日本・ベトナム首脳会談に大手メディアを含め関心がない理由

おはよう、しゃしゃ。

現在、新聞では米朝首脳会談やもりかけ騒動を中心に、
大きく報じている一方で、ほとんど報じていない情報もある。

今回は上記ツイートにあった、日本とベトナムの首脳会談だ。
大手メディアはもちろんだし、ツイートでもあまり上げていない。

何より私も大した気にしていなかった。

ベトナムを軽視している理由って何だろう?
自分を考察してみたよ。

 

日本とベトナムの首脳会談って?

31日に安倍総理とベトナムのクアン国家主席が総理大臣官邸で会談した。
チャイナが南シナ海で繰り広げる一方的な領土拡張政策に対し、
お互いが声を合わせて対抗しようと決めた。

くわえてインド太平洋戦略の推進、
ベトナムの産業人材を育てるため、最大限度156億円の円借款を行うと発表。

※ 円借款とは一時的に他国(主に発展途上国)へお金を貸し付ける精度。
お金を貸すので、必ず返してもらうのが前提。

 

インド太平洋戦略って?

インド太平洋戦略

インド洋と太平洋という二つの海にて、
経済や貿易、安全保障といった様々な協力をしながら、
主にチャイナの拡張政策に対抗していこうという戦略だ。

世界史をはじめ、政治経済、地政学において重要なキーワードだ。

アメリカもトランプ大統領になってから、
インド洋と太平洋の二つを重要視し、チャイナの封じ込めも狙って、
協力していこうと画策しているよ。

詳しい内容は画像元と書いてある記事を読んでみてね。
外務省のPDFページに飛ぶから。

参照:インド太平洋戦略における「ベンガル湾」地域協力の重要性

画像元:平成29年度開発重点協力(PDF)

 

ベトナムに関心が低い理由は?

ベトナム地図

大手メディアをはじめ、私自身もベトナムに対して、
「ふーん」という、あまり関心のない出来事だった。

なぜベトナムと日本の首脳会談は関心が低いと思ったのか?

「日本に牙を向ける確率が低い」で見たからだ。

しゃしゃに質問:北朝鮮とベトナム、どちらがより関心ある?

北朝鮮は日本の政治や経済に負の側面でがっつり絡んでいる。
拉致被害者をはじめ、ミサイルを飛ばしてきたりと、
「脅威」という視点で関心度が高い

一方のベトナムは日本にきたベトナム人が犯罪をするという、
ニュースはよく取り上げられるものの、
ベトナム国家として日本に牙を向ける事件は現時点でない

結果、ベトナムは北朝鮮に比べて、
日本に被害を与える確率が低いとみなし、関心ごとも比例する

 

大手メディアに甘んじるな

ほかには大手メディアが「そっちに関心を持たなくていいよ」
という「報道しない自由作戦」を行い、
私たち視聴者も作戦に乗っかって甘んじている状況だ。

日本にいるベトナムの人々が日本のマスメディアを乗っ取るほど、
情報による工作を働いていないところもある。

要は自分から情報を拾い集めておらず、
大手メディアが集めてくれた情報をもとに、あれこれ考えているだけ。

私たち自身が大手メディアに甘んじている状況を、
反省しなければならないと考えている。

どうだろう、しゃしゃ。

大手メディアはいくつかの狙いがあって情報を発信している。

  1.  視聴者が関心を持つであろうネタ
  2.  特定意見に染まってほしいために取り上げるネタ
  3.  その他

大手メディアは限られた時間、紙面を割いて、
「どの情報を大きく載せ、ほかは小さくするか?」
戦略を練りながら情報を発信している。

大手メディアだからこそ、すべての情報を平等に流さぬ。

だからこそ、大手メディアだけに頼っていると、
自分で「何が本当は重要なのか?」が見えなくなる。

 

自分で情報を収集する癖をつけておこう

今回のベトナムと日本の首脳会談において、
いかに自分が首脳会談に関心がないかを知り、反省した。

私たちの生活に直結するわけじゃないから、別に知らなくてもいいけど、
知っておいたほうが、多角かつ深く世の中を観れるよ。

結果、仕事や創造において色々役に立つのだし。

とはいえ、情報がいかに面白いかは勉強しないとわからぬ。

私の事例として、高校物理を勉強していると、
量子力学や宇宙での力学-電磁気現象に関するニュースを読むと、

「へえ、こりゃ面白い」自分で深く掘り下げる傾向を抱く

反対に高校物理をやって物理ニュースに関心がないと、
学んでいるようで、たいした勉強していない証拠でもあるわけ。

あるいは勉強=苦痛な作業でしかないと、
間違った思い込みに支配されているともいえる

勉強は復習も含め、日々新たな発見があって楽しい作業だからね。

まること秀樹

そこでもう一つ、西城秀樹さんがお亡くなりになったのち、
ターンAガンダムのOPを聞いてから実際にターンAを見て、
冨野監督の作品にも関心を抱くようになった。

アニメを見て評価する行為も十分な勉強だ。
(月光蝶がいまだによくわからん)

勉強しないと新しいニュースに対して、
大した関心を抱かなくなり、多角かつ深い視点を得られぬ。

勉強すると自分で情報をつかみ、新たなチャンスを得る。
今は自分からどれだけ動くかが問われる時代だ。

 

日記:夢の中で浮気

夢を見ました。夢の中でかわいい女の子とデート。
なんか知らないけれど、祝ってもらっている。

妻ですら祝っている。なお、少女の顔は覚えていない。
夢って本当に不思議だよねえ。

夢の中で少女は私にアドバイスをした。
子のアドバイス、私が絵を描くときに意識している。

だからこそ重要なんだなあというのだけはわかったよ。

ちょっとまって

ベトナムに関して今回は取り上げた。
ベトナムといえばライダイハンの問題がある。

ライダイハンに関してイギリスで怪しい動きが起きているんだ。
裏の動きを考察したので、ぜひ読んでほしい。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。