韓国活動家のガソリン日本大使館自爆テロと河野大臣大激怒に見る日本の今

おはよう、しゃしゃ。
昨日、京アニスタジオで身元不詳の男がガソリンをまき、
放火殺人を起こし33名の犠牲者を出した。

犠牲者の方々にはご冥福をお祈りします。

本題に入る。今日の夜中3時、韓国でガソリンを車にたくさん積み、
韓国内のビルにある日本大使館(現在空き地ではない)につっこみ

犯人は大けが負ったのち、死去した。

犯人は78歳の老人であり焼身自殺を図ったものと警察は判断したが、
ターゲットが日本大使館本拠地のある場所であり、
空き地による日本抗議ごっことはわけが違う

自殺だけでなく明らかに日本大使館を狙ったテロである。
なのになぜ日本メディアは大きく報じないのか。

河野大臣の怒りも含め、最近の韓国がみせる動きを振り返っていきたい。

 

日本大使館を狙ったテロなのに

事件は今日の夜中3時、ガソリン及び石油ガスなどを車に積み、
日本大使館(簡易事務所)のあるビルに78歳の老人が車を壁に突っ込んだ

もちろん車は燃え広がったものの犯人は死なず、病院に運ばれた。
犯人が日本大使館のある場所に車を突っ込む際、
現地警官が必死になって止めたものの、止められなかった。

現地警官にトラウマが残らなければいいけれど。

犯人は自殺目的で大使館のあるビルへ突っ込んだが、
大使館を狙うとは日本を狙うに等しい。

外交しだいで宣戦布告と受け取られてもおかしくない状態だ。

なお韓国では定期的に日本大使館前でデモ活動を行っているが、
場所は日本大使館が立つ「未定」であり、
日本側がお金を出していないので、新しい大使館が立つ予定などない。

参照:韓国でガソリンを積んだ車が日本大使館に突っ込み大爆発

 

ガソリンがどれだけ危険なのか?

昨日起きた京アニ放火殺人事件でも犯人はガソリンを使った。
ガソリンは気化しやすく(液体から気体になりやすい)、
ちょっと火をつけただけですぐ爆発する

灯油と全く違う別物であり、扱いが非常に危険な道具だ。

ガソリンは気化しやすいため、静電気一つで軽く火花を散らす。
結果大爆発を起こしても不思議ではない危険物だ。

 

産経新聞ソウル支局に突っ込む侵入者

続いて産経新聞のソウル支局に二人組の韓国人が入ってきた。
韓国メディアを名乗り「インタビューをさせろ」とせがんだ。

メディアを名乗る連中はその場で日韓関係および、
韓国に厳しい論調を書く産経への抗議を大声で述べた後、
駆けつけた警察に連行された。

韓国の激しい動きは7月1日の経済産業省が発表した、
ホワイトリスト国除外(キャッチオール規制)以降、異常に増えている。

ほかにも韓国の学生が日本製のボールペンを投げる、
日本製品を踏みつけるといった行為を行っているが、
こっちから見ると「愚かなことをしているなあ」しか思わぬ。

日本側では次の動きがあった。

 

河野大臣が「談話」を発表

外務省のHPで河野「太郎」がトップを務める外務省で、
新しい談話が発表されたよ。

中身は応募工に関する怒りだ。
日刊でいろいろ決めていたルールを韓国の最高裁判で破った。

今後、日本は韓国に対し必要な措置を講じていくと発表した。
経済産業省に始まり、18日遅れて外務省が動きだした。

日本としては韓国に対し、正直にデータを出せばいいだけ。
何より輸出規制でなく審査の厳格化であり、まだ甘い部類だ。

その後の記者会見では対に怒りを爆発させた。

外務省:大韓民国による日韓請求権協定に基づく仲裁に応じる義務の不履行について

 

河野大臣が韓国大使館に激怒

続いて河野大臣は韓国大使館を呼び抗議した。
ツイッターを見ると上記動画8分11秒あたりから大臣が、

「ちょっと待ってください」

河野大臣が静かに怒りを込めながら伝えている。
くわえて「きわめて無礼だ」という言葉が出たところに驚いた。

ノーカット動画を見て不快に抱いた部分が河野大臣がい勝った後、

「退出お願いしまーす」

カメラの音はともかく河野大臣の声よりも大きく聞こえた。
まだ抗議をしているのに「退出お願いしまーす」が大きく苛立った。

マスコミが退出した後、大臣の会見が開かれた。
マスコミの中で今回のフッ化水素などのキャッチオール規制について、
きちんととらえているメディアはどれくらいいるのだろう?

メディアの中には意図して経済産業省の見解を載せず、
韓国側の肩ばかり持って尋ねているというより、
韓国に変わって大臣に抗議しているメディアもあった。

産経がノーカット編集動画を出してくれたのはありがたい。

ノーカットとはいえ、退出するまで一部カットがあるので、
正確すぎる表現だと、一部カットだとはしても。

日本においては河野大臣のほか、次の動きがあった。

 

日立造船が韓国から撤退

6月末に日立造船が韓国ソウルから撤退した。
今後は日本から出張という形で来るのであり、
韓国を一つの産業場としてみなくなった。

韓国メディアでは応募工らにお金を払いたくないから逃げた。
述べているが日立造船は「違う」と否定している。

日立造船

参照サイトによると、韓国で最低賃金を高く上げすぎた結果、
人件費高騰とストライキに経営が成り立たなくなり、
撤退したのではないかと分析している。

参照:徴用工賠償を請求された日本企業が韓国拠点を閉鎖

 

ワイドスクランブルで黒鉄ヒロシさんの解説に韓国音声が入った?

記事を更新後、ワイドスクランブルで放送事故が起きたそうだ。

黒鉄ヒロシさんが今の日韓関係において独自の考察を述べようとしたとき、
急に裏方スタッフの音声が入り、司会が慌てた。

黒鉄さんの観点は日韓の歴史をきちんと踏まえたうえで、
私を含む今の日本人が韓国に抱く不信感をきちんと語ってくれた。

音声は1時間12分6秒あたりから流れた。

明らかに日本語でなく別の言語であり司会が慌てている。
ハングル語っぽいアクセントであり北京語ではなかった。

一部では河野大臣の抗議音声を流していたから、
抗議音声が入ってしまったのではないかと推測している人もいた。

確かに河野大臣の抗議音声で韓国大使館はハングルでしゃべっていた。

VTRも抗議中の光景を流していたので、
韓国側からの横やりでなく単なる機材ミスと見ても間違いない

横やり疑惑を深めた原因は司会者の慌てっぷりだ。
黒鉄さんの話を強引に打ち切って別のコメンテーターへ切り替えた。

以下、向こうから指示があったという視点で考察していく。

ヒロシさんの発言はよっぽど地上波で流したくなかったのね。

同時に韓国関連のニュースは目前に監視する韓国側スタッフがいた。
途中で音声を入れてしまうほどの慌てっぷりにびっくりしたよ。

前にテレ東の株主総会で関西生コンをなぜ取り上げないか?
質問に対してテレ東はふざけた回答をよこしたけれど、
ワイドショーでコメンテーターの発言を監視するそっち系スタッフが目の前にいる。

考えると納得できてしまったよ。

虎ノ門ニュースを聞いていると、当たり前の発言でしかなかったけれどさ。

参照:黒鉄ヒロシ「断韓」フリップを出したところw

動画:ワイドスクランブル(いつ消されてもおかしくないのでお早めに)

 

日本って変わったよねえ

安倍政権において外交面はおおむね良いといわれる。

一部においてはチャイナや韓国との関係が悪くなった。
安倍外交は手を取り合う外交なのに、韓国に冷たいじゃないかと。

私から見れば安倍総理になってから外交においては、
周りの国々にきちんと根回しを行いながらも、やるべき時はやっている。

安倍外交の支えになっているのが私たち有権者だ。

正直、安倍外交のやり方が悪いと感じる国民が8割以上いたら、
安倍政権は2012年から3年もたたずに終わっていた。

いくらメディアが一次資料を隠し、伝えなかったりゆがめたりしても、
私たちはインターネットやSNSを通し、簡単に情報を入手できる。

何より官邸リーダーがツイッターなど情報を出すようになったため、
一次資料をより簡単に入手できるようになった。

一次資料の入手はビジネスにも大きくかかわる。

例えば仮想通貨の売り、買いにおいて一次資料はチャートだ。
二次資料は前日のチャートを載せた新聞やブログだ。

一次資料を見て流れを予測し、買う/売るを決めれば利益が入り、
少しでも大損を防げる(損失ラインは本当に重要)。

もちろん二次資料にも価値はある。

二次資料に書いてある情報を読みまとめ疑いを通し、
次の流れを予測し「流れを当てる」
ために使うよ。

韓国を見ていると一次資料をどこまでつかんでいるのだろう。
政府から出された情報は歴史教育を通して歪んでいる部分があり、
どこまで正確な情報を出しているかわからぬ。

今の大統領は労組側の市民活動家で弁護士の文ちゃんだしね。

このブログは韓国からも読まれている。

日本側はこう考えているよと参考材料として捉え、
たとえ腹が立っても「思考材料」として自国の在り方を考えてね。

 

日記:思い浮かんだ向かい合う二人
ちゃいな

インスタグラムでイラストを上げています。

ふっと思い浮かんだ対になる二人を載せたイラスト。
左側の女性の手、おそらく反対だw

絵を描いているとき、全く気付かなかったんだよね……

ちょっとまって

今回、ガソリンが一つのキーワードとなっている。

ガソリンがどれだけ危険なのか。また京アニで何があったかはこちら。

ここでもガソリンの危険性について語った。
身近な道具だからこそ便利でありながら危険な部分もあると知ってほしい。

続いて日本大使館移設に起きた出来事だ。

どういうわけかケーキに重大な意味があると知り、気になる人が多い。
韓国関連だとほかにもいくつかあるから、過去の流れを読むならほかも読んでほしい。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。