ベンツ

おはよう、しゃしゃ。ドイツ経済に衝撃を受ける事件が起きた。
発端はドイツのVWによる排ガス不正プログラムが米国でばれた。

次はメルセデスベンツにも排ガス不正が検出された。
ドイツ銀行もほかの銀行間不正が明らかになり、倒産危機を迎えている。

多くの企業は信用を積み重ねている。
ドイツだって多くの企業は信用を築き上げている。
しかし大手による不正がばれると、こう思われる。

「ドイツ企業のほとんどが不正を行うの?」
そこで「信用」について語りたい。

 

日本と中国の関係か?

世界地図

ドイツとアメリカの関係は日本で見ると、日本と中国との関係にあたるのだろうか。

地政学から日本が今、中国から受ける危機を想定する。
南シナ海において、石油を運搬する回路が塞がれるんじゃないか?
中国が南シナ海を制圧すれば、自由に「通行料」が設定できる。

「通行させない」権利も手に入れる。
日本は中東から石油などを購入している。
海運業にとって余計な出費を払うことになり、赤字が増える。

だから日本としては中国が南シナ海を制圧しないほうが、
普通に最短距離を進めるからいいのだ。

米国とドイツも「ドイツ」という視点でなく、
「西欧」という視点で見ると、西洋経済がガタガタになることで不安が生じる。
その隙を狙って米国として地位向上できる。

国際関係は右手で握手、左手で殴り合いの世界だから、
米国としては西洋弱体化を狙っていると考えたんだ。
そうすれば米国としての地位と発言が上昇するからさ。

 

ロバート・ボッシュとNO

bosh

ベンツは不正プログラムを働かせ、
気温10度を下回ると、二酸化窒素を放出するようにプログラム。
それ以上はソフトによって抑えられている。

だから基準の10倍以上二酸化窒素を放出し、環境問題に悪影響を与えているよ。
ドイツは「酸性雨による森林被害」が多いと教科書で習った。

エコカーとしてVWは海外に売りさばいていたが、
日本のプログラムによって明るみになった……。

排ガス規制を販売した会社が「ロバート・ボッシュ」で、
自動車部品を販売しているよ(株式は未上場)。
VWの排ガス不正供給先もボッシュだから、狙い撃ちされている。

日本でもベンツは走っている。
二酸化窒素を平気で放出していると思うと……少し怖いものがあるね。

記事元:メルセデス・ベンツにも排ガス不正疑惑

過去記事:ドイツVWショックよりヒトラーが

 

ドイツ銀行はどうなる?

ドイツ銀行1か月株価

ロバートボッシュはドイツにとって大手企業だ
銀行とも取引を行うため、影響が出てしまう。

ドイツ銀行はロンドン銀行間取引金利における不正操作や、
規定違反をめぐる訴訟費用もかさんで
おり、
嘘でごまかして塗り固める体質が明らかになった。

信用を大きく失う行為をやらかし、銀行に対する不安も高い。
最も、車や銀行といった大企業不正が続くと、
他の「真面目」に運営する企業ですら、「不正」しているんじゃないか?

信用を崩す間接要員となる。

日本も東芝などの大手企業による不正会計が明るみになり、
日本全体が外国から見て「信用」に疑問がかかる。
日本にいると「いやいや、ほとんどの企業は不正しませんよ」
思うけれど、外国から見ると日本の事情など大した知らないからね。

参照;ドイツ銀行に黄色信号?

 

日本で「金庫」爆売れ状態

ダイヤル式小型耐火金庫ES-8 bg2577

その日本で面白いことが起きた。
日銀が始めたマイナス金利政策によって、「金庫」の購入が増えたそうだ。

マイナス金利の本質を曲解した人たちが、
「銀行に預けていれば、利子がかえって減らされる」

不安を呼び、金庫を購入しているとのことだ。
泥棒に狙われないよう、気を付けてほしい。

本来のマイナス金利は銀行間のみに提供され、
一般家庭には間接的な影響しか出ないんだけどね。
(例:市中銀行が「手数料とるからな」言わない限り、影響なし)

でも金庫にも一部、お金を保管しておくといざというとき、
そこから引き出しができるからよいと私は思う。

金庫を購入する際、暗証番号を適当な数字にしておこう。
誕生日など覚えやすい番号はむしろだめよ。

過去記事:マイナス金利って何だ、どんな影響を与えるの?

 

信用の破壊と再生

時代が進むにつれ、信用をいかに積み重ねていくか?
今回の事件を通して気づかされた部分だ。

信用の積み重ねは簡単に思うだろう。
崩れるときは一瞬だ。事件が明らかになればいい。
すると株価にまず影響が出る。数字はある意味正直だ。

一度信用を失った企業は、どうすればもう一度信頼されるのか?
しゃしゃはどうだろう、信用を失う行為を行うと、多くの人は警戒する。

でも数年たって気が付いたら、信用していた。
そんな体験をしたことはないだろうか?

 

信頼を回復するには?

信頼を回復する行為は大変だ。一度失うと人から攻撃を受ける。
それも第三者かつであったことすらない人たちから罵倒される。

信頼を回復する方法として、真摯にお客様を見直して向き合う。
向き合いながら情報をきちんと開示していく。

後は積み重ねる、数年たてば徐々に受け入れてくれると考える。

ただし、落ちるときは一瞬なので気を付けよう。
罠に気を付けながら、自分の価値を積み重ねていく。

だんだんレベルが上がると、生活もプライベートもすべて信用に関わる。
ベッキーさんを見てほしい、彼女は芸能人だ。

プライベートは仕事と違う顔を見せる。
知名度が上がると仕事もプライベートも境目がなくなる。

多くの人はベッキーさんの私と公を同一視し、「この女は信用できぬ」判断した。
(ゲス極の川谷さんも同じ状態になっていると、私は考えている)
結果として彼女にとって良くない現象が引き起こされたよ。

過去記事:ベッキーさんのラインをだれが漏らしたのか?

 

結びに:ドイツの動向から

ドイツ銀行が潰れると、確実に日本に影響を与える。
その際、しゃしゃに確認してもらう行為として、

・ドイツ銀行とかかわりのある日本企業

は押さえておくといいよ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket