正直者が本当に正直に生きて得をするために必要な3つの覚悟

これが正直という意味か。今までの自分は正直者を騙る嘘つきだったのね

おはよう、しゃしゃ。
最近、ノートに記事を書いている。

「記事一つでいいねを伸ばせられるのか?」

実証してみたところ……
最初は0や1いいねくらいしか得られなかったが、
コツをつかんでいくうちに5つももらえるようになった。

のーといいね

どういう記事の書き方で1→5と5倍に増えたのか?
有料ノートとして記載する予定だ。

さて私は自分のノートで「アクセス解析」をさらしている。

平均100いいね以上得ている人から見れば、

「こいつたいしたことねえな」

思うだろう。他人がどう思ってもどーでもいい。

私にとって、今まで0や1いいねしかもらえなかった状況が、
記事の書き方を変えただけで5つも増えた

事実こそうれしくてたまらない。

同時に事実を公開した時確信したんだ。

 

正直者の定義と問題そして怒り

前に正直者に関する記事を書いた。

正直とは偽りなく自分の想いをさらけ出す
結果、一番損失を出してしまう生き方だ。

正直になるより嘘をついて人をだましたほうが、結果として利益も得られる。

だけどうそつきの生き方は卑しくなるため、卑しい生き方を送りたくない

かといって正直に生きたら損失ばかりだし、
最も得たい報酬(お金、人柄その他)を得られない

何より自分がやりたくないことばかりやらされ、
口がうまいやつばかり昇進していくのが許せない。

正直に生きているはずなのにどうして損ばかり被るのか。
かといって嘘つきになって得ばかり得ても、
卑しい顔つきや生き方も嫌いだしなりたくない。

どうしたら正直に生きて嘘つきを越えた「最も得する生き方」ができるのか?

犯罪に手を染めない正直な生き方だからこそ、報われたいという気持ちがあるよね。

私も自分は正直に生きているつもりだったが、以下の3つの覚悟をつけた結果、

「あ、自分はうそをついていたんだ」自覚できた。

 

正直ステップ1:ありのままの現実

note実績

上記画像を見てほしい。
ノートでいいねをもらった数及びアクセス数だ。

ほかの人と比べると私の数は少ない。
自慢できる要素など何一つない」のだ。

自慢できる要素がないとは「実績でない」のであり、
さらすだけ恥ずかしい現実」でもある。

「本当はこうじゃない、もっといいねの数が100あって、
アクセス数も1000あって、それで、それで……」

あれこれ「上乗せした自分」にゴールを置いて、
今の自分を否定していないだろうか?

今の自分を否定すると「嘘をつかねば」ならなくなる。

今の自分が「これだけしかない」と、
自分の「なさ・ない」部分に目を向けてしまうからだ。

私はなぜありのままの数をさらせたのか?

「実はすごい」とありのままの現実を認めたからだ。

「本当はこうじゃない」という考えを捨てた。
自分の「ない」部分に目を向けず「ある」に目を向けた。

すると「5つももらえるなんてすごいや」と、
今の自分を肯定できるようになった。

正直と嘘つきの境界線は今の自分を見て、

  • すごい→正直
  • だめだ、まだたりない→嘘つき

どうとらえるかにある。

 

正直ステップ2:嫌われる覚悟

今日の虎ノ門ニュースで政治評論家の石橋さんが、
安倍総理と鳩山由紀夫元総理の違いを述べていた。

鳩山さんと安倍さんの違いは任期日数だ。
第一次は安倍さんも早く終わってしまったが、現在は総理歴代最長となっている。

鳩山さんも1年以内で総理大臣の座を降りた。

今は主に日本が不利になる情報を出しているけれど、
海外を含めて「ルーピー」扱いされている。

安倍総理と鳩山元総理の「違い」を虎8で分析していたところ……
鳩山さんは「みんなに好かれなければならない」八方美人意識があった。

一方で安倍さんは「嫌うなら嫌っていいよ」嫌われていい覚悟を持っていた。

私も最近、ブログアクセスアップや利益のために、
「えげつない行為」をしているなって気づいた。

自分は昔いじめられていた。
いじめられているからこそ「被害者意識」を抱いていた。
心の上で戦う前から負ける弱い人間だった。

社会になって弱い部分を否定するため、
あれこれ頑張って生きているのだけど無理だった。

どうしても自分にとって嫌な出来事が起きると、
いじめられた時の被害者意識が生じ、引きこもる

一方で自分が「加害者側」に立っていた事実など全く気付きもしなかったし、
におわせる事件があっても「なんで?」思った。

最近になって「あ、自分は加害者側だったんだな
いくつかの事件があって自覚するようになった。

一例:ツイッターブロック、人が喜ぶ絵を描いたら、傷つけてしまったなど

被害者かつ弱い立場にいると、本当に自分を追い込みすぎて命に危機が生じる

命の危機を抱くようになってから、だんだん加害者意識にも目覚め始めた。

加害者意識とは嫌われる覚悟だ。

「自分を好きにならなくていい、嫌っていい。
ブロックしたければすればいい。お前に好かれるためにやっているわけじゃないから」

嫌われてもいいやって覚悟を抱いた結果、
かえって自分のやりたいことに遠慮せず、ガンガン力を入れてやるようになった

嫌われてもいいやという姿勢こそ正直であり、
「みんなに好かれなければ、嫌われてはいけない」
という姿勢が「嘘つき」の始まり
だ。

というのも「嫌われてはいけない」言っている割に、
「自分を嫌ってもいいや」という、
本当に嫌ってはならない存在を軽く見ているからだ。

だれがあなたの人生を変えてくれるのか?
他人? 違う、自分自身だ。

八方美人は「他人には嫌われたくないが自分は例外」と、自分を最も軽く見ている傾向が強い。

範囲を伸ばすと他人=外国と置き換え、自分=日本と見ると……
「外国をけなすのはヘイトだが日本はいくらけなしても違う」

一部の弁護士がほざいているね。

 

