アンモニアが安価な触媒で炭素を含まぬ燃料になるって?

みさえの両親は熊本

画像元:野原みさえのポテンシャルより みさえの両親が熊本と知ってびっくり。

おはよう、しゃしゃ。
ITメディアニュースさんが面白い情報を載せていた。

記者は井上輝一さんで、科学技術のほかにネットウイルスや、
仮想通貨に関するニュースをあげているよ。

アンモニアを燃焼させた際に生じる有毒ガスを、
出さないための触媒が作られた
んだと。

しゃしゃが化学を勉強しているなら、
絶対この話題は読んでおいたほうがいいよ。

 

アンモニアと触媒ニュースについて

記事では熊本大学が発表した内容を載せた。

アンモニアを効率的に燃焼させた際に生じる、
有害ガスを生成しない触媒を開発したと。

記事によればアンモニアを燃焼すると、
有毒な窒素酸化物(NOx)を生み出してしまう

熊本大学の研究チームによると、
酸化アルミニウムと二酸化ケイ素の化合物に、
酸化銅を固定したものを触媒として開発したところ……

燃焼しやすいだけでなく、窒素酸化物を出さなかった。
アンモニアを燃料にすれば炭素を出さないから、
二酸化炭素を無駄に出さず、地球温暖化阻止にも期待できるそうだ。

記事+引用元:アンモニア、安価な触媒でクリーンな燃料に

 

アンモニア(NH3)の使い道って?

しゃしゃが受験生で「化学(基礎も一応含む)」を選ぶなら、
アンモニアは必ず知っておかねばならぬ。

アンモニアに関するニュースをきっかけに、
主に難関といわれる大学の入試問題に出ても、全くおかしくない。

例:虎ノ門ニュースにて青山繁晴議員が時折述べる「メタンハイドレート
(研究者は奥様の青山千春博士)

メタンハイドレートに関する入試問題が確か東京大学の化学で出た。
時事テーマは問題作成の手掛かりになりやすい。

違うジャンルだと地学。重力波の観測記事が出た後、
重力波を元にした入試問題が作成された。

アンモニアといえば鼻を突く臭いが特徴のアルカリ性で、
高校化学では「化学平衡」と「酸と塩基」や「無機化学」で習う。

中でもハーバーボッシュによるNH3工場は有名だ。
化学平衡の勉強として、教科書や参考書を読まずとも、
すらすら自分の口から説明できないといけない。

最低でも化学平衡の原理を知っておかねばならぬ。
動画を見ると、アンモニア噴水ばかり出てくるよ。

アンモニアは現在、どの分野で使われているのだろう?

農業で使う化学肥料として使われる。高校生物で「窒素同化」を習う。

植物にとって窒素は栄養であり、基本は落ち葉や死骸といった、
たくさんの「自然肥料」が腐敗菌によってアンモニアへ分解、
硝酸イオンに分解したのち、植物の根っこがイオンを取り入れる。

ほかには油落としで使われる。火元に近い油も平気で落とせると。
軍事で見れば火薬の原料につながる。
アンモニアを分解したら硝酸塩が生まれ、硫黄や炭素と混ぜたら火薬になる。

すごいねえ……

参照:アンモニア10の使い道

参照:アンモニア噴水の仕組み

参照:受験対策アンモニアの知識

 

アンモニアが燃焼したときの化学反応式って?

熊本大学の日隈聡士助教ら研究チームが見つけた、
アンモニアの燃焼から有毒ガスを出さぬ触媒を見つける。

化学反応式を調べたら、

4NH3 + 7O2 → 4NO2 + 6H2O (白金触媒)

燃焼(化学反応式は酸素を使う)したら、
二酸化窒素(NO2、窒素化合物NOxの一つ)と水が生まれる。
通常は窒素N2を燃焼させれば生まれるよ。

酸化アルミニウム(Al2O3:セラミックの材料に使われる)と
二酸化ケイ素(SiO2:石英など地殻形成の主成分)、
そして酸化銅(二つある。酸化銅1(赤):Cu2O 酸化銅2(黒):CuO)

三つを混ぜたら窒素化合物を産まないようなものができる。
想像できないね。大学や研究所で化学を学ぶと、
イメージがわくのだろうなあ……。

化学を勉強していて一番わからないものとして、
構造式を見て、どうやって化学合成を行うのだろう?

構造式ってのは僕から見れば大工で言う設計図だ。
設計図を元に研究者らはどうやって組み立てていくのか?

わからないんだよね。

 

熊本大学について

素晴らしい発見をした熊本大学について調べてみたよ。
熊本といえば去年の直下型地震で被害を受けた場所だ。

熊本大学は文学部や法学部といった文系をはじめ、
理学部や医学部、薬学部といった理系もある。

偏差値は50から70あたり(学部によって分かれる)
(比較として東北大や名古屋大がある)

熊本大学公式HP

大学偏差値情報

しゃしゃが熊本大学を受けるなら、
過去問を購入して入試問題の傾向をつかんだうえで、
教科書に書いてある基本を念頭に勉強していこう。

入試過去問(楽天):熊本大学(理学部・医学部〈保健学科看護学専攻を除く〉・薬学部・工学部)

現在の熊本はどうなっているのだろう?
9割がた復興していればいいけれど……。

本日もありがとう
スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録
note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

プロフィール詳細は下にある WebSite を押してね♪