アクセス数

月末ですね。
アクセス解析を通して他から私サイトに訪れた方を見たら、
参照サイトから来ている人が数人いるのです。

「あれ、私のサイトを載せてくれたのかしら?」

 

ピンバックとトラックバック

参照サイト

私は次の記事を書きました。

小島秀夫氏のコナミ退社(長期休暇)を通して…

この中で、私の考えを補足してくれると思い、
以下のサイトを参照サイトとして載せております。
(上記画像のようにやっています)

コナミのゲーム離れが深刻化。

すると、私の記事が「ピンバック」という形で載っているのです。
私はこの記事にコメントを書いていません。
しかし、ピンバックという形で私のサイトが載っている。

このサイト以外にも、私のブログ記事で「お、これは役に立つ」
と思ったサイトを引用や参照という形で載せています。
その中の数種類がピンバックという形で載っているのです。

ピンバック例

ピンバックってなんぞや?
ということで調べてみたところ、

本文中に記載された内容と引用して載せたURLに関連性があるとき、
記載リンクを自動的に表示すること

条件として、自分が書く記事と相手が書いている記事に、
きちんとした関連性がある
ことが条件であり、
それ以外は単なるスパム扱いになるとのこと。

ピンバックはワードプレスで運営しているブログのみで、
他のブログに参照記事を載せた場合、
トラックバックをやればよいとのこと。

コメントでもいいんだけど、
ブログの中にはいろんな思想があって、
下手にコメントすると変なものが返ってきそうですからね……

参照:トラックバックとピンバックの仕組みと違い

 

何が上位になるかわからない

アクセス解析

私は基本、ブログを書く前にネタを見つけます。
見つけるというか「事件を分解して、教訓を伝えてあげたい」
余計なお世話とも受け取れる考えで、
事件を細かく分解し(まるで受験勉強)、現状を見ていく。

記事を書いた後にキーワードを調べています。
アクセス解析、キーワードプランナー、
ウェブマスターツールの検索アナリティクス。
これらを使うことで、人気のキーワードがわかります。

すると、どんな記事をもう少し掘り下げて書けばよいか?
わかってくると思うのです。

例えば私のブログで人気キーワードとなっている、
「エリザベス女王 手袋」

キーワードを満たした記事

初めからキーワードを意識して書いたわけではありません。
元はこちらの記事を書いていました。

テレビラジオ新聞ネットが「中国(特に習近平)」ばかり報道

こちらの記事を書いているとき、上記キーワードがちらほら見えたため、
一つのテーマとして書いた。

アクセスを増やすだけなら、常にキーワードを見張っておく。
でも、どのキーワードが上がるかなんてよくわかりません。
だから、色々な情報や面白いことを体験し、
そこで「気づいたこと」を書いていけばよいかと考えました。

 

終わりに

10月中の記事を通してわかったことをまとめていきました。
11月に向けてもいろいろやることがあり、楽しいです。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket