仮想通貨のチャートで見る「チャンス」の逃し方+余裕の話

おはよう、しゃしゃ。
ある事情で現金を仮想通貨から引き出さねばならぬ場合、
チャートを見ると「かえってチャンスを逃す」のではないかと考えた。

しゃしゃは仮想通貨に手を出している?
出していようがいまいが、面白い話をしていきたい。

 

ビットコインチャートとコインチェック

チャート

仮想通貨は売り/買いで利率が決まる。
赤字だと売り率が多く、緑だと買う率が多い。

私はコインチェックのみ、仮想通貨に手を出している。
去年から小額投機を行い、一度現金に換えた。

1000円程度の投機額が5000円ほどに変わったときは驚いた。
(銀行の金利しか知らぬ人間にとっては、特に驚き)

利率を見ながら、今回はビットコインチャートにも目を通した。

ビットコインチャート

サイト:ビットコインチャート

ローソク足が上下に連なっており、
ローソクチャートの基本用語を知っておきながら、
毎日分析を行っていくと、売り買いポイントがわかる。

もちろん、チャートは完全な指標でなく外れる時もあり、
投資は「確率」の問題としてみなければならぬ。

 

青いローソクが高いと、どうなる?

ビットコインチャート

昨日、コインチェックでは買い率が高かった。
チャートを見ると赤く囲んだ部分の青いところをちょうど見ていた。

「これからますます上がるのか、下がるのか?」

全くわからない僕にとって、様子を見た。
次の日、コインチェックを見たら売り率が多かった。

そこで思った。
「昨日のうちに売っておけば、少し高い利益を得たのかな」と。

※ 売る:仮想通貨→現金に換える行為

あくまでも確率だから、翌日も延びるかもしれないし、
今日のように売り率が高まるかもしれない。

そのあと、色々チャート解説サイトを見ていくと、

「なるほど、こういうことかあ」勉強になる。

わからなければ調べながらノートに書いて学ぶ。
すると感性と論理が鍛えられて、精度の高い分析と予測ができるよ。

参照:ビットコイン・仮想通貨【チャートの見方】買い時を読む!

参照:ゴールデンとデッドクロス

 

チャンスを逃しても

前日のチャート

※ 前日のチャート、この後どう動くのかがわからなかった。

グラフの見方がわからないので、私はチャンスを逃した。
だからといって落ち込んでいない。

だってまた何かしらの形でチャンスはくるもの。
こなかったら「そうだね、だから?」で終わる話。

負けは「勉強」のために必要な項目と捉え、
勝ちも「反省」のために必要な時間と捉える。

どちらに転んでも面白い。

「損をしたらどうしよう」追い詰める人は投資(投機)に向いていない。
「損をした、自分の気持ちはどうか? 勉強になる」

何かしらの得を自分なりに見つけ、伸ばしていこう。

 

日記:余裕はすでに「ある」
ローアングル

インスタグラムにてイラストをあげています。
最近、仕事やお金、人間関係などありとあらゆる分野にて、
余裕のない日々が続いていました。

「あれをやらねば、これをやらねば」と、
仕事のために創作を犠牲にした結果、ますます追い詰められる。

だからこそ考えを変えてみました。

「今すぐあれをやらなくてもいい、これをやらなくてもいい。
だって今、自分はとても余裕なのだ」

(本当は追い詰められている)

「余裕がある」という前提にした結果、
趣味に打ち込む時間がどばーっと出てきたのです。

出てきたというか、もともとあったのだけど、
「そんなのやっている暇じゃないだろ!」と、
脳みそだけが悲鳴を上げて、振り回されていただけでした。

この辺についてはnoteで詳しく書いております。

人間、まずは「前提(初期条件)」です。

どれだけ豊であっても「やばい、あれをやらなければ」と、
追い詰められた考えを持ったら、本当に追い詰められます

僕はにっちもさっちもいかない出来事が多すぎて、
「問題をすべて神様に丸投げ」した結果、
「実はあれもこれもやる余裕があった」と気づかされた。

気持ちってのは恐ろしいものですね。
自営業やフリーランスといった個人で事業を営む人は、
自分を追い詰める傾向がとても高い。

何でもかんでも自分でやらねばと考える傾向が高い。
だからこそ「自分が」を外してみると、
新しい世界に気づくと思われます。

ぜひやってみてください。

スポンサードリンク(広告)

 

お願い

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。