正直ステップ3:ある/ない

落下

人は何も考えないと「ない」ほうばかり見る。

お金がない、人脈もない、実績もない、実力もない、
とにかくない、ない、ない!

「ない」を見すぎると、他人が持つ「ある」部分に対し、
恨みと憎しみを抱き、何とかして奪おうと企む

他人の実績を乗っ取る、お金を奪う、他人をけなして自分がすごいと意気込む……。

「ない」とは不足、不満、不安という3つの不からきている。

だからこそ考え方を「ある」に向ける

現在手もとにお金がなくても「ある」と考える

すると自分は持っていなくても、親しい人が持っており、
頭を下げて借りられれば、自分が「ある」のと同じ。

強引な解釈ではあるけれど「ある」に意識を向けるようになれば、
ありのままの自分を偽らなくてもいいと気づかされる

「いいね」の数も周りと比べたら「ない」けれど、
「ある」とみなせば考え方も大きく変わる

もう一つの実績

「記事の書き方ひとつで5つも増えたのはすごい!」

「ある」からこそいいね5つという数字に対し、「別のある」側から価値を引きずり出せた

お金など別の「ある」価値と交換できるものだ。

仮に「ない」と捉えたら、
「いいね5つじゃ足りなさすぎる、もっと増やさないと」

自分を追い込むだけであり、ゴールは永遠にない。
仮に100いいねをとったとしても、

「げげえ、この人200いいねも取っているじゃん。
100いいねじゃ全くダメだ、もっと、もっと」

結果自分を追い込む道に変わりない。

「ある」考え方は訓練しなければならぬ。
何も考えないと人は「ない」ほうを見るのだ。

「ある」考えこそ「正直な生き方」で、
「ない」考えは「偽りのウソつき」な思考だ。

「ない」に染まるからこそ「正直者は報われない」と、
とにかく自分を否定する材料を見つけ、嘆くばかりか、
「ある」人を逆恨みして妬むのだ。

 

正直に生きるのは難しくない

やめて

今の自分を「すごい」と声に出す。
実績が0でも構わない。他人からバカにされてもいい。

とにかく「今の自分がすごい」と言葉に出す。
すると脳は勝手にすごい理由を見つける。

後は「すごいな」思った部分を頼りに、自分のありのままをさらけ出せば
さらにすごい「ある」自分が手伝ってくれる。

自分の事実をすべて受け入れちゃえ。

顔がみったくないなら、みったくない自分が「きれい」と、
頭が悪いなら悪い自分を「すごいな」と、
魅力がないと感じたら「いや、実はすごいよ」と。

とにかく自分の事実をすべて「すごい」と置き換え、
「ない」でなく「ある」に焦点を合わせよう。

しゃしゃの中にある神様が「すごい」理由を見つけ、
どんどん発掘してくれる。あとは流れに乗るだけだ。

 

日記:ウディタプログラミング苦戦中
ウディタ

ここ最近、ノート記事に力を注いでブログ記事を書いていなかった。

くわえて現在制作中の自作ホラーゲームに集中し、
ブログ記事を書く機会がなかった。

私はウディタを使っており、独自のプログラミングを使っている。
プログラミングを行う上で重要な部分として

  1. 道具の定義を知り
  2. 自分が何をしたいのか、動機を明らかにする

2つを理解していれば、後は同期を形にしていくだけ。
形にする際、参考にできるプログラミングをグーグルで探すか、
素d寧作っている自作プログラムを分解し、創り上げる。

私はプログラミングに全く手を出していないが、

「こういう狙いがあるからホラーゲームを作りたい」

気持ちがあればなんとかできるものだと分かった。

これと

そして

248

これら画像はホラーゲーム制作の一部である。
ARPG風のゲームを作っているよ。

子供に見てもらったところ、

もっと罠を増やしたり、ドッキリを作ったりしないと、怖くないよ

かなりダメ出しをされた。奥が深いねえ。

ちょっとまって

正直者はバカを見るに答えた記事だ。
正直は本当にバカを見るのか、実は違うよ、だって……

理由はぜひリンクを踏んで確かめてほしい。

次に人生を分ける「ある/ない」の考え方だ。
「ある/ない」は人生のすべてを変えるため重要だ。

どれだけ実力があろうと「ない」に目を向けると、
全てが無駄な成果となって散る
だけ。

後は自分の有料ノートに関してある情報を書いたとき、
内側から震える言葉が届いた。

しかし震える言葉に否定したら面白い結果が現れたんだ。

お願い

おすすめリンク

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。