内なる自分(神様)ですら未来がわからないという事実!

神様は未来がわかる、嘘だよそれ

おはよう、しゃしゃ。
今日は宗教に関する話だ。

といってもキリストやイスラムといった方面でなく、
自分の内側にいる神様の話だ。

人は皆丹田に神様がいて、
「あれをやりたい、これをやりたい」

声に出さないがメッセージを発する。

 

丹田があなたに贈るメッセージの方法

自白

丹田はへそ下三センチ当たりの部分であり、
温かくなると真冬でも靴下なしでぽかぽかできる

何より丹田が温かくなると、自然と姿勢もよくなるし、
視力も少し上がってくるし、余計な力が入らぬ。

丹田は言葉を発しない代わりに、行きたい道があるとジワリと温かくなる。

丹田の仕事を邪魔するよう、脳みそがあれこれ誘惑するわけだ。
例えばやりたいことをやろうとしたら、

「今はそれをする時ではない」といった言葉や、
「そんなのよりゲームをしようぜ、この仕事をしなきゃ」と、
別の方面に意識をそらそうと働く

丹田は基本一言も言葉を出さないが、脳はうるさいほど言葉を出す。

脳に従った道は「緊急性で重要でない仕事」であり、
丹田は「緊急でないが超重要」な仕事だ。

丹田と脳のどちらに従うかで、生き方が大きく変わる。

 

生き方が変わるとは何か?

ちゃいな

例えば丹田に沿って私は一つの有料ノートを販売した。
販売したところで生き方が変わるのか?

収入が爆発的に入り、考え方も変わったのか?

言われると違う。

生き方が変わるとは有料ノートを出した結果、様々な現実にさらされる。

現実は自分の予想通りに全く行かず、良いと解釈しているほうだと大喜びし、
悪いと解釈しているほうだと嘆いたり怒ったり悲しんだり
する。

有料ノートを出す/出さないという形で、
丹田に従って行動を起こしても現実は大した変わらない。

唯一考え方が大きく変わる。

例えば有料ノートを出したおかげで、
マネタイズ(芸術作品などの商売化)は難しくないと確信した。

確信という言葉は頭でなく体で実感する行為だ。

また有料ノートを出したおかげで、
今まで気づいていなかった部分や依存していた部分など、
出していない自分だったら全く気付かない場所に目を向けた

目を向けたら考え方や次に何をしたいかも変わる。

現実は変わらなくても考え方は大きく変わる。
というより気づきが多く考え方を改めざるを得ない。

丹田に従った生き方は次につながる気付きを得る。

 

丹田ですら未来はわからない

ブロック

私は一つ大きな間違いをしていた。

丹田は未来を確実に見通している。
だから丹田の言う通りに生きれば、確実な結果が現れると。

しかし現実は確実な結果など何一つもたらさなかった。
はじめは丹田に怒った。

「お前の言う通りにやったけれど、ちっとも成果が出ないじゃないか」

同時に「心に従って生きればうまくいく」
といった精神世界系や宗教の本に書いてあった内容は、
ことごとく嘘だという事実
もわかった。

記事を読んだ後にどこかのセミナーで、

「神様はすべてお見通し、将来を見通している」

表現があったら「嘘」と確信していい。

むしろ神様ですら未来はわからない。
日本はたくさんの神様がいて内なる自分も神様の一つだ。

内なる自分=丹田は未来を予測できないし、確実にこうなる保証もない

私は丹田が示す未来を勝手に解釈し依存していた。
裏切られたと思って自分の内側に怒った。

だけど「丹田も未来なんてわからないんだな」
悟るようになってから、すごく気分がよくなった。

同時に「負担を押し付けてごめんね」謝った。

 

すべての神様は未来なんてわからない、だから

神様ですら未来なんてわからないから、今どう生きるかが一番大切である。

同時に未来はわからないからこそ、
脳内が示す「未来」も確実ではないと分かる。

「確率」ならこうなるだろうという予測であって、
「絶対こうなる」ではない。

誰も未来なんてわからないからこそ、もっとのびのび生きていいと確信した。

丹田に従えばうまくいくという考え方は、
のびのび生きているようで実は丹田という存在に縛られた、
依存した生き方であり独立ではない。

むしろ丹田にパワハラを強要させる生き方だった。

だから私は「君も未来を見渡せないのに、
勝手に確実な未来を見渡せると間違った考えをしてごめんね」
自分の内側に頭を下げた。

 

丹田がわかっている真実は一つ

ましゅう

「この道を進んだ方が面白いし楽しいよ」

丹田はしゃしゃの状況に関係なく、
「この道を進んだ方が面白いよ。絶対楽しくなるから」

楽しい道しか教えていないんだよね。
結果がどうなるかなんて丹田だってわからない。

だけど確実に考え方が変わり、
今までの自分とは別の視点から物事を観察でき、
同時に今までの固定観念を崩す機会でもある。

神様は「楽しい道」を提供するだけであり、
「確実にこういう成果が出るよ」という未来ではない。

神様ですら未来なんてちっともわからない。

今、記事を読んでいるときに天変地異が起きても不思議でないし、
お金が突然わいてきてもおかしい話ではない。

何より死んでもおかしくない。

これをやったら次はこうなるというのでなく、
なんか知らないけれど当然こうなった、だからこうするだ。

丹田はただ「楽しい道」を提供する。
だからこそ私は「心が求める楽しさ」に進んでほしいと考える。

 

人は楽しくないものを求めていない

癒されてほしい

有料ノートを書いた後、数記事だけ愚痴を書いた。
愚痴を書いたもののほとんど読まれなかった。

悟った。

読者は面白くないものを読む気はない。面白からこそ読むし興味を抱くのだ

色々な感情が沸き上がると愚痴を書きたくなるよ。
だけど書いて表に出したらいけない。

読者はあくまでも「面白い企画」を求めているのであり、
「面白くない企画、あなたの愚痴」は一切求められていない。

面白さは丹田が知っている。
丹田に従って生きた結果、想定した未来が訪れるとは限らない

だけど次の楽しい道がわかりどんどん掘り下げていけば、
1年前の自分が欲した道にたどり着けると確信しているよ。

脳内の自分は焦りを与え、丹田は楽しみを与える。

どちらに従ったほうが「面白く」なるか?
少しずつでいいから丹田がもたらす楽しさに進んでいこう。

 

日記;プログラミングARPG

有料ノートプロジェクトのほか、現在制作中の自作ゲームプロジェクトがある。

ホラーゲームを作りたい。

試行錯誤をこなし、ようやく敵が攻撃できるプログラムをかけた。

自分はプログラミングに関してほとんど無知だけど、
何とかなるものだなあ……思ったよ。

記事の書き方を変えるだけで評価が変わる。
自分の有料ノートを様々な方面(ここ含む)に当てはめているよ。

企画をたてて動くのが一番楽しいね。

お願い

おすすめリンク

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。