Pocket

パラオにて | SH-2 [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=55815860

※ パラオにて | SH-2 [pixiv]

おはよう、しゃしゃ。
パラオがエルニーニョ現象による水不足に陥り、
日本と台湾に助けを求めている。

日本はJicaがすぐ緊急支援を行った。
注目すべき部分として、「日本と台湾」に向かって水の支援をお願いした事実だ。

 

名指しされるうれしさ

もしパラオが反日だとしたら、「はあ、ふざけんな」思う人が多かっただろう。

しかしパラオは日本の悪口を言わず、
「日本を誇りに思ってくれる国」の一つだった。

日本に対して「敵意」を持つか「敬意」を持つか。二つの心は大きく違う。 
仮に韓国が日本に対し、敬意を持っていたら旅行数減少に悩まなかっただろう。

一方、パラオは日本に敬意を持っている。
「こんなことをしていただきありがとう」

言葉で堂々と感謝されると、相手に敵対心を持つ確率は大きく減っていく。

パラオ

※ パラオが反日なら、シーレーンはさらに不利な状況へ追い込まれただろう

しゃしゃがこの記事を読む場合、
「日本」の部分を「しゃしゃの名前」に置き換えてみよう。

自分を罵倒する人間と敬意を持ってくれる人間。
どちらかといえばどちらとお付き合いしたい?

 

愛と敬意

どうやったら敬意を持たれるか?
思った場合、「愛」について勉強をしなければならぬ。
とはいえ、愛がまた厄介なんだよね。

「愛する」ためなら「暴力」も平気で行える。歪んだほうに考えてしまいがちだ。

敬意という行為はどのようにすれば生まれるのか?
パラオの親日歴史をヒントにみていきたい。

 

パラオと侵略と日本

第一次大戦前まで、
パラオは白人(ドイツやフランス)によって収められていた。
白人国家は自国経済を伸ばす行為に力を注いでいたが、
現地(住民パラオ国民)に無関心だった。

その後、日本が第二次大戦終結後まで統治を収めた。
日本も白人国家と同じように、経済政策を行った。
しかし、日本はパラオの国民に対してインフラを整えた。

インフラは水など環境施設の確保・学校や病院の建設だ。
人口も3万人ほど増えた。

そのあと米国は反日教育を行いながら、パラオの国民をぞんざいに扱ってしまった。

参照:パラオが親日な理由

 

日本の考えと白人国家の考え

白人国家は「自国の経済」のみに焦点を絞り、「現地住民」をないがしろに扱った。

しかし日本は「現地住民」を大切に扱った。言葉で書けば非常に簡単だ。

だが白人国家には「簡単な行為」ができなかった。
現地の住民を「道具」として見るか「人間」として見るか?

考え方ひとつで、行動も変わってくる。
しゃしゃも今いる環境が辛ければ、考え方を変えてみるといい。

例えば勉強が「受験合格に必要な手段」と考えているなら、
「話のネタを広げる手段」と、考えを変えてみよう。

すると勉強における目的・行動が変わってくる。
話のネタを広げるために、いろんな内容を知るのだ。

パラオにおいて、日本は考え方が違った。
だから現地住民に対する扱いもほかの国と違っていた。

ほとんど差別をしなかった日本の先祖に感謝する。

 

パラオにおける一つの恩返し

パラオに何か恩返しができないかなあ……募金をしてあげたいけれどなあ。
思ったら、募金もいいんだけど、それ以上に旅行していただくと、現地も喜ぶよ。

旅行していただくと、現地にきっちりお金が落ちるからね。
パラオに何かできないかを考えるなら、旅行を検討してみよう。

調べておくと、航空機は往復で33000円ほど
(もちろん、日程によって金額に差は出るよ)

ホテルは1泊だと7000円ほど。
何泊するかで金額は変わるから、下記サイトから調べておこう。

飛行機を探す:スカイマーク

ホテルを探す:ホテル予約ならHotels.com

上記サイトを元に、パラオ旅行計画を立てておこう。
天皇は去年4月8、9日にパラオにお越しいただいた。今年はどうなんだろう。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket