初めてアフィリエイトを行うシングルファーザーに伝えた言葉

おはよう、しゃしゃ。
昨日、別の仕事でお世話になった男性から電話がかかってきた。

彼は先日に円満離婚して、子供を育てるためにお金が必要という。
彼は今、派遣として働いているが、将来は独立したいと願っている。

彼と私は共感するところがいくつかあり、
私と同じクリエイター気質なのだ。

彼が私に述べた。

早く儲けるために何をしたらいいのか?

私はこう述べた。

 

お客様の視点(出題者の視点)に立ってみて

弱み

早く儲けるためにはテクニックやノウハウが必要……
昔は思っていたけれど、今は全く違う。

早く儲けるためには「お客様としての自分」を知らねばならぬ。

  • 自分がお客様なら、今何を強く求めているか?
  • 私に電話を掛けた知人も「彼が今、強く欲しているもの」が何か?

「早く儲けるために必要な具体的戦略」を求めていた。
だから私は早く儲けるためには「儲けの基本」を伝えた。

商売の基本は「欲する価値を交換したい」だ。

需要は「ほしい→手に入った」であり、
供給は「与えたい→喜んでもらえた」だ

私をはじめ、供給側は「需要側」の視点を外して、
ただひたすら与えていく。

「不足している人」に欲するものを与えるのでなく、
「満腹な人」に欲するものを与えてしまう。

結果「いらないからそれ」断られ、儲からなくて悩む。

なぜ不足している人に欲するものを与えられないか?
自分が不足している人へ目を向けていないからだ。

不足している人を見抜くために、
「自分がお客様だったら、どんな時に欲するか?」を考える。

後は徹底して自分をリサーチしていく。

  • いつ、どんな時、何があって強く欲しているのか?
  • どんなものを具体的に欲しているのか?

この時役立つのが、受験勉強だ。

 

勉強に必要な「出題者の視点」

書き込み1

受験勉強は与えられた問題に対し、答えていく作業だ。
ドラゴン桜でも述べている、重要な言葉がある。

試験は人間が作ったものであり、
試験内容を通して、出題者と回答者がコミュニケーションを図る。

出題者は回答者へ問いかけている。
「この文章や問題、キーワードが何を意味しているか読み取れるかな?」

だから回答者は出題者の悩みに答えていくわけだ。

受験勉強は単なる穴埋めや記述、計算ではなく、
出題者の狙いをきちんと受け取り、答えていかねばならぬ。

出題者の狙いを読み取る行為が仕事全般に応用できる。

反対に勉強をするなら「出題者が何を求めているか?」と、
回答作成者の考えを意識して解いていかないと、
社会に出ても学ぶ内容が役に立たない。

出題者の狙いに気づくにはただ一言、
「なぜ出題者はこんな問題を出したのか?」
紙に向かって尋ねればいいだけ。

最初のうちからやるより、科目になれてきてからやるべき。

社会に出ると出題者はお客様になる。
だからこそ、今のうちから鍛えておけば商売心が育つわけ。

なお出題者の狙いをつかむ勉強は現代文が一番いい。
今からやってみたいなと思ったらぜひこちらを読んでほしい。

 

教養(仕事に関係ない)の勉強をしておきなさい

クリエイター気質のクライアントに対し、
「教養をやりなさい。仕事に関係ない科目を一つ選び、
どんどん勉強して知識をつけなさい」
と述べた。

なぜ「仕事に関係ない」勉強が必要なのか?

教養とはマニアックな分野への追求であり、
マニアックな悩みがわかれば、膨大なお金を動かせるからだ。

簡単な例として、万年筆がある。

万年筆に関する勉強(基礎知識や実践)を行うと、
質の良い/あまり良くない万年筆の違いがわかる。

文具屋に行けば100円から10000円で販売している。
100円均一と1万円以上かかる万年筆。違いは何か?

