経済営

経済や経営、ビジネス倫理に関する話。投資や仮想通貨もここで扱う。株価の動きも含めて、経済に強くなれば、世の中が楽しくなる。

とろ学習雑談

野垣あきこ街宣車の不正駐車よりケチがより多くの費用を出す話

野垣あきこ街宣車がコインパーキングで不正な止め方を何度もしており、炎上となっている。なぜ駐車代をけちるのか。そこからお金の在り方について私は見直した。お金をけちると不正がばれたとき、どれだけ彼女がいい理念を騙ろうとしても「じゃあ駐車料金をけちったのはなんでだよ、なんで言い訳をしているんだよ」と社会的損失を被る。

なにかできた経済営

下関北九州道路ルートは必要か凍結か論争に見える風評vs需要

「総理や副総理が言えないから、私がそんたくした」発言した塚田国土交通副大臣が本日辞任した。彼は山口県下関市と北九州市を結ぶ道路整備をめぐっての発言であり、下関北九州道路を調べた結果、一つの争いが起きていた。地元民の声か、地元を知らない「政治とカネ」をつぶす争いか。そこから見えたこととして

雷学習雑談

米朝首脳会談交渉結果を報じた新聞の見出しに見える真の感情

米朝首脳会談があった。交渉が決裂した。次回はいつ開かれるか、一生開かれないかもしれない…ところで、米朝首脳会談の交渉お流れに関して、うちのフォロワーが面白い分析を教えてくれた。彼が見た部分は新聞記事のタイトルだ。韓国系メディアのタイトルを見ると「衝撃」であると分かる。日本メディアを見ると…

深い雑談

なぜ服部ひとみ議員は社長業の傍ら生活保護希望の違和感を見抜けぬ?

府中日本共産党の服部ひとみ議員があるツイートを載せ話題をよんだ。赤旗大好きおじさんと一緒に撮影し「二つ社長業を営みながら、生活保護を希望している」書いてあり、違和感を抱いた。ひとみ議員は厚生労働や国民健康保険など生活保護にも詳しいのだから、即座に違和感を抱かねばならないのだが、なぜ気づかなかったのだろうか。

始末や学習雑談

リクシル(LIXIL)潮田会長の日本嫌いを書いた文春記事がひどい

リクシルの潮田洋一郎会長が「日本嫌い」。文春オンラインの記事を読んだところ「え、日本が嫌いとはっきり言っているわけじゃないよね」想い、潮田会長をはじめリクシル全般の印象を下げる意味で「ひどい記事を書いたな、文春の森岡記者は」思った。タイトルだけを見ると潮田会長を嫌うけれど、文章をきちんと読んだ結果

ブラック経済営

曙ブレーキ工業株価暴落の裏に潜む非常に恐ろしい展開

曙ブレーキ工業が私的整理を行い、会社再建手続きに入った。昨日、サンバイオという医薬品の会社で株主らにとって想定しない結果が訪れ、今日は株か取引がストップした。今日の朝、ツイッタートレンドに「曙ブレーキ工業」が載っており、調べたところ、債権処理に入ったという報告。曙ブレーキ工業は車のブレーキを作っている会社であり調べると

ヤフー株価経済営

サンバイオショック(第二アキュセラ株価暴落)がヤバい

第二のアキュセラショックが起きた。サンバイオというバイオ系の株価にて、日経平均株価が閉まる前まではめちゃくちゃ買い注文が増えたものの、三時以降に出たある情報のおかげで明日の注文と時価総額がえらいことになると予想。バイオ系を買う際はとても注意しなければならない。

正月学習雑談

新春円ドル大暴落原因のアップルショックと考察中に気づいた衝撃の事実

正月3日になっていきなり円ドル相場に変化が起きた。一気に3円も落ちたのだ。原因はアップルショック。アップルの前年冬期間の売り上げが5%以上下がるとのことで朝7時30分ごろ一気に3円も下がった(円高ドル安状態)。すぐに円安ドル高へ戻ったものの、なぜ正月にこんな事件が起きたのか。自分なりに考察をしてみた。

死神の伝言学習雑談

鉄腕DASH:0円食堂にキムタク初参加が楽しみすぎる理由+感想

画像元:JUDGE EYES|鉄腕DASHに木村拓哉さんが初めて参加する。0円食堂で彼の立ち振る舞いを見たとき「相変わらずのキムタクだ、だがそれがいい。次回はマジで見たい」と思った。なぜキムタクが現れると「次回が見たい、見なければならない」と思ったのだろう?彼が出ようが出まいが見るのにさ。

初恋深い雑談

「安倍政権は株価操作をしている」主張する人に浮かぶ大きな疑問

ある弁護士が「安倍政権が株価操作を続けてくれると信じた投資家が儲かった」と表現していた。悪いことだと弁護士は怒っていた。確かに悪いことだろうが、もう一つ別の側面が思い浮かんだ。「利用」はできないのだろうかと。「株価操作を続けてくれると信じた投資家」側になぜ彼はならなかったのだろうかと。すると私が読んでいたある本を思い出した。

プレゼント日常話

心屋仁之助の訴訟関連を調べて確信した彼がお金に困らない理由

グーグルコンソールを使っていたら、心屋仁之助+訴訟という単語で結構な人が来ていると分かった。そこで彼の訴訟案件を調べた結果、彼は本当に面白い人だなあ、無敵だなあという事実だけがわかった。なぜ彼はお金に困っていないのかもきちんと理解できた。正体は堂々である。