一部の代表が行う朝鮮飲みはどの目上に配慮した作法なの?

おはよう、しゃしゃ。
今日の虎ノ門ニュースで「朝鮮飲み」が取り上げられていた。

朝鮮飲みをはじめ、朝鮮式おじぎを議員や一般人がしようがしまいが、
私は作法の一つであり、問題ないと思っている

立憲民主党の枝野幸男代表が朝鮮飲みをして、
百田尚樹さんが「目上の人に配慮した」飲料作法と述べたとき、
一つの興味がわいたんだ。

リーダーである枝野代表は誰に配慮したのだろうと。

 

朝鮮飲みは"誰"に配慮しているの?

朝鮮飲みは「目上の人に配慮した」飲料作法なんだと。
社員が朝鮮飲みをすれば「上司や社長」に配慮したと分かる。

初めて朝鮮飲みを知ったきっかけが美味しんぼだ。

ここで立憲民主党、枝野幸男代表が朝鮮飲みを行い、
一部のネットでは話題になった。

彼は立憲民主党のリーダーだ。
「意識して」朝鮮飲みを行ったとすれば、
「彼より目上の人」って誰なのだろう?

するとフォロワーが上記の答えを返してくれた。
なるほど、彼らにとっての目上は「労働団体」だったかと。

 

日本の労連脱退騒動

労働団体関連で労連の脱退がニュースになったが、
あまり大きく話題にならなかったよ。

  • 連合は立憲民主党系支持
  • 労連は共産党系

財政上の理由から抜けたのであり、
連合の姿勢が嫌で抜けたわけではない
のだとさ。

連合や労連はアベノミクスには反対の立場をとっており、
労働者のためにきちんとした活動をするよりも、
政治的な主張に重心をおいている側面が強い。

何より韓国パクネ将軍時に労連がわざわざ韓国へ出向き、
将軍の退陣運動に参加をしていたのだから驚きだ。

なお、労連の仕事については知恵袋に面白い答えがあった。
元労連にいた人がなぜやめたのかは参考になるよ。

参照:労連とはどのような機関なんですか?

 

日本飲みのやり方って?

総理の飲み方

朝鮮飲みは一部で話題になっているのだけど、
「だったら日本の礼儀作法として、日本飲みは何?」

学校で教わった経験はもちろん、
社会に出て飲み方の作法をしゃしゃは習っただろうか?

調べたところ、日本飲みはグラスで飲む姿を隠すのでなく、
容器の底部に手を置いて、堂々と飲むのだそうだ。

ちなみに参照サイトにある国会議員の飲料作法を見ると、
安倍総理が正面からごくごく飲んでいる。

朝鮮飲みは日本の国会銀にとって必須作法ではない

参照+画像元:日本の文化にはない「朝鮮飲み」をする人たち

 

朝鮮飲みと日本飲みを実際にやった結果

私も昼食時、朝鮮飲みと普通に飲むやり方をやった。

朝鮮飲みは「恥ずかしさを隠す」ための印象があり、
日本飲みは「恥ずかしさも出す」感じがしたよ。

水やお酒を飲む際、飲む姿を堂々とさらしたら、
「あいつ、汚い飲み方をしているなあ」と、
細かいことを気にする奴から指摘を受ける。

すると「ああ、恥をかいてしまった」感じる。
だから人前で「飲む姿」を見せないように働く。

自分の役職や立場を守るための飲料作法かなと考えたよ。

 

朝鮮飲みはどこで学ぶの?

水を飲む男の子

朝鮮飲みで画像検索すると、民主党系議員による特殊な飲料作法が多く、
他には小林よしのりさんや小池百合子さんといった方が見られる。
他に羽生結弦さんの指摘もあったよ。

なお韓国では元大統領のパククネさんはやっていない。
普通に安倍総理や上記画像と同じく、ごくごく飲んでいる。

韓国のマナーにも朝鮮飲みという作法はないらしい。
一方で「いや、民族系の集まりでああいう飲み方をしたよ」声もあり、
習っていない人もいれば、教えてもらった人もいるのだとか。

朝鮮飲みを具体的に指導する講座はあるのだろうか?

主に民主党系の議員が特殊な作法で飲むのを見ると、
誰かがマナーとして教えたとしか考えられぬ。

そこで民主党……でなく自民党のマナー講座を調べたところ、
中央政治大学院というサイトに引っかかった。

また、日本マナープロトコール協会というサイトにもあたった。
講師が自民党議員に対してマナーを教えているという。

サイト:自由民主党中央政治大学院

サイト:マナープロトコール協会

民主党系にも違う分野からマナー講師を招いて、
色々な作法を学んでいるのではないだろうか?

他には先輩の行動を見よう見まねで学ぶうち、
自然と日本にはない作法をつけるようになった。

テレビとかで朝鮮飲みが「いいなあ」思った人が自然とまねる

このくらいしか思い浮かばないなあ。

今回の指摘をした百田尚樹さんは日本史を出す。
虎ノ門ニュースを聞いていると面白いなあと思った。

彼の本は意外性が多い。ぜひこちらを読んでほしい。

 

パククネさんがやらなかった理由の考察が面白い

記事を更新してツイッターで最新情報を載せたのち、
フォロワーから次の意見をもらい、納得したよ。

トップだからこそ「あえてやらない」のかと。
考えもしなかったわw

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。