Pocket

おはよう、しゃしゃ。
人から頼まれた仕事で「サービス」として余計なことをやる。
お金をもらうわけではないのにやってしまう

契約外の仕事も任されるうち、どんどん心が疲れていく。
「割り切り」ができたらいいのに、なぜできない。
どうして自分をそこまで追いつめる、自分よ、馬鹿じゃないか?

「自分の在り方」に対し、参照する出来事があった。

昨日、アメリカ人歌手のアリアナ・グランデさんが、
韓国での公演で問題があったらしいのだ。

そこから「あり方」についてみていきたい。

 

余計な仕事を入れる韓国主催側

Ariana Grande | あみ [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=57809371

Ariana Grande | あみ [pixiv]

記事元を見ると、
アリアナさんは韓国へ「公演ギリギリの時間」に到着後、
仕事を行い、終えた後すぐ、次の公演地へ向かった。

リハーサルも会場のトイレで行った
日本公演では会場で念を入れたリハーサルを行い、
韓国ネットで炎上騒ぎになっているようだ。

※ これを思い出した人もいるみたい

参照サイトにあったスレッドを見ると、
韓国側の主催者がアリアナ側に許可なく、VIPチケットを販売していた。
(中身:リハーサル見学、バックステージ観覧、写真撮影)

他に政府主催のイベントへ強引に参加させようとしていた。
(8/15で調べると、光復節がヒットした。まさかこれ?
光復節:大日本帝国からの独立記念日)

アリアナ・グランデスタッフらに許可なく、
あれもこれも入れた状態を強引に入れたところ、

「契約にない仕事はやらぬ」

突っぱねたうえで、契約に書かれている仕事をきちんとこなした
日本だとあまり考えられないかもね。

記事:日本びいきのアリアナに韓国ファンが怒り心頭(レコチャ)

記事:【現場から】アリアナ・グランデはなぜ「ヤマモト・グランデ」になったのか

参照:アリアナ、韓国で契約外の仕事要求され7時間で出国

 

契約違反な私たち

https://twitter.com/ariana_japan/status/897665096339640320

アリアナさん側は「契約」に基づいた仕事を行っている。
契約外はやらないよう、徹底している。

私は契約外でも時折、サービスとしてやっている。
サービスでやるのはいいのだけど、時間がとられてしまい……

「やりたいこと」へ費やす時間が無くなっていく。

すると心が苦しくなり「あれもこれもやらねばならぬ病」に蝕まれ、
ひどくなると、死への希望(自殺)を抱いてしまう。

契約にない例外をやってしまう。
ある意味「自分から」契約違反をしているわけだ。
契約違反をする原因が「人情」という気持ち。

違反しないために、冷たくなって嫌われる覚悟も必要だ。
あっちにもこっちにも「良い顔」をしていると、
自分をどんどん追い詰め、つぶれてしまう。

潰れたとき、助けてくれるかと言ったらそうじゃない。
私もそうだし、一度うつになった義兄に友人もそうだった。

頼まれたからやる仕事もいいけれど、
自分の体や将来を考えたうえで、きちんと決めてほしい。

自分の未来を自分で守るためにも。

 

自分の価値をどう見積もっている?

https://twitter.com/JapanArianator/status/897396711055695872

サービスであれこれやり、契約にない仕事もやってしまう。

結果、体や心が疲れるばかりか、
「やりたいこと」へ費やす時間が減り、
「やらねばならない・やりたくない」ことに集中し……

「人生、こんなはずじゃなかった」絶望を抱く。

他人や環境にも原因があるかもしれないが、一番は「自分の心」にある。

しゃしゃに尋ねる。
今、しゃしゃが怠けている、さぼっている、嫌われている、
他人から良く陰口をたたかれる、やりたいことだけをやっている。

そんな自分に「価値」を抱くかい?

怠けてもさぼっても嫌われても、陰口をたたかれても、
人に大した喜びを与えていなくても、見返りがなくても、
他人の苦労を取り除かなくても(要は仕事をしていない)
1分でもやりたいことをやる自分には価値がある

自信を持って言えるかい?

出典は心屋仁之助さんの本にある「考え方」だ。

記事:心屋仁之助さんのお金に対するありかたにショック

アマゾン:「好きなこと」だけして生きていく。

楽天:もう、がまんしない。 「自分らしく」生きる練習 [ 心屋仁之助 ]

頑張って得る「歩合給」と怠惰でも得る「存在給」にて、
「存在給」を上げるほど豊かになっていく。

・会社の売り上げに貢献していない
・役に立たなくていい
・人を喜ばせる必要もない
・怠惰(アリでなくキリギリス)でかまわない
・人から嫌われても愛されていなくてもかまわない

だって「自分はすでに愛され、価値がある」と、自分で認めているのだから。

詳しい内容は本を読んだ後、実践してみてほしい。
「自分で認める」ところが一番のポイント。

ただ生きているだけでも、
「自分はすでに、目に見えない存在から愛されている」
前提で生きるところが大切だ。

風景

日本には八百万の神様がおはします。
八百万はしゃしゃが見ているPCやスマホ本体をはじめ、
雑草や道路、太陽や空気、酸素に窒素……

有機物はもちろん無機物など、
ありとあらゆるところに「魂(心)」が宿っている。

信じなくてもいいよ。
ただ「あちこちに心を持った神様がいる」わかれば、
ぞんざいな扱いをしなくなるだろうし、感謝だってする。

しゃしゃも「そこらにある雑草の一部」と同じ。
いるだけですでに、「何かしら」にとって役立っている。

 

自分は価値がないと決め込んでいない?

「お前は役立たずで、社会のごみだな」
今も時折、言われる言葉。

その人にとって私は「役立たずなごみ」だけど、
別な人にとって私は「役に立つ道具」だ。

その人に何が何でも愛されなければならない。
「愛されなければならない」思っていないかい?

他人から愛されない→誰も愛してくれない
→自分には価値がない、もう駄目だ(涙

結果、他人が望むように洗脳され、
自ら財産や大切なものを奪われていくだけ。

問われている心は他人でなく「自分を愛する覚悟」だよ。

自分という人間ほど「自分がわかっている(実はわからない)」から、
自分を嫌い、他人に憧れる傾向を抱く。

まず自分自身だ。自分を愛して回りも愛する。
子供がいても、まずは自分だ。

自分を愛し、次に妻や子供を愛する。
妻や子供を愛しているが、自分自身は愛していないだといけない。

 

苦しい状況を創る犯人

https://twitter.com/j_hope_bts_love/status/898514830386020352

本来考えなくていいことに悩んでいる

例えば……私はインターネットから広告収入をいただいている。
広告収入において「毎日、うちのサイトから買ってくれないかなあ」など、
自分自身で決められない領域(神の領域)に悩んでいる場合だ。

神の領域は「難しすぎる」分野だし、自分で統制が取れない。
それよりも「簡単な部分」に焦点を当てたほうがいい。

この場合だと、商品リンクをどんどん置く(記事を書く)。
難しすぎて「神様の領域(自分では決められない部分)」を考えるから、
苦しみがいつまでも続くわけだ。

自分が嫌いでいじめてやりたい

自分が嫌いな人間を誰が応援したいと願うのか?
しゃしゃだって日々いじめてくる奴を応援したいかい?

できれば幸せの絶頂で蹴落としてやりたいでしょ。

同じ現象が「自分自身」にも当てはまる。
自分を愛するには簡単。自分の名前を呼んで「愛している」言えばいい。
毎朝、起きたときに心の中でつぶやくとかね。

言いすぎるとうざくなるから、寝る前や朝起きたときに言えばいい。

 

自分を愛するための契約を

アリアナさんの仕事に対する姿勢から「自分自身の在り方」について述べた。

自分を嫌うと「自分を憎み、不幸になる現実」しか見えない。
自分が好きになったら、たとえ憎まれ、不幸な事実がやってきても、

「ああ、これはチャンス、うれしい、新しい出会いが起きた」
喜びへ変えてしまうよ。

しゃしゃはどうだろう、口に出して言えるだろうか。

「○○(しゃしゃの名前)、いつもありがとう、愛しているよ」と。
述べた後、心がジーンと来たら「内なる心」が喜んでいる証拠だ。

記事:内なる子供:インナーチャイルドを初めて知った

他人から拒否されようと自分には価値がある。
だからこそ、むやみやたらに他人を罵倒する行為はやめよう。

自分から「愛されない行為」をして「余計な敵を作り」、
自分の足を引っ張るほど、無駄な生き方はないからね。

とはいえ、自分の名誉に関する場合は戦おう。
(人生って微妙なさじ加減が難しい)

 

おまけ:ラジオ体操カード

ラジオ体操

インスタグラムでイラストを中心に撮影しています。
おっさんになって、まさかラジオ体操カードをもらうとは。

おまけにラジオ体操最終日(北海道は17日から学校)、
お菓子(チップスター)をいただいたのです。

ラジオ体操は子供より老人が多い。にっこにこやっていましたね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket