Pocket

ども、しゃしゃ。ある事業に使うためのお金がないとき、
「どうしたら今すぐお金が入り、必要な額が払えるのだろう?
他人にも気軽に相談できないし……どうしよう、どうしよう……」

気持ちが不安定になり、書店でお金に関する本を見つけたとき、

「こういう考え方は非常に面白い」衝撃を受け、すぐに購入した。

心屋仁之助さんによるお金の「あり方」(儲け方ではない)本だ。
(なお、お金は心配事から3日後に、予想もしない形で入ってきました)

 

お金がなくても「ある」覚悟

心屋さんはお金の儲け方よりも「あり方」を重視している。
儲けのコツやテクニックは載せていない。

特にお金の在り方を変えたら、
「これから先、どんな生き方をしたいか」が人生の課題となる。

お金はないのでなく「すでにある」
今、現金がない、請求書を支払う資金がなくても、
「現金はある、請求書を支払う資金もある」状態で生きる。

「お金は空気のようにある」覚悟を抱かねばならぬ

 

働かざる者も食ってよし

心屋さんは給料に対して二つの考えを持っている。

歩合給と存在給だ。

歩合は働いて得るお金、存在は働かなくても受け取るお金。

存在給はすごいよ。
「人に迷惑をかけても、お金を使いまくっても、役立たずでも、
月々得られるお金はいくらでしょうか?」

怠け者の発想に近く、多くの人は受け入れられない。
「きちんと仕事して、汗水たらしてお金を得なければならない」

必死に頑張って得られるお金が歩合で、
怠けても得られるお金が存在だ。

この考えは「倫理」に反するところがあり、なかなか受け入れられぬ。
私は体験している。

依頼された仕事をこなしても1円も入らなかった事実。
商品を販売しても1円ももうからなかった事実。

風邪で寝込み、何もしていなくてもお金が入ってきた事実。

「働いたからお金を得る」は十分条件であり、絶対に必要ではない。
働いていないけれど、ご飯を食べられる、生活もできる、お金も入ってきている。

きちんと書いてくれるところに、面白さを感じたよ。

 

無駄なものにでもいいから、どんどん使え

お金の在り方を変える場合、
「お金は入ったら出す、どんどん出す。無駄なものでもいいから出す」
お金の循環を止めてはならないと述べている。

お金をいかに使うか?
頭を使うよ。お金の循環を促すために、何に使うか?
考えたら無駄なものにお金を使えなくなるからね。

でも、無駄なものにも使っていいと述べている。
無駄な商品・サービスと自分で考える場所にお金を使うと、
商品・サービスで飯を食っている人にお金が回る。

私の場合は神社のさい銭箱にお金を入れたり、
noteなど「個人寄付」を募っているクリエイターにお金を渡すなど、
「自分に見返りのない」使い方をしている。

損をしているわけだ。お金は自分の予想しないところから入るので、
損をしても必ずお金が入ってくる。

 

お金を得る場を限定しない

祈り

収入を得る箇所が少ないと、
給与以外からお金を得られない(涙」頭は判断する。

心屋さんに言わせると、「自分であり方を止めているだけ

豊かさに気づく。気づかなかったら強引に言葉を出す

「ああ、自分はお金持ちだなあ、恵まれているなあ、
何か知らないところからお金が入ってくるのだから、豊かだなあ」

むなしい気持ちが返ってくるだろうが、大きなポイント。

「自分でもよくわからない」けれど、
ガンガンお金が入っている前提で、言葉を出していく。

今の状況を見て言葉を出すのでなく、
「こうなりたいな(いいこと)」を前提に言葉を出していく

人は現状から将来の自分を予想しがちだが、
将来は何が起きるかさっぱりわからない。

不安に対して事前に対策は取れるけれど、不安を超えた予想外は必ず訪れる。

今まで親や職場、学校と行った場所で得た考えを、
一気に変える覚悟が必要となる。

 

脱線:「失敗・絶望」を恐れる本質

雷の音

「もしお金がすっからかんになったらどうしよう……」
人は失敗や不安、恐怖を予想しがちだ。

裏を返すと面白いことに気づく。

「お金がたくさんあったらどうしよう。泥棒が入って盗んでくるだろうし、
知らないやつが現れて金をせびってくるだろうし、
成功しすぎて他人から妬まれたくないなあ……」

成功したときに得られる「予想外の恐怖」を先回りして考えたとき、
「だったらお金がすっからかんになったほうが、まだいいか」

未来を変えると人生も変わらざるを得ず、
新しい問題もやってきて、心が壊れかねない。

だから新しい環境(俗にいう成功)よりは今(失敗している状態)がいいか。

心の中では成長を願いながらも、
潜在意識(心の中より強い習慣)では現状維持を望んでしまうのよ。

 

一生お金に困らない生き方を購入したら

「へえ、彼の理論だとお金を使えば入ってくるのか。
うーん、だまされている気分だ。本当かよ」

ツッコミを入れてしまうだろう。
本を購入したらすぐに無駄遣いを始めてみよう。

無駄遣いをする際、
「お金は空気、当然、あちこちにあるから、いくら使っても大丈夫」

紙に書いたり、口に出して、考え方を強引に変えていく。

「どこの宗教だよw」ツッコミを入れたくなるね。

私は働いてもお金を得られなかった事実と、
病気で仕事を休んでも、お金をきちんと得た事実がある。

考え方を変えていけば、生活態度も変わる。
最低でも3か月間、だまされた気分ですぐに生き方を変えよう。

世の中、論理的かつ科学的にできていない。
必ず「自分でも想定しない」未来が現れる。

彼の理論をメモし、音読して
「これまでのお金に対するありかた」を少しずつ変えていく。

「急にお金が必要になった」ときこそ、
心屋さんの理論に沿って、お金の在り方を変えていけば、
「まさかここから入ってくるとは!」体験をするよ。

アマゾンから注文:一生お金に困らない生き方

楽天ブックスから注文:一生お金に困らない生き方 [ 心屋仁之助 ]

書店でも売っている。本を読んだらすぐ実行しよう。
途中、思い通りにいかず、今までの考えとは違う生き方をするので、
恐れが出てくるか
、良い方へ向かっている証拠だよ。

自分の中にある抵抗勢力(以前の習慣)に負けず、
新しい習慣を歩み、ともに良い生き方を目指していこう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket