ども、しゃしゃ。受験ネタで一つ書きたい。
地学はなんで二次試験向けの参考書が少ないの?
ほとんど見当たらないんだけど……

しゃしゃが受験生で理科について何を選択すればよいか?
地学を選択したいなあと思ったら読んでほしいな。

 

地学は理科の中で最も身近な学問

地学

地学ほど身近な学問はない。
地震や大地・岩石、天気に海洋、そして宇宙(ロマン)
岩石は山や海などで石を拾い、観察してみると興味がわきやすい。

気象予報は毎日見る? お星さまを時々みない?
地震や洪水といった自然災害から身を守るでしょ?

学習参考書コーナーに行くと、センター試験用の参考書や問題集はあっても、
二次試験用は大学別過去問からしか手に入らない。

 

地学だけ二次試験が出ない理由って?

文系は別にいいけど、理系は物理と化学はやっておかないと、
大学に入ってから、勉強しなければならない。
※ 医療系なら生物は必須。

大学では地学に関する知識のほとんどが、物理と化学の基本を元に論議している。
大学で苦労したくないなら、地学が好きでも選択を控えたほうがよいかもね。

物理・化学が嫌いだから選択したといっても、
大学に入ればこれらを基本として講義が行われるからだ。

でもね、物理と化学をやって地学の本を読めば、
ほおっておいても自然と好きになっていくと思うんだ。

参照:大学受験で地学が避けられる理由は?

 

地学を面白く勉強するために

地学においてやることは、
・キーワードや自然現象を自分の言葉で説明する
・問題を通して考察力をつける

センター試験だけで十分なら、過去問を購入する。
不安ならセンター試験型実践問題集を購入し、
教科書(必須)をそばにおいて解いていくといいよ。

復習しながら基礎事項を一つずつ振り返れば、
良い点数をとれると私は考えているよ。

下記資料集を読めば、イメージとして理解できるよ。
ただ読むだけでなく、イラストとして描いてみよう。
手が覚えて、試験当日に役立つからさ。

今までは浜島書店からの資料集しか出なかったが、
やっと数研出版から地学資料集が出たよ。

「こっちのほうがよさそう」思った方を購入しよう。
数研出版の資料集は書店にある物理や化学の資料集を見ると、
中身を大体想像できるよ。

資料集:ニューステージ新地学図表―地学基礎+地学対応

資料集:視覚でとらえるフォトサイエンス 地学図録 (フォトサイエンス理科図録シリーズ)

 

やっと出た数研の地学教科書

ここから地学の参考書についてまつわる話をしていこう。
まずは地学の教科書が数研出版から出たよ。
地学の教科書なんて、一般人は手に入りにくいから助かるよ。

教科書は練習問題をやった後、該当する箇所を探して書き取る。
頭にすんなり入りやすくなるよ。
教科書がなくても自分の言葉で説明できるくらい、復習しておこう。

問題を解く際、教科書のどの部分に該当するかを基礎として考え、
問題を解いていくと、知識がどこまで身についているかがわかるよ。

もういちど読む数研の高校地学

 

ひとりで学べる地学

数研の地学教科書が販売されていなかったころ、私はこちらを購入した。
巻末に練習問題はあるし(解説はほとんどないけど)
勉強しながら教科書代わりにメモするのとよい。

ひとりで学べる地学は頻繁に更新しているよ。
アマゾンや近くの書店で「最新版」を確認しておいてね。

ひとりで学べる地学 (COLOR LECTURE)

 

松下史久の地学(YOUTUBE)

今という時代は本当にありがたい。YOUTUBEで地学の勉強ができるから。
松下講師がセンター対策を元にきっちり語っている。
教科書を買わないなら、彼のセンター地学講義を聞いて、何度もメモを取るといい。

松下史久の【センター地学】

 

センター試験過去問地学

センター試験の過去問をすべてやる。わからない部分は教科書や一人で学ぶ地学、
松下の地学講義やネットで検索し、調べながらやっていこう。

ただ解けばいいってものじゃない。自分の言葉で解説できるかどうかが大切だ。
あてずっぽうで選択肢を選んだり、自分の知識に不安がある状態で答えたら、
「間違い」と認識して、不安な部分を教科書などで調べよう。

二次試験として使う場合、選択肢は一切無視して記述式問題としてやってみる。
すると、記述力は上がるよ。

センター試験過去問研究 地学 (2018年版センター赤本シリーズ)

大学入試センター試験過去問レビュー地学基礎・地学 2018 (河合塾シリーズ)

 

全国大学入試正解集-地学

 

日本の全大学の中で地学を受験に扱っている学校。
過去問として一挙に集めたものだ。

二次試験を考えて、大学過去問だけじゃ足りないと思ったら、
購入して片っ端から解いてみるといいよ。

ただし、出版が今年10月となっている。
去年の入試問題集を購入したほうがいい。

今年を購入する場合、試験当日まで最低3周やろう。
特に3度も間違えるところは教科書と合わせて知識を補充していこう。

全国大学入試正解集 地学 平成27年度

 

河合塾の大学入試解答速報

入試別:河合塾の大学入試解答速報

解説はないけれど、問題と答えだけならある。
答えを見てキーワードなどを徹底的に調べ、自力で解説を作る。
ある意味、一番勉強になるよ。

 

地理との関係

地学と地理は少々被るところがある。
天気と地形分野は地理で補完するのもよいだろう。
ただし、地理は「世界各地方に住む人々の生活や文化」を知る学問で、
地学は「地球や天文といった自然現象」を解析する学問だ。

二つの違いは絶対に抑えておこう。
地理で地学分野が出る理由も、地学を勉強するためじゃない。
天気や地形がそこに住む人々にどんな影響を与えるか?

社会の主役は「人・組織」であり、理科は「自然」だよ。間違えないようにね。

地理といえば:新詳高等地図 (Teikoku's Atlas)

 

物理・化学・生物との関係

一部の大学では理科二科目が必要だと思われる。
たいていは物理と化学を選ぶ人が多いんだけど、
地学以外で選ぶなら物理がいいと思っている。

物理ほど地学と被っている分野はないし、
地学で必要な計算もほとんどは物理で必要な計算だ。
見慣れない計算式は「単位」を合わせることを意識しておくとよいだろう。

物理をやると天文や地球の動きがより面白く感じるよ。
岩石は「モル」計算や化学式が出るだろう。
地球の歴史を見るときは生物が欠かせなくなる。

関連:高校物理に微分と積分は必要か?

 

鉱山図鑑・天文ニュース・天気予報

地学の勉強は何も過去問だけじゃない。
むしろ私は図書館においてある鉱山図鑑や天文ニュースなど、
身近な題材で勉強をしているよ。

ただ読むだけじゃ頭に残らないから、
地学の教科書をそばにおいて、該当箇所とのかかわりを見てメモを取る。
より細かい知識が入って、地学が面白くなるんだ。

天文はそれこそロマンあふれてやめられないよ。
そういえばオリオン座にあるベテルギウスが超新星爆発を起こし、
もう一つ太陽ができるらしい。いつになるんだろう。

もうすでに起きているのかもしれない。
ただ、地球とベテルギウスの距離が大きいために、
ベテルギウスから発せられたエネルギーが光となって地球に降り注ぐまで、
時間がかかるだろう。

12月の台風

ほかにも気象分野なら天気予報を見ておくといい。
特に天気図読解は気象分野の勉強にもなるはずだ。
画像は12月15日の天気図だけど、フィリピンの南を台風が通過している。
なぜ冬なのに台風が発生したのか?

三重県で最高気温

(2015年はエルニーニョ現象が発生し、11日は南から暖かく湿った空気が入り、
同時に中国やシベリアに高気圧がとどまっていた。高気圧の力が弱かったんだ。
エルニーニョ現象ってなんだっけ……調べてみよう)

地学ほど身近な教材で勉強できるものはないから、
普段から身の回りのものを観察し、教科書や練習問題を開いて考察するといい。
入試問題を解くだけでなく、普段の生活にも役立つと強く考えているよ。

 

最新ニュースから学ぶ(例:チバニアン)

2017年11月13日のニュースで、地球史に新たな言葉が増える。
第四期更新世(新生代)の真ん中あたりにチバニアン刻まれるかもしれぬ。

ニュースによると、地球の磁気が南北で逆転した年だ。
地学のテキストにも載っている「地磁気の逆転・更新世・新生代
最新ニュースを通して「記事の背後にある基礎項目」を確認する。

地学に限らずたくさんの科目(特に社会分野)に応用できる。
ニュースを一つの入試問題扱いし、自分で疑問をつくり、解いていく。

すると学力が上がっていくよ。

 

地学はもっと増えてほしいなあ

地学を見ているとね、ロマンあふれる学問はないのに、
受験勉強じゃ地学は圧倒的に日陰ものだ。

記事:重力波の発見が私たちにどんな生活をもたらすの

記事:ニュートリノの発見が私たちにどんな変化をもたらすの?

記事:台湾大地震で義援金は日本赤十字社一択

地学に関する記事は上記にて述べている。
地学を勉強しながら読むと、地球の原理についてより深く学べるだろう。

地学の勉強はただの入試攻略としてやるのでなく、
ぜひ今後の未来を生き抜くための知恵として勉強してほしい。

 

おまけ:試験を受ける場合

ホテル予約受験日前

過去:受験前にホテル予約を取って心に余裕を創ろう

しゃしゃが志望校を決めて大学受験をする前に、
きちんと余裕をもっていろいろ調べておこう。
試験場所が自宅以外ならホテルの確保は必須だ。

上記サイトを開き、事前にホテルを予約しておこう。
外国人観光客の増加で、予約が取れないと嘆く声があるからさ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket