完璧/完成主義から脱却する小出し戦法のすすめ

おはよう、しゃしゃ。
今日の記事はノウハウというよりは今の自分に向けて、
「こうしたほうがいいよ」とアドバイスを送る
内容だ。

今の自分は一つのストレスにやられており、
喉をはじめ、胃の中が苦しいと感じている。

昨日は胃の中がじわじわと焼けるような痛みを抱いた。
口内炎も出ていたので、胃腸薬を飲んで何とか一安心……ではない。

ストレスの原因を知った結果、
「完璧主義/完成主義」を捨てたほうがいいと確信を抱いた。

クリエイターならぜひやってみるといい。

 

完璧主義と完成主義

tukareru

※ 今日の画像はすべてインスタでも掲載しております。
ぜひフォローしてね。

完璧主義と完成主義は似た言葉だ。まずは定義から入ろう。

完璧主義:
ある目標を達成させるために、徹底的に壁を高くし、
少しでもそれると自分を叱り、勝手に絶望していく。

完成主義:
ある作品を完成させるまで、徹底的に追求し、
少しでも不備があると延期する。
時間だけが流れるうち、焦りと絶望に支配される

クリエイターとして、人によるけれど、
「きちんと完成しないとためだ、完璧にしないとだめだ」

完璧を追い求めるあまり、編集にたくさん時間をかける。
告知しようとしたら「不完全」なところを見つけ、
再び修正するうち……直すのが嫌になってくる。

直すだけでなく、作品を出すのも嫌になる。

完璧をこだわりすぎるあまり、完成しないで時間だけが流れる。

少しでも何かしらの成果を出す場合、
未完成でもいいからさっさと出してしまい、
ぼろくそに言われながらも、課題を見つけたほうがいい。

ぼろくそにけなされるのが怖い。
直そうとしてもどこを直せばいいか、どう直せばいいか?
迷った挙句、思考に混乱をきたす。

今、しゃしゃが「完成に時間がかかりすぎるよ」
嘆いているなら、まずは完成を捨ててみよう。

 

小出しで情報を出していけ

いろつき

クリエイターは作るのが得意でも告知は苦手だ。
反対に告知が得意で創るのが苦手な人は、
クリエイターよりもプロデューサーになるべき。

なぜ告知が苦手かといったら、
作品の中に「不完全さ、下手さ」を見つけるからだ。

「下手/不完全」という自分にかけた呪縛を、
自分で何とかほどかない限り、一生苦しむ羽目になる

モノクロ

未完成のまま「小出し」という形で、
作品を少しずつ出していくと、未完成の作品に物語が生まれる。

ちょっとでも更新したら、どこを更新したか?
何を目指すのかを書いて、情報をつけ足したほうがいい。

例えば上記イラストは色を塗っている。
色を塗った画像をインスタグラムに乗せる。

色を塗って完成だけど、塗り終える前にラフ画、
線画をインスタのストーリーに投稿する。

「現時点で自分は何をどう考えているか?」

未完成時に自分は作品をどう作り上げるか?
創り際に何を参考にしたか。課題は何か?

いろいろ記していけば、物語が生まれる。

物語といっても難しい情報を出すのでなく、
自分の気持ちを出していけばいいだけだ。

 

自分の気持ちを出すのは難しい?

疲れた

自分の気持ちを出すというところが、かなりの曲者だ。

「こんな情報を載せて、読み手は喜ぶのか?」

自分に不安を与えると、徹底的に自己価値を否定し、

「読者に情報を載せるなら、これでなければならない」

強制思考が働き、ストレスをためやすくなるからだ。

記事をたくさん書いていると
「こうでなければならぬ」思考が生まれやすい。

読み手が何を欲しているかなんてわからないからね。

確実に一つだけ読みごたえがある読み物は物語だ。
小説を読むかのような小話を書くと喜ばれやすい。

小説といっても「私が 何をした」を基本にして、
「何が起き、結果どうなったのか?」を伝える。

具体例として、しゃしゃが今、私の記事を読んでいるよね。

私はここ数日、ストレスをためて喉や胃が苦しい。
苦しい原因を探ったところ「完璧主義/完成主義」に陥っている。
そこで「完璧/完成主義」を捨てよう。

一つの物語になっているね。

何が起きたのかはもちろん、
結果どうなったのかも「きちんと定める」必要はない。

大まかな状態でいいから抑えておくと、簡単に物語を作れる。

自分の気持ちを出す際は

  1. 何が起きたのか
  2. 結果どうなったのか

2つを押さえておけばいいと考えているよ。

 

クリエイターのストレス解消策

やること多い

クリエイターにとって作品がなかなか完成しないところはもちろん、
完成しない限り、外に情報を出せないという考えが、
大きなストレスになっていると感じた。

少なくとも私は情報を小出しにしない自分に対し、
イラつくほどストレスを抱いている。

だからこそ、不完全でいい、罵倒されてもいい。
後で内容が変わってもいいから、
未完成かつ不完全な自分を赦す必要があるとわかった。

しゃしゃはどうだろう?

ちょっとまって

完成主義、完璧主義に陥っている場合、
愚直かつ正直になっている傾向が高い。

「自分はどちらかというと正直者」ならぜひ読んでほしい。

完璧って幻想を追い求めるような生き方だね。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。