落合博満氏の丸坊主に仰天した件から見る記憶の新旧落差現象

おはよう、しゃしゃ。
ツイッタートレンドに落合博満元監督の名前があった。

落合さんといえば息子の福嗣さんが声優をやっているよ。

落合監督の姿を見たら……丸坊主で大変驚いた。

彼を追いかけている人から見れば「そんなのすでに知っているわ」
思うだろうけれど、私は知らなかったのでいろいろ調べてみたんだ。

 

落合博満はいきなり丸坊主になったのではない

落合博満氏の髪の毛を見ると、1ミリほど髪の毛があり、
作家百田尚樹さんのような「完全な」丸坊主ではない。

画像検索で調べると、大変便利なものだ。
若いころの落合博満選手が写っているではないか。

若いころの落合博満選手はふさふさな髪の毛だった。

私の記憶にある落合元選手は巨人にいた時代までであり、
中日の監督では彼の名を聞いたのだけど、顔は確認していない。

だから私の心における落合監督は「巨人時代」で止まっている。

和解ふくし

いろいろ調べると、2007年に落合氏は丸坊主になっていた。
当時の記事があった。福嗣さんの若いころの写真もある。
福嗣さんは1987年生まれであり、2007年だと20歳なのね。

福嗣さん、柔道選手のような素朴な顔つきをしている。
今の彼を見ると、顎髭を生やし、ワイルドになったなあ。

話を落合博満氏へ戻す。

2007年時の坊主は当時、中日二連覇を果たせず、
懺悔と自戒の意味を込めて、自ら髪を切った。

2007年時の丸坊主はまだきちんと髪の毛があった。
あるというか、時間がたてば生えてくるというか。

なおこの年は日本一を果たした。すごいや。

知恵袋を見ると、このあたりから落合監督の髪の毛を心配する声があり、
激しい重圧とストレスが原因じゃないか?」考察していたた。

参照+画像元:落合監督が坊主頭になった!

参照:落合博満が監督復帰?現在の年収は?嫌われる理由についても

 

落合博満氏が顔面神経まひを患っていた

落合博満氏は2012年に突如倒れ、救急車で搬送された。
顔面神経まひに侵され、自分で表情を創りにくくなる。

原因は過労やストレスなんだと。
落合氏は2011年に日本シリーズソフトバンクへ敗れ、引退した。

監督から日刊スポーツ評論家、あまり野球解説者となった。
新しい仕事による重圧なのか、

参照:落合博満が〝顔面まひ〟隠さず語った「闘病2週間」

 

落合博満氏の丸坊主に驚いた理由

落合博満氏を軽く振り返った。
2007年で初めて丸坊主になり、そのあとも坊主になっていたらしい。

彼は野球選手として帽子・ヘルメットをかぶっていた。

私が見ている落合選手選手として帽子をかぶっている彼であり、
帽子やヘルメットを脱いだ彼ではない。

そう、私は彼が帽子を脱いだ姿を知らない。

しゃしゃはどうだろう?

ほかの野球選手も同じだ。

例えば「大谷翔平」と私が書いたら、
しゃしゃは大谷翔平さんの顔や姿を思い浮かべるだろうか?

ファンなら即座に思い浮かべるだろう。
野球に大した詳しくもなく、ニュースもあまり見ない人は、
「大谷翔平」の名前を聞いても、すぐ思い浮かべられないと思う。

わからないからグーグルなどで調べて、
「あ、大谷翔平ってメジャーリーガーなんだ」わかる。

※2018年11月30日時点:MLBのエンゼルス所属
大谷翔平選手のファンには申し訳ない。

私は大谷翔平選手に大した興味を持っていないので、
「大谷はすごい!」情報を聞いても、
彼のプロフィールや顔など、よくわかっておらぬ。

この現象、考察したら面白いのではないか?

 

類似現象:野茂英雄元投手の激太り

もう一人私が衝撃を受けた投手がいる。
元メジャーリーガーの先駆者である野茂英雄投手だ。

彼の姿を久しぶりにツイッターやニュースで見たところ、
おなかが出ていて大変驚いた。

野球選手を辞めたらこうなるのだろうか。いや、違う、落合博満さんはスリムな体だ。生活習慣を間違えたのだろうか?

彼が太った理由は野球時代の食生活や、
「実は太っておらず、筋肉の塊である」指摘する人がいる。

私が知っている野茂英雄投手はメジャーリーグ時代で、
少し太っていたかもしれないけれど、おなかは出ていなかったよ。

参照:現在の野茂英雄が太った本当の原因はこれ!

 

人間の記憶に残る「古い情報」

落合博満氏は巨人までしか知らない。
彼は帽子をかぶっていたので、落合元選手の髪の毛をきちんと見ていない。

また野茂英雄投手はメジャーリーグ時代までしか知らぬ。

私の中には「古い情報」に満たされていたわけだ。
先ほど「現在の姿」を見た。

すると「今 – 古い」落合博満や野茂英雄という数式が脳内にうまれ
今引く古いの差が大きいほど衝撃を受ける。

差は人それぞれであり、
落合博満氏らの動向を知っている人なら落差は小さい。

衝撃もあまりないから、私の記事を読んだ際、
「何を言っているんだ、けんちゃんは」思うだろう。

私は落差が大きい。だから気になる。
「落合博満氏の髪の毛に何があったのか」と。

私は「落差」に焦点を当てた。
落差は感情を揺さぶる視点でとても大切じゃないか?

ただし落差は平等でなく人それぞれ違う。
野茂英雄も落合博満も「最近の動向」を追いかけている人が見れば、
「何を驚くことがあろうか?感想を抱く。

私のように普段から彼らの動向を知らぬ人間にとって、
「な、何があたんだよ」衝撃を受けるよ。

記憶の差を分析したら、いろんな方面で使えるかもしれぬ。

 

脱線:落合福嗣さんの演技がいい

小関部長

画像元:TVアニメ「火ノ丸相撲」 第八番「覆水盆に返らず」

別の衝撃として、やっぱり福嗣さんの演技だ。
声優として彼の名を知ったのが、ファミスタのCMだ。

いくつかのアニメがあって、火の丸相撲の小関部長と来た。
部長は優しいように見えて、チームのためなら潮よりも、
簡単に鬼になれる「怖い人」と見ている。

落合さんは来期アニメでグラゼニの主人公を演じるけれど、
生き残るためにあれこれ必死に挑む姿は本当、
ハマり役じゃないかと、自分は思っている。

なお彼と鮫島を高為替たらどうなるか、見てみたかったよ。

コれからもが鳴ってくれ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。