おはよう、しゃしゃ。
ふっとツイッタートレンドを見ていた。

サンデーモーニングという朝のワイドショー場組で、
上記ツイートを見たとき、思ったよ。

「若者の視野が狭い? そうなの?」と。
どうやったら視野が狭くなるの?

 

安倍政権を支持→視野が狭い

サンデーモーニングでは安倍総理を支持する若者に対し、
「視野が狭いから、目の前だけを見て判断する」述べていた。

若者の中には「現在」しか見ない人もいる。
けれど、過去や未来を見渡して動く人だっている。

若者といってもいろんな人がいるわけだ。
いろんな人に対し「若者はこういう考えしかいない」
枠に当てはめて考える行為こそ、視野が狭い。

 

安倍政権が支持される事情って?

1 経済政策が少しずつ成果を出している
2 外交対策をきちんと行っている
3 マスコミが甘やかす「一部の野党」に怒り

一部の野党代表「民進党」は、加計学園騒動から、
特区廃止法案(岩盤規制を推進)に加え、
メモ帳(落書き)を行政文書として扱う法案を国会に提出した。
(野党3党-民進党、共産党、社会党、自由党-も加わる)

どう考えても呪いとして跳ね返ってきそうなのに、
「今やるべきこと」しか見ていないためか、
私から見ると、社会がより悪い法案を通そうとしている。

「それを入れたら、少し先の展開はどうなりそうか?」

国民はデメリットよりもメリットにつながる方を選ぶ。
デメリットが強いものばかり入れると、
「こいつらは信用できない、怖いわあ」思い、離れていく。

簡単だけど、当事者からすると難しいのだろうね。

 

年を取ると視野が広くなるの?

確かに広くなるが、限界・挫折に出会ったとき、
「今のレベルじゃだめだ、もう一度鍛え直さないと」
初めから戻る覚悟を抱くと、視野が広がるよ。

「なんとしてでもこのやり方、こうじゃないとダメなんだ」
「これ以外は許せない、そんなものは初めからない!」
こだわりすぎると、同じ個所しか見ない。

要は自分が築いたものを壊したうえで、
新しく情報・生き方をまとめないと、幅広い視野を持てないよ。

 

おまけ:夜の雷は怖い

雷の音

昨日夜、雷が鳴った。
昼と違って夜の雷は睡眠の邪魔でしかないうえ、
光をパッと見ると交感神経が昂り、眠れなくなる。

自分は雷の音がおどろおどろしいうえ、
心臓に悪い刺激を与えるので嫌いだ。

記事:雷の音で胃が痛くなり。防音対策をとった

雷の音対策を通し、終始ハードロックを聞いていた。
加えてラジコでラジオを聞いていたが、
家から近くに落ちた雷音は、震えてしまった。

本当、勘弁してほしい。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket