百田尚樹氏「今こそ韓国に謝ろう」本に作家の恐ろしさを感じた

ども、しゃしゃ。
百田尚樹さんが朝日新聞で土下座して広告を出している本、
「今こそ、韓国へ謝ろう」本がとても面白かった。

「こういう書き方もあるのか」
一人の書き手として、別の切り口から語る内容に恐れを抱いたよ。

 

韓国に謝る百田尚樹氏

私たちが韓国の現状を見るうえで、

  • 今でもいちゃもんを付けている
  • 終わった問題を蒸し返し、文句を垂れている

他、韓国が今、日本を敵視している原因はすべて「日本」にある
(慰安婦問題は日本の朝日新聞がたきつけた。
日本に原因があるの、間違ってはいない)

だから謝罪をしなければならない。

日本が韓国併合(1910年)さえしなければ、

  • 朝鮮の生活は変わらなかった
  • 言語もハングル語など使わなかった
  • はげ山に木を植えるなどしなかった
  • 学校を作ることなどしなかった
  • 社会の仕組みは変わらなかった

全て日本が介入したせいで、朝鮮の生活が変わってしまった。
何たる内政干渉、日本はひどい国だ。

という論調で書いているのだけど……

  • 教育は貴族しか受けられない

→貴族でない立場の人も平等に教育を受けられる

  • はげ山に木を植える

→木を植えなければ、洪水被害がひどい状態に

学校で日本史を習い、普段から本を読んでいれば、
「百田さん、皮肉を述べているなあ……」気づくけれど、
皮肉を知らなければ、そのまま受け取ってしまう。

日本の言い分は簡単。
(日本から見て)韓国の将来を良い方へ変えるためにやった。

文章をあるがままにつかむ読解力日本で習った歴史教育を知らない限り、
「本当に日本は悪いことをした、だから賠償しろ」

自分でも意味不明な方へ向かっていくよ。

 

発想を逆さに描く恐ろしさ

「百田さん、何たる皮肉や。笑ってしまうではないか」

一件、謝罪を述べた本に見えるが、
「背後関係(歴史)」を理解している人が読むと、
違った事実として面白い読み物へ変わる。

背景知識を持っているかどうかで、「別の意味」で捉えられる。
ミステリー小説を読む感覚だね。

ミステリー小説も初めは文章をあるがままに読むけれど、
すべて読み終えたうえで何度か読むうち、
「あ、この文章は伏線だったのね」

全体像(背景知識)を理解できると、作家が仕掛けた演出も分かる。

私がもし韓国に関する本を書くなら、
百田さんのような「反対の視点(韓国へ謝罪しようよ)」でなく、
「見たままの視点(韓国は今、日本にこれをしている)」

ありのままを描くだろう。

多くの作家はどうだろう?
百田さんと全く同じ視点で韓国論を描くだろうか?

テーマは同じでも切り口が違うところに、作家「百田尚樹」の面白さが見える。

切り口が私にとって勉強となったよ。

 

百田さんは好き嫌いがはっきり分かれる

百田さんは虎ノ門ニュースで、
「でかでかと書店の店頭に置いていない」述べていたが、
私が行きつけの書店に足を運んだところ、目立つ箇所に置いていた。

百田さんはエンターテイナーとして、
読者が抱くであろう感情を利用し、盛り上げる傾向がある。
そこに賛否両論・好き嫌いが大きく分かれると思う。

私は好きだよ。虎ノ門ニュースを見ている影響があるし、
毎日新聞から届いた抗議文書には、
面白おかしく毎日新聞の過去を掘り下げてくれたからね。

「証拠がきちんと存在する」場合、彼は物的証拠を出したうえで論じる
感情で人の心をたきつける連中には、嫌な相手だろう。

一例がこういった形で事件になったからね。

 

中身はどうなの?読んだほうがいい?

「韓国に関する歴史はある程度理解している。読んだほうがいい?」
私は読んでみたほうがいいと思う。

韓国の歴史や特徴を知りつつ、
「謝罪に見せかけた皮肉本」という、ひとつの技術をつかめる。

発想の転換として、大きな影響を受けるよ。

「いかに日本は韓国へひどいことを行ったのか?」
(日本から見れば、韓国の将来へつながる対策をしただけ)

少しでも知りたいなら今すぐ読んでみよう。
日本はひどいことをしているなと怒りを抱くから。

「発想の転換」や「皮肉のやり方」としても読める。
読むだけでなく「面白い書き方」の参考となる。

名前が売れて、炎上しか起きない覚悟を持ちながら、
皮肉を込めた本を出すの、本当に面白い。

皮肉は二つの意味「分かる人は韓国の実態が」
「わからない人は日本のひどさが」見える。

面白いからぜひ読んでみてね。

アマゾンへ:今こそ、韓国に謝ろう(アマゾン)

楽天ブックスへ:今こそ、韓国に謝ろう(楽天)

百田さんは現在、日本史の作成に入っているよ。
どんな歴史を書くのか楽しみだ。

ちょっとまって

百田尚樹さんが日本史を書く。日本の始まりから現代まで、
ツイッターを読んでいると、かなり記事を書いており、
本人も「楽しみだ」と述べているよ。

私も楽しみだ。理由は上記リンクから読んでほしい。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。