経済営

経済や経営、ビジネス倫理に関する話。投資や仮想通貨もここで扱う。株価の動きも含めて、経済に強くなれば、世の中が楽しくなる。

プレゼント日常話

心屋仁之助の訴訟関連を調べて確信した彼がお金に困らない理由

グーグルコンソールを使っていたら、心屋仁之助+訴訟という単語で結構な人が来ていると分かった。そこで彼の訴訟案件を調べた結果、彼は本当に面白い人だなあ、無敵だなあという事実だけがわかった。なぜ彼はお金に困っていないのかもきちんと理解できた。正体は堂々である。

小関部長アニメや漫画

落合博満氏の丸坊主に仰天した件から見る記憶の新旧落差現象

画像(火ノ丸相撲-覆水盆に返らずより)落合博満氏の現在の姿を見て、大変衝撃を受けた。まさかスキンヘッド(丸坊主)だったとは。何があって彼は丸坊主になってしまったのだろう。調べてもよくわからぬ。というかなぜ私は落合博満氏の丸坊主に驚いているのだろう。そこに重要な法則が眠っていたのだ

よける深い雑談

大阪万博決定の反応から”衰退論”に耳を傾けてはいけない

大阪で万博が決まった。おめでとうございます。ところで大阪万博が決まり喜ばしい意見がある一方で「なぜ開いたのだ」という声もあがり(一般の人はもちろんだし、学者と呼ばれる人からもあがる)、否定の子を通して「かつて自分の中にあった心」を見ていきたい。利益を求める一方で利益を拒む謎の心について。

きよし経済営

日産カルロスゴーン会長逮捕が世界情勢にかかわっているだと?

日産のカルロスゴーン会長がまさかの金銭過少報告という形の不正を行い、逮捕された。びっくりだ。お金にがめついような人に見えなかったからだ。彼の逮捕を通していくつか疑問を抱いた。まずはルノーの株価はどうなったのか。次にカルロス会長の逮捕は単なる不正だけなのか。もっと世界のつながりが見えてこないか。

kospi経済営

元徴用工訴訟とkospi2000を割る下落の歴史に残る関係

今日、韓国の株価であるkospiが2000を割った。ネットでは2000を割ると特殊な意味があるというけれど、意味について調べてもなかなか出てこない。だからこそ上海総合の事例をもって「こういう意味」と推測した。なお明日は韓国で徴用工に関する最高裁の判決が出るのだが、判決によっては日韓関係どころか

流れ学習雑談

消費増税を決めた安倍総理から見る消費税の基本と儲かる人たち

2019年10月に安倍総理が予定通り、消費税を上げると述べた。消費税を上げることで景気の落ち込みが予想される。だから反対だ。と思ったのだけど、そもそも消費税は何か、消費税を上げるメリットは何か、だれが儲かるのか。日本の税収はどうなっているかなど知らないで反対してもおかしくないかと気づき

IKEBUKURO | はむこ #pixivアニメや漫画

ヒプノシスマイクが流行ると思った理由+男女の生存本能話

画像:IKEBUKURO(はむこ)|ヒプノシスマイクという声優によるヒップホップバトルミュージックをラジオで聞いて「これは流行る」思った。流行ると思った理由を二つのせたい。他には男女の違いについて述べている。例えば男が生まれる条件、男だけの戦いに女が加わると、世界観ががらりと変わる。

成長/社会の裏

ムンジェノミクスの流れをみて日本の経済学者に浮かんだ疑問

韓国経済の最低賃金ひき上げに関するニュースを見ていると、思うことがある。日本の経済学者は韓国の事例をきちんと勉強しているのだろうかと。うまくいった事例は研究して、マネできるところを行うのはビジネスにおいてうまくいく法則の一つだ。経済学者はやっているのだろうか。