パースが理解できず、遠近法がわかれば絵画がわかるを読んで

ども、しゃしゃ。新書を購入したよ。
布施英利著「遠近法がわかれば絵画がわかる」だ。

冒頭を読んで、遠近法の奥深さを知ったよ。
そこに「色彩」のヒントもあったのだ。

 

遠近は一つだけでない

私にとってとても勉強になった考えが、
「遠近法は一つにあらず」

重なり・色彩・陰影・縮小

4つもあると本を通して教えてもらった。
遠近法といえば、1から3点遠近法がある。

水平線を引いて、消失点を定め、後は合わせる……
これだけが遠近法とは限らないとわかった。

例としてスザンヌ「キューピッドの石膏像のある静物」
を取り上げながら、4つの遠近法について語っている。

HSV

特に色彩の遠近法が勉強になった。
HSV空間において、H(色彩)を見ていくと、
0は赤、180はシアン(青は240くらい)となっている。

赤→黄→緑→青の順番に遠くなる。
赤が一番「観ている人」から近い色だ。

私にとって衝撃だった。
色彩遠近について、深く考えていなかったからだ。
そのとき、どうして自分は〇〇さんのような光や影を表現できないのか。

せざんぬ

※ 「キューピッド石膏像のある静物」画像元はこちら、解説あり

気づいてしまった。色彩遠近を意識していなかったからだ。
意識しながら色を塗ると、塗りは確実に変わる。

私にとって「塗りの常識」を変えてくれる、
大変すばらしい本だったよ。

自分の「色塗り」に満足がいかない。
少しでも「これだ」と言える色の塗方に気づきたい。

考えているなら、今すぐ注文して読むといい。

本:遠近法(パース)がわかれば絵画がわかる (光文社新書)

4つの遠近を常に意識しておけば、
高度な計算を持った色塗りができると思っているよ。

 

実践:4つの遠近を意識して

色彩遠近

色鉛筆とクレヨンを使って塗ってみた。
意識しないで塗るのと、意識するのとでは塗り方に気を遣う。
気を遣うから、違った成果になると思う。

後は何度も意識して描いてみるとするか。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。