仮想通貨投資話:売る/買うときに生じる迷いをどう対処する?

おはよう、しゃしゃ。
昨日は一気に3記事書いた。うち2つは衝動だ。

今書いたからといって、訪問者が一気に増えるわけではないが、
「なぜか、ある日突然」訪問者が一気に訪れる。

同じ現象が仮想通貨投資にも起きている。
昨日、coincheakからビットコイン⇒現金を見た際、
(コインを売るでビットコインを選ぶ)

投資額の10倍以上の値段となって頭が固まった。
すぐに現金へ替えて、一部は再投資を行ったよ。

今日はリップルが上がっているそうだ。
その際、生じる迷いについて書きたい。

 

未来は常に真ッ白

レート

迷う原因は誘惑だ。
「今買わないと、後で悔やんじゃうかもよ?」
「今売るよりもう少し待った方が、価値が上がるかも」

「~かも」ほど無責任な発言(気持ち)はない。
未来はいつどこで何が起きるかなどわからない。

ただ現在起きている出来事に対し、
どんな対応をとるかで、少しばかり未来も分かれるよ。

未来は確実にわかるなんて言う人はうそつきだと思ってね。

確実な未来なんてわからないが、
確実に「なりそう」な未来は大まかに考えられる

そう確信を持って伝える理由として今回、
ビットコインレートが謎の爆上げし、
少ない投資なのに(私にとって)大きなリターンを得られた。

100円が1万円に化ける感覚ね。
私は全く予想できないし、いつどこでどのタイミングで来るか?
尋ねられてもさっぱりわからない。

未来は脳内であたかも「確定事項」として考えがちだが、
不確定要素であり、将来を気にしているとむしろ、
やりたいことに集中できず、力も発揮できなくなる。

 

とりあえず紙に書いて考える

換金メモ

「今やったほうがいいのか、やめた方がいいのか?」

思った場合、紙に書いて気持ちを落ち着かせてから、
改めて「やった方がいいか、やめるか」決めよう。

一番いけない選択肢として、焦っている状態で物事を決める。
焦ると焦る未来しかうまないので、紙に書いて落ち着こう。

何より脳内から生じる誘惑は無責任だ。
無責任な奴にしゃしゃは将来を任せられるだろうか?

政治の世界を見てみよう。
民進党が解党に向かっているそうだ。

ここでは立憲や希望の党に分裂する前の民進党を示す。

一部の人やマスコミがいくら民進党を褒めても、
有権者の政党支持率が現実を物語っている

私が観る限り、民進党は無責任なところが多くみられる。
国益につながる行為に対して足を引っ張りやすく、
国損になる法案などはだんまりを決め込む傾向が高い。

一部の人は信用するけれど、多くはそうじゃない。
時と場合によりけりだけど、
基本、責任を持って国益拡大に向かう人を応援しやすい。

しゃしゃの脳内から囁く言葉は基本、
しゃしゃの将来でなく「自己保身という名の衰退」を考えている

より不幸に、より貧しく、よりダメな選択肢を考える。
加えて脳内は「過去のデータ」を参照して未来を示す。

未来はそうじゃない。想定外な出来事が軽く起きる。
今回の仮想通貨もその一つだ。

私の脳内ではレートが上がるなど、全く考えていない。
未来を決めさせているようで、想定外など何も考えられない、
無責任だからこそ、何も考えないほうがいい。

 

やりたいことをやるとお金がまさか

ここから精神的な話を一つ。
お金の法則において、霊視を生業とする方から話を聞いた。

「僕(霊視者)は何度もお金に対して不思議な体験をしている。
ある日、やりたいことがあった。仕事だと損をする内容だ。
でも心がやりたくてたまらなかった。

他人に相談したら『それはやめた方がいい』と言われたが、やった。

やりたいことをやろうとすると、
やりたいことを避けるように、今やらなくていいことに集中させ、
タイムオーバーを図り、やりたいことから逃げようとした。

避ける際、脳内から不安が生じるんだ。
『それをやったらお前は大損をこくぞ、
やったらお前はクレームをたくさんもらうぞ』って。

何度かタイムオーバーになって後悔した後、
今度は脳内から生じる不安を無視してやった。

結果、そこでは損をしたけれど……
ある日、臨時収入と仕事が舞い込み、損失額を軽く超える利益を得た」

私もやりたいことをやってみた。
オークションで初めてモノを売ってみた。

心の中で「こうしたほうが楽しそうだ」に従い、
完璧にはできなかったけれど、やった。

不安もたくさんあった。
知人に話したら「利益は出ないからやめたほうがいい」言われた。

でも心は今すぐやりたいと訴えている
適当な言い訳をして先延ばしを企む自分がいる。

言い訳して「やりたいことをやらない」自分に従わず、
やりたいことをやった。最後の最後で不安が訪れた

「それをやってクレームをいただいたらどうする?」
「売れなかったらどうする?」

他にもたくさんの不安があったけれど、覚悟を決めてやった
結果、売り上げはなかったのだけど……

昨日コインチェックを見たとき、
「まさか」レートが跳ね上がっていたとは。

その際、霊視者の話を思い出したよ。

しゃしゃにとって「楽しくてやりたいこと」をやる。
やる際、生じる「将来への不安」に打ち勝ち、覚悟を持って行う。

そこから良い結果が出なくても、別な方面から意外な結果を出す

世の中って自分が思っているほど広いなあと気づいたよ。

 

偶然、必然?

世の中に対して「偶然」捉えるか「必然」置くかで、
今後の対応が大きく分かれる。

私は「全て必然」だと思っている。
仮装通貨チャートなど毎日見ない。気が向いたら見るだけだ。

昨日、どういうわけかわからないけれど気が向いた。
どういうわけかわからない」部分は自分だと偶然だけど、
目に見えない世界では「必然」と捉えているよ。

レートが上がって得る現金量が増えていたので、
すぐさま仮想通貨⇒現金へと替えた。

未来は自分で調節できない、向こうから勝手に来る。
勝手に来た現実を捉え、対応していく。

対応によって今後の未来が分かれていく。
未来の不安、通貨レートが上がるかどうか気にするくらいなら、
今やりたいことをすぐやってしまった方がいい。

 

後日:仮想通貨チャートを見ると

その後もビットコイン関係で上がる要因はあるものの、
お金の動きは大した変わっていない。

よくわからないのだけど、
仮想通貨は「長期投資」という視点が一番いいのかもしれない。

長期投資といっても、気が向いたときにログインして、
チャートの動向を見てみるとか、

ツイッターでトレンドに入ったとき、確認してみるとか。
あまり深く考えない方がいいのかも。

記事:コインチェックで仮想通貨をやる際の戦略など

初めて仮想通貨をやる場合、

  • 運転免許証(本人確認に必要)
  • 損しても生活費に全く影響お与えない程度のお金
  • 気づいたらメモを取る癖

3つを心がけるといいよ。

スポンサードリンク(広告)

 

お願い

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。