超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条で未来をつかめるの?

j6j65567

おはよう、しゃしゃ。
三代目JSBのレコード大賞記事を書いたとき、
「今後はこうなるだろう」

私の中では確信を抱いている予測があるのだけど、
「もし間違っていたらどうしよう」不安もやってきた。

そこで「予測」についてより正確な方法や実例を知りたい。
思って調べたとき、
超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条に出合ったよ。

 

予測ができれば避けられること

時代を8割がた正確につかんだら、どうなるのだろう?
未来を予測したら、そこで満足してはならぬ。

「今」何ができるか、備えられるか。

例えば1か月後に地震が起きると予測した場合、
「今」自分として何ができるか?

震度5程度で家も崩れないなら、
自信が来るであろう時間帯に避難しておけばいい。

家が崩れる危険性が高まったら、
今のうちにお水やテントなど、緊急避難道具を購入しておく。

未来をつかむだけでは意味がない。
「今」何ができるかを検討し、事前に対策をとるために、
未来をある程度予測しておくのだ。

 

本を通して予測を学ぶ

正確な予測は数多くの試行錯誤を要する。
一度の結果でたとえ未来予測が失敗しても、
不満を述べて本を放り投げてはいけない。

「使えないものを紹介すんじゃねえよ」
「この本、全く役に立たなかったわ」

不満を述べたくなるだろう。
でも「勉強」と同じで学習しなければならぬ。

「どうして外してしまった?」
「なんで当たったのだろう?」

うまくいったこともしくじったことも、
超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条を読みながら、
事例を当てはめていくべき。

気づいたらすぐにメモを取る。
メモは取っただけではだめ、内容をまとめる。

まとめたうえで、今起きている出来事を読みながら、

「今後、これが何をもたらすのだろう?」

本を片手に日々追及していくと、
少しずつ精度が上がって、予測しやすくなるよ。

「少しでも未来を当てて、今のうちにチャンスをつかみたいなあ」
思ったら今すぐ読んでみよう。

本:超予測力:不確実な時代の先を読む10カ条 (ハヤカワ・ノンフィクション)

 

予測とカン

私が情報を伝えるとき、たいてい「カン」が働く。
カンは外れることもあるけれど、
当たったら「信じられない」出来事が訪れる。

カンも「未来予測」をするうえで重要な一つだ。
言葉にできない、表現できないけれど、
「これは大切、絶対にやっておけ」

ピーンと予感が働いて、気づいたら行動している。
外れたものも、単に外れただけでなく、
私にとっては「勉強」となる良い機会だ。

たとえしくじっても「不満」を漏らしたらおしまい。
不満は「反省」をうまず、視野も狭くする。

間違った結果も受け入れて、きちんと調査する。
調査して「どうして外したのか」をしつこく分析すると、
次につながると確信を抱いているよ。

本を片手に、じっくり未来分析を行い、
今のうちにできることをしておこう。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。