久しぶりの青山繁晴

おはよう、しゃしゃ。
虎ノ門ニュースにて、久しぶりに青山繁晴さんが出た。
ご自身の選挙裏話がメインだったけど、面白かった。

世界の株価を見ていたら、ゴールドと原油が大きく下落していた。
一方で円ドル相場は円安(グラフ上昇)に戻っている。

何が起きるのだろうね……昨日書いたら翌日、
フランスでトラックが次々と人をひき殺し、テロ事件が発生したよ。
(犯人は射殺)。やはり、虫の知らせなのだろうか。

 

ゴールドや原油下落はいつ頃か

ゴールドと原油

※ 世界の株価より

下落に向かったのが米国時間で14日午前1時12分ごろだ。
日本時間で14時10分となっている。

ゴールドに原油、共に落ちている。
二つが一気に落ちるという事実は何を意味しているのだろう。

 

バルチック海運指数は?

バルチック海運指数

石炭や金属など、原材料を全世界に運ぶ外航船の運賃指標、
バルチック海運指数は輸入が減ると、グラフも下がる。

グラフが上がっているので、輸出業は良い傾向にあり、
経済がゆるやかに回付kすいているとみられる。
2015年8月から落ちて、2016年2月が底だったんだね。

参照:バルチック海運指数について(PDF)

グラフ元:バルチック海運指数

 

何を読まねばならぬのか?

円安ドル高

ゴールドや原油が下落し、円安に振れる。
これらから何をつかまなければならないのだろう。

英国EU離脱騒動にて、離脱とわかるや否や、
ゴールドが異常に買われた。原油は苑麻だった。
円も買われ、急激な円高へと進行したよ。

その後、日本で参議院選挙が終わって自民が議席を増やすと、
「今後の日本経済」に期待を込めたのか、円安へと向かった。

なので、日本を含む世界経済が上がるのかな。
テロ事件や革命、外国の金融関係に努める偉い人が、
余計な発言をしない限り、良い方へ向かうだろう。

経済的に良い話題として任天堂他が協力して出したゲーム、
ポケモンGOでは中東の大統領をはまらせるほど、
米国間でもダイエットに成功したり、死体を見つけたり……
良い方向に向かい、任天堂の株価が大きく上がったよ。

日本では主に「東京都知事」選挙について報道されている。
影に隠れてしまった「チャイナによる南シナ海の埋め立てを認めない」
裁判が出され、チャイナは「へん、従わないもんね」反発している。

専門家によると、チャイナは相当この結果に震えているらしく、
内ゲバが起きる確率がありそうと。

先日、天皇陛下が生前退位とNHKが記事を飛ばし、宮内庁が否定した。
この話題で「より大きな話題」が消された印象を抱く。

 

脱線:ポケモンGOでバッテリー関連株上昇

ポケモンGOのニュースをちらっと出した。
ケモンGOはスマホゲームであり、長時間遊ぶにはバッテリーが必要。
そこで、バッテリー需要が一気に増える。

なので投資家らはバッテリー需要が伸びると考え、
今から株を購入しているとのこと。

またデータ通信量も増えるので、あっという間に膨大な量となり、
通信速度が制限されてしまうよ。やるなら下記サイトを参考にしよう。

参照:ポケモンGOのデータ料金を抑えて遊ぶ

最速通信速度を求める:DMM mobile データSIMプラン 10GB

海外でWi-fiを扱うなら:海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

ところで、ポケモンGOが人気→バッテリー需要が増える
しゃしゃはすぐに考えられるだろうか?

私はちっとも考えなかった。投資家の観ている視点は違うなあ。
儲かる人は「関連するもの」に目を向けるのだなあと考えたよ。

 

フランスでトラック突入テロ(15日)発生

日本時間の午前6時、フランス時間の午後11時40分に、
フランス革命記念日を祝うため、
花火を見物するために集まった人たちに対し、

一台のトラックが突っ込みんでいったよ。

フランス株価

※ フランスの株価一週間、経済は戻り始めている。

死者は70人以上、犠牲者にはご冥福をお祈りします。
ゴールドと原油の急激な下落が、テロ事件の伏線だった。

と考えるのは「それはない、関係ないでしょ」思ってしまう。
もし関係があるとしたら……
世の中は裏で何がどうつながっているかわからない。

悲惨な事件に嘆く人もいれば、利用する人もいるのだ。
世の中はいろんな考えを抱く人がいる、覚えなければならぬ。

テロ事件を起こした犯人が誰で、どんな信念や経歴を持っているのか。
わかり次第、追記する予定だ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket