計画を練ったうえで襲撃をしたのだ。

もちろん私たちがテロ側の情報をつかめば対策を取れるけれど、無理だよね。

今回の京アニガソリン放火テロは国への主張でない。

京アニから作品を盗まれた(真の動機はわかっていない)恨みを晴らすため、
青葉容疑者は盗んだ連中-京アニそのもの-に明確な殺意を抱いた

類似例が今後出てくるかもしれぬ。必ず出てこないとは言えないのだ。

だからこそ普段から防衛、危機管理を抱かねばならぬ。
危機及び防衛に関する本能を鍛え上げなければいかん

 

身近にできる防衛対策って?

会社でも個人でも危機管理及び防衛対策の基本として

  1. 避難経路(逃走ルート)の確保
  2. 危機や防災に関するあらゆる情報の入手(下見)
  3. いくつかの想定(シミュレーション)

カギカッコ部分は犯人側の視点に立った行動を書いた。

ガソリンという「まさか」な手段をとってくる場合はどうしようもないが、
ニュースで話題になった事件をもとにシミュレーションを重ねつつ、
定期的に避難や逃走経路を訓練しておく必要がある。

自宅でも火事が起きたら、犯人が襲ってきたら……
色々事前に考えたうえで掃除や避難対策を取らねばならないね

 

公安事件として動いた件

安倍総理は今回の京アニ事件において、
安倍総理は公安委員長に徹底捜査の指示を出した。

ただ一人、青葉真司容疑者だけの犯行なのか?
本当は背後に青葉容疑者へそそのかした団体がいるのでは?

現時点で自分はいないと思っているが、
日本でテロをたくらむ連中にとって参考材料となったのは間違いない。

アニメという日本を含む世界中の文化が破壊されたのだ。
きっちりやって調査を出してほしい。

 

京アニ公式より募金のお知らせ

京アニ支援

京アニ公式で支援金の募集を始めた。

支援金詳細:京アニ公式サイト(支援のご案内)

ぜひ募金をしてほしい。

ちょっとまって

京アニ放火に関してはこちらでも深く述べているよ。

お金に関係しない場所でもテロを考えねばならなくなった。
今回の事件は芸術分野にもテロがやってくる事実に対策をとらねばならぬ。

ところでNHKは数日後に少し違う形でやらかした。

NHKはどこの国のメディアなんだよと突っ込んでしまったよ。

お願い

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。