西城秀樹氏の死去からターンAガンダムに出会うまでを振り返って

まること秀樹

おはよう、しゃしゃ。
西城秀樹さんが心不全でお亡くなりになられてから
一週間以上がたった。2018年5/16の水曜日に発表された。

最初に訃報を聞いたときはびっくり。
後で両親に聞いたらすでに何度か倒れて、兆候はあったそうだ。

改めてご冥福をお祈りいたします。

西城秀樹さんがお亡くなりになられてから、
私は初めてアニメ「ターンAガンダム」に出合った。

そして冨野監督の作品をはじめて見た。

その時の流れを追いかけてみたいと思う。

 

西城秀樹の死からターンAガンダムまで

映画キンプリ感想:ホラー特有の熱笑演出に何度も腹筋崩壊された

西城秀樹さんがお亡くなりになられてから、
ラジオではSong of Japan(BayFm木曜深夜1:30)を筆頭に、
アニラジ番組ですら西城秀樹さんの歌が流れた。

たいていはアニメ「ちびまる子ちゃん」のエンディング、
走れ正直者」が流れていた。

まるちゃんのお姉ちゃんを演じていた、声優の水谷優子さんと、
命日が1日違いで話題にもなっている。

(自分にとって水谷優子さんはポリケロ)

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68870795

西城秀樹 追悼 ピクシブより

アニラジでほとんど「走れ正直者」が流れる中、
キラスタ木曜日(NACK5)で「ターンAターン」が流れ、
西城秀樹さんの悲痛な歌い方に興味を抱いた。

(キラスタのDJ,アニソン大好き三浦祐太朗さんの選曲は面白く、
三浦さんの勧めでジョジョなど、アニメにはまるこっちーが笑える)

そこからYOUTUBEでループ再生、
だんだん「ターンAガンダムの内容」に興味を抱き、
感想ブログやちょっとした動画を視聴してみる。

もし西城秀樹さんが現在も生きていたら、
ターンAガンダムには出会わなかっただろう。

彼が病気でお亡くなりになられた後、
彼の歌がラジオを中心に流れ、音楽を聴いているうちに、
「OP/EDで使われた作品」に興味を抱き、番組を見る……

有名人の死は「肉体による生命活動」を終えても、、
ラジオやテレビといった「媒体手段」を通し、
リスナーに影響を与えるのだなと気づかされたよ。

 

ガンダムに対する認識

私はガンダムシリーズを見ていない。
今やっているガンダムビルドダイバーズは実況ツイートを見るくらいで、
アニメはほとんど見ていないし、漫画も読んでいない。

昔やっていたSEEDもチラチラ見たくらいで、全部を見ていない。
時折、ネットで話題になる名言を知っている程度だ。

ガンダムについては無知率9割といったところか。

 

ターンAガンダムを見た結果

今回、西城秀樹さんがお亡くなりになられ、
ラジオで西城さんの歌が色々と流れた。

歌の一つにターンAガンダムのOPがあり、
OPを何度も聞いているうちに、本編も気になりだした。
実際に1話を見たら……自分が思い描くガンダムではなかった。

ガンダムといえば「戦争」がテーマであり、
日々ドンパチしている印象しかなかった。

ターンAはドンパチは確かにしているのだけど、
ほかのガンダムに比べるとあまり激しくない。

最終回における主人公と敵の一騎打ちも、
ガンダムを降りた後に人間同士が生身で戦う姿勢を見ると、
自分の中におけるガンダム像が崩れていく。

ターンAガンダムにおいてはガンダムがあっても、
戦争でなく平和目的、いや、日常アニメとしてみても、
何ら違和感のないつくりを取っている。

何よりガンダムは兵器なのに、兵器以外の利用で使われている
(例、上記ツイートにある洗濯機の代わりとして)

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68847851

ヒデキ追悼(PIXIV)

ロランの声が女の子っぽくてびっくり。
演じている人が朴さんなのは知っている。

私にとって朴さんの声といえばハガレンのエドや、
前にやっていたGAROシリーズのおばさんくらいしか知らない。
(声はGAROに出たマーティン・ヘネスに近い)

ロランは男の子なのに女の子っぽい声に驚いた。
さらに1話では女の子たちの裸体も出てくると、
今では深夜の時間帯で普通に見る光景が堂々とあって驚き。

私が子供だったら途中でつまらないと思うかもしれぬ。
ターンAガンダムは政治的駆け引きが大半であり、
子供としてはとにかく「戦って勝利」する光景を見たい。

https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=68841128

この星に捧げる(PIXIV)

ターンAガンダムを見ていると、ウルトラセブンに近いものを感じる。
ウルトラセブンも怪獣と戦わないときがあった。

人間ドラマの部分において、子供の時はつまらないなあと思っても、
年を取って改めて見ると、めちゃくちゃ面白い。

大人になると、興味の幅が子供のころより増えて、
色々見どころがあると気づかされるからかもしれない。

本当、いい作品に出合えた。
西城秀樹のご冥福とともに、ターンAに出合えて感謝。

おまけとして冨野監督からいろいろ学んだ菱田監督の、
プリリズ(キンプリ)シリーズについても触れている。

冨野監督が作ったターンAを見た後、プリリズやキンプリを見直すと、

「確かに菱田監督は冨野監督から多大な影響を受けているなあ」

色々気づかされる。

 

追記:さくらももこさんが乳がんのためご逝去

2018年8月15日、ちびまる子ちゃんの作者であるさくらももこさんが、
乳がんのため、53歳の若さでこの世を去った。

ご冥福をお祈りいたします。

西城秀樹さんが5月半ばであり、
3か月後に作者のさくらももこさんがお亡くなりになられるとは。

今度は走れ正直者経由で、ちびまる子ちゃんにまたはまるかなあ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。