新版朝鮮カルタのことわざや内容と販売成績1位に笑

どうも、しゃしゃ(あなた)
新版 朝鮮カルタという本をネットで見つけたよ。

あまりにもひどく、馬鹿にしすぎ。でも妙に納得――

朝鮮かるたという本が出版されようとすることがわかり、
一部の方が激怒し、出版禁止にしようと運動を始めていた。

朝鮮かるたを通して思ったことを書いていくね。

 

アマゾンランキング急上昇に草

人は正直だなあ

ある方が怒りのツイートを流したところ、
アマゾンランキングが一気に上位にたった。
(痛いニュースによれば、89,773位から12位へ急上昇)

出版社によると、発売前から3刷ということですごい。

 

朝鮮かるたの一部とは?

かるた一部

画像を見ると、ことわざとイラストが右に、
解説とことわざができた背景が左に載っている。
(画像クリックで拡大できるよ)

背景知識がないままカルタを読むと「ひどい」が、
新聞やネットで朝鮮半島に関する情報を知ると、
妙に納得できてしまい、笑ってしまう。

例えば「自分の食えない飯なら灰でも入れてやる
ネットで調べていたら、朝鮮のことわざなるサイトを見つけた。

参照:【ごまの韓国講座】

画像にあることわざ解説を読むと、
「確かにオリンピックの時、日本に対してそんなことしていたな」
妙に納得してしまい、笑ってしまうよ。

参照:韓国政府が姑息にも東京五輪を妨害

ほかの内容として

ことわざ
  • 女は三日殴らないとキツネになる
  • 嘘もうまくつけば稲田千坪にもまさる
  • 悪口は祝福の言葉

本書紹介韓国ことわざの出典元
『朝鮮の俚諺集』高橋亨、日韓書房、1914年
『韓国俚諺集』相場清、日韓親和会発行、1971年
『対訳注解韓国ことわざ選』若松實、高麗書林、1975年

2ちゃんねらー創作だと思ったら、実際にあってびっくりした。

 

かるたが創られた目的に納得

かるた一覧

※ グーグル検索にあったかるた一覧、画像クリックで拡大可

日本人は本当に韓国や北朝鮮の人の性質を、理解出来ているのであろうか?
お互いを知る事から、真の友好が始まる。
朝鮮のことわざをカルタ風のイラストと共に楽しく学んで頂き、
お互いの理解が少しでも深まれば嬉しく思う。

著者は朝鮮の方々を揶揄する目的でなく、
日韓の間にある溝が少しでも埋まればよいなあ。
そう考えてこの本を出版したそうだ。

日本のかるたも「犬も歩けば棒に当たる」といったことわざがあり、
人間の愚かなことや理にかなったことなど、
いろんな側面から「かるた」として出されているね。

なお、出版社はこのようなコメントを出している。

現在の日本では差別的表現とされる可能性のあるものが一部含まれています。
ことわざが生まれた当時の時代背景を鑑み、また朝鮮民族の文化を尊重するため

少しは間柄が縮まるのだろうか?

私はある程度距離をもって接したほうが良いと思っている。
最悪な場合は縁を切ったってかまわないと思っている。

本当、嫌な奴は縁を切る。相手がどんな顔をしようが情けをかけない。
世の中いろんな人間がいる。不幸をネタにゆすってきたり、
恩を仇で返してのうのうと生きていたり、人のものを勝手に盗んだり……

不幸をエサにして生きる人間は日本人だっている。
民族は関係ない。裏を返すと人種みな平等というか。

人生の辛酸をなめた人が読むと、きっと深い共感が得られるはず。
基本、異国は日本と文化や思考、常識が違う
そう考えてお読みいただくと、異文化理解に役立つと考えている。

 

日本を風刺したかるたも

朝日かるた

画像は朝日新聞を揶揄したかるただ。
在日朝鮮人が犯罪を犯してマスメディアに報道される場合、
朝日新聞はよく本名を隠し、通名を載せる傾向がある。

最近だと朝日新聞は著者という個人に対してスラップ訴訟を出した。
また朝日新聞の政治部長がすごい過激な言葉を使ってびっくり

詳細はこちらを読んでほしい。

 

朝鮮かるたを日常会話に活かす使用例

※ 朝鮮かるた(ことわざ)使用例

誰かがある行動をとった。あるいは何かを述べた。
すぐにかるた一覧から探し、適切な言葉を見つける。

引用しながら語るのがいい。

結果として

  • 「しゃしゃったらコミュニケーションが高いわ、お話面白いわ」
  • 「物知りだなあ、表現力豊かだなあ」

相手にそう思われると私は考えている。
ことわざを上手に扱う場合は感受性を鍛えなければならぬ。
その訓練として古典を勉強するとよい。

 

朝鮮かるたを購入すべきか

「少しでも、朝鮮の文化を知りたい。知るのに簡単で最適な本はない?」

思ったら読んでみよう。

朝鮮かるたも彼らが垣間見せる現実や面白さを言葉にとらえ、
五十音順で分かりやすく紹介している。

読んでユーモアを味わいながら、知恵を広げていってね。

アマゾン:新版 朝鮮カルタ

楽天:新版 朝鮮カルタ【電子書籍】[ 牛辺さとし ]

読んでユーモアを味わいながら、使って知の幅を広げてみてね。

なお、後追いする形で百田尚樹さんも韓国(南朝鮮)に関して本を書いた。
彼は韓国に対して「本当に申し訳ない」と書いている。

日本がいかにひどいことをやってきたか。
百田さんなりの朝鮮についてはこちらを読んでほしい。

こういう切り口もあるのかと思ってびっくりしたよ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。