万年筆の勉強をする人はわかるけれど、
していない人はわからないし、そもそも興味すら抱かない。

万年筆が10万円、100万円という値段に驚くだけであり、
「ただ筆記目的の万年筆に、お金を払うのバカらしい」考える。

高額万年筆を持っている人は違う。
「筆記目的だけが万年筆の凄さではない」のであり、
かなりマニアックな凄さが高額万年筆に詰まっている。

マニアックな凄さを理解しつつ、
「マニアックな悩み」がわかれば、商売へつながる。

マニアックな分野への理解と悩みを知るために、
「仕事と関係ない教養」を持つべきだ。

なお教養の面白さはこちらで強く語っている。
中谷彰宏さんが語る教養の凄さを読み、ぜひ震えてほしい。

 

仕事は「長期戦」であり「やり直し」可能

質問

仕事は短期決戦でなく長期戦だ。
現時点で儲からなくても、あれこれ改良したら儲かる場合が多い。

具体例として私の過去記事を一つ出したい。

こちらに乗っているアフィリエイトリンク。
最初に記事を書いたときは誰も踏まなかった。

1週間後をめどに少しずつ文章を改良し、
ライバルチェックやリサーチ、新たな知識を記事に書いた結果

少しずつだけど、上記記事から購入していただけるようになった。

上記の本は書店でも販売している。

なお、アクセス解析のデータなどをさらした情報サイト、
「めがうら」ではもっと詳しく語っているよ。

仕事は長期戦だ。

その時点で負けても、数日後から数か月後に勝利すればいい。
と思ったら、さらに数か月後は負ける未来もある。

なので、仕事は長期戦と思い、その日できることをやる。
そしたら1週間後、1か月ごと期間を設けて改めてやる。

勉強で言う復習をする。
復習は単に同じ作業の繰り返しでも暗記の確認でもない。

問題はもちろん、答えもわかっている。解説も暗記している。

なぜ解説の通りになるか、自分の言葉で証明かつ説明できるか?
一つの問題(行動)にたいし、どこまで全体像をつかんでいるか?

アフィリエイトをはじめ、すべての仕事は一度の戦いで決まらぬ。
何度も戦いながら、少しずつ勝利を得ていくのが仕事だ。

記事を一度書いたから「放置」ではなく、時間を経て編集してみよう。
私がお世話になっている尾崎君も述べている。

「メンテナンスが勝敗(売上)を分ける」

いろいろ発見できると思うよ。

私がしゃしゃへ伝えるアドバイスは一つ。

お客様として周りを見てみなさい

なお、お世話になっている尾崎君の凄さはこちら。

リンク:ニートから月収〇〇〇万円へ

 

アフィリエイトで儲けるなら

アフィリエイトで儲けたいが、何をしたらいいかわからん。
そういう時は自分でいろいろ調べる方法もありだし、
教材を購入して、その通りにやって試行錯誤をこなすのもよし。

ツイッターでアフィリエイトに関して述べている人はもちろん、
ブログでも儲け方について触れている人はたくさんいる。

うちも儲け方のコツを「この記事」で述べているからね。

アフィリエイトをはじめ、仕事や創作全般にわたり、
表に出ている部分がすべてではない。

むしろ表に出てこない「戦略」や「考え方」こそ、
一番大切な部分であり、大きな差を分ける部分でもある。

初めてやるならこういった教材もあるので、ぜひ読んでみてほしい。

 

日記:Mが世界を救う
謎の女

インスタグラムにてイラストをあげています。
テーマは透ける。夏の暑さによって透けるものを考えたら、
こんなイラストができ上りました。

現在、Mが世界を救うという心の処方箋なるものを、
noteにて発表しようとたくらんでいます。

今の時代、キャッシュポイントを簡単に作れるのがいい。
引っ掛けも中にはあるし、中身の大半は大した記述ではない。

お金を払って読む記事は読後、「行動」を伴うものが多い。

私だけかもしれぬが、行動するなら「有料情報」に接するといい。
インスタグラムも仮想通貨も新しいビジネスも、
「有料情報」に触れて行動した結果だ。

有料情報の内容が大したものでなくても、
「行動」に駆り立てる大きな理由はあります。

僕に対して「簡単に儲かる方法はないか?」
尋ねてきた知人はコンサルタント料金をいただいております。

だから彼は行動します。
お金は出せば、隙間を埋めようと行動で何かをするものです。

こういう考えはこちらの本が影響を与えていると思っています。
不思議なものだよねえ。

すっからかんな状態を体験し、やばいと思っていた事実が実は、
「やばくもなんともなかった」体で理解できた時、
お金の流れが「なぜか」変わりました。

上記本はその一歩。ぜひ読んでみてください。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。