日経平均株価が1日で500円ほど落ちても話題にならないね

今日の株価

おはよう、しゃしゃ。
さっき日経平均株価を見たら600円も下がっていた。
最終的に500円以上、1日で落ちたよ。

景気不安をあおるニュースがあってもおかしくないし、
不安を招くようなツイートトレンドがあってもおかしくない……

はずなんだけど、「それが何か?」という感じで、
悲観的な雰囲気に覆われていないんだよね。

株価の動きに比例しない僕らの心。
何が見えてくるのだろうね?

 

米国の鉄鋼値上げが原因?

NHKニュースによると1日、
トランプ大統領がチャイナなどから輸入される鉄鋼製品に対し、
25%ほどの高い関税を出すと決めたんだ。

産経新聞によると、安全保障上の理由が一つ。
チャイナ他から来る鉄鋼価格が安く、
米国内の雇用と会社を守るための対策なんだとさ。

日本経済新聞やロイター通信は批判しているね。
日経平均株価にも響いているよ。

記事:米、鉄鋼25%、アルミ10%関税

 

失業率は2.4%

本日出た1月の失業率は2.4%と低くなっており、
三橋貴明さんのブログによると「完全雇用の失業率」がいくらか?

だんだん「雇いたいのだけど、人不足であまりこない」
不況時は「人が多いけれど雇う気がない」と問題が出ていた。

どっちにしろ問題があるように思えるけれど、
見方を変えればチャンスにもつながる。

日経平均株価が下がっている、失業率も落ちている。
日本はこれからもっと不況になるという図式が僕の中では起きていない

今まで考えているような経済とは違うあり方に来ている。

 

漫画村に見るビジネスモデルの変化

日本経済は今後どうなっていくのかは予想できぬ。
戦争を含む大規模な災害が起きれば、需要と供給が生まれる。

今までうまくいった出来事が技術や政府の政策によって、
今まで通りにいかなくなり、頭を使うようになる。

とはいえ、どの方面で使ったらいいのだろう。
時代はどう変わって、どんな対応をしなければいけないか?

最近、話題になっているサイトを通して考えてみたい。

漫画村という、ネットで読める漫画サイトがある。
私は人様のブログで知った。

18禁止サイトなら海外にいくらでもあるから、
全ての年齢もそういうのがあるだろうと思ったら、あった。

違法だと漫画家や出版社がいくら注意喚起しても、
「へえ、そういうのがあったんだ」知って訪れる。

仮に漫画村が潰れても第二、第三の漫画村が現れる。
今では漫画=ネット接続費用だけで読めて当然。
という意識に変わりつつある。

仮につぶれても古本屋に行けば立ち読みできる。
こういうとき、漫画家や出版社関係は
どうやって「チャンス」を見つければいいのだろう?

 

お金を払ってでも読みたい事情

今後、創作業をはじめとする仕事において、
「ただ読み、ただでサービスに触れられる」前提においた場合、
「それでもお金を払ってやりたい、読みたい、味わいたい」理由は何か?

きちんと考えないと、その通りの未来がやってこない。

「商売において現時点では最悪だ。
だけどうちのところから商品を買ってもらっている。
私は●●が理由だと考えている、●●を心がけている」

負の現状でも買ってもらえる事情は何か?

 

事例:なぜ高価な万年筆を買うの?

例えば私が使っている万年筆(パイロットカスタム)。
「万年筆」だけを見れば、100円均一で手に入る。

少々高くても1000円を払えば購入できる。

万年筆を安く買えるにもかかわらず、
「なぜ1万円以上の筆を購入するの?」

  1. 100円均一と1万円以上の万年筆を使い比べた際、1万円のほうが自分の手になじむ
  2. 何年も長く付き合うので、自分の手になじんでくれる
  3. 高価な筆を買う=自分は高価な万年筆と同じくらいの価値
  4. 周りと話をすると、高価万年筆だと話のネタになる

他にも探せば理由が思い当たる。
万年筆は100円均一で100円+税金を払えばすぐ手に入る。

「ノートに記述する」ためだけなら万年筆でなくても、
シャープペンシルやボールペンを購入したほうが安上がりだ。

万年筆はインクの詰め替えに400円かかる。
費用が掛かるのに、なぜそちらを選ぶのだろう?

 

時代の流れを味方につけるには?

漫画村に今後、何かしらの制裁が起きて読めなくなっても、
類似したサイトがどんどんできあがる。

「漫画=ネットだと無料で読めるコンテンツ」
私たちは学習し、有料コンテンツに嫌気をさす。

時代の流れとしてとらえるしかないのだろうか?

描き手としては漫画村さえなければ、漫画を購入してもらい、
収入源を得るかもしれない。

でも世の中には「漫画村で読んだ」経験があっても、
「あなた(作者)を応援したい」意味を込め、
わざわざお金を払ってくれる人がいる。

「あなたにお金を払わせてくれ!」

行動で示してもらうために、何をすればいいか?
漫画の内容がすべてわかっているのに、なぜ払うのか?

単純にそこからキャッシュポイントを求める考えとは違う、
稼ぐという言葉ではない新しい考え大切になってくるよ。

反対に見れば「あなたにお金を払いたい」といわれるために、
今どんなことを考え、やったらいいか?

やるべきことが単純になってきたとも思えるね。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。