小説における感情類語辞典が出て、手に取ろうか迷っている

おはよう、しゃしゃ。小説を書いていると、感情の出し方に迷うことってない?
例えばある人が可愛い子供を見て微笑んだとする。

その時「微笑んだ」という言葉しか知らないと、
他の表現が思いつかず、仕方なく「微笑んだ」で済ませる。でも自分自身は納得しない。

微笑んだ以外の言葉を使いたいのに、単語や表現を知らないから使えない。
表現の出し方に困っているとき、感情類語辞典という本が出たよ。

 

初めは定型句

プレゼント
※ 【クリスマス絵】初めてのクリスマスプレゼント… | えびとろあなご蒸し [pixiv]

物語の構成を考えたらいよいよ小説を書く。執筆中、感情は定型句でいい。

例:今日はクリスマス。子供がサンタクロースからプレゼントをもらった。
それで子供が喜んでいる状態を見て、私は微笑んだ。

本当は「私は微笑んだ」という言葉を使いたくないけれど、
とりあえず置いておく。大切なことはプロットを形にすることだ。中身をまずは書いてしまう。

書いた後、数週間原稿を寝かせる。私は1週間ほど寝かせ、再びプロットを書き直す。
もちろん自分が書いた原稿を元にしながら書き直していくんだ。

書き直す際、「なぜこんな感情を抱いたの?」
「ストーリー上、欠かせない場所や表現は?」
「もしこいつが○○なら……」色々思い浮かべながら書いていく。

原稿用紙を見てプロットをはじめから書き直す。
(受験向けの勉強をしているときに、どうやったらより深く学べるか?
考えた結果、推敲と再構成を何度も行っている)

再構成を終えたらまた初めから書き直す。今度は描写も具体的、あるいは削って整える。

例:クリスマスの朝、サンタクロースからプレゼントをもらった私の子。
喜んでいる。私は彼の頭をなでた。

「微笑んだ」を削り、「彼(子供)の頭をなでた」書き直した。
書いたらまた寝かせ……を繰り返し、徐々に自分が出したい表現が出てくるだろう。

 

類語辞典は必要か判断できない

必要だと思わないなら取らなくていい。
必要だけど、活用できなかったらどうしよう……。

思った場合、まずは小説を書き上げていこう。
書き上げて数日寝かせ、編集する際にもう一度見直すよね。
その時、類語辞典をそばにおいて調べるんだ。

例えば「私はあの子に恋をした」という表現について、
「愛情」という部分を読み、ほかの表現を見る。

読むだけじゃなく、なるべく声に出していくとよい。
自分が書いた文章を音読しつつ、類語辞典にある「愛情」などを音読する。

「こっちの表現がより適切かも」思ったら変更していく。

感情表現の幅が増えるし、言葉の使い方も敏感になっていく。
すると身近な出来事や自分が思うことですら、何かしらの言葉で表現するようになるだろう。

 

文章に書いていない「感情」を読み取る

ただ、類語辞典はやたら使っていいものじゃない。使いどころはきちんと考えよう。
基本、表現のほとんどは「誰かの気持ち」を代弁したものだ。

風景描写や人間の行動には必ず何かしらの気持ちが働いている。
働いているけれど文章に書いていない。

例:敵が目の前に迫っている。私は銃を手に取った。

このとき「銃を手に取った」理由は敵が目の前に迫っているからだ。
じゃあ銃を手に取ったときの気持ちは何だろう?
文章には書いていないけれど、気持ちを考えてあげると、
表現手法がより豊富になると考えているよ。

 

感情類語辞典を扱うならこちら

アマゾンで扱っているよ。
一度小説を書いてから購入して読んだほうがいいだろう。

書く前から辞典を使うより書いた後に演出を考えるうえで
使うといいと私は考えているよ。

アマゾンで今すぐ読むなら:感情類語辞典

 

性格-ポジ・ネガ編-

フィルムアート社からは感情のほかに「性格」も出ている。

性格も調べると、より深みを増した人を描けるだろう。
世の中、自分が思うような人もいれば、
「こんな奴が」いるとは……がいるからね。

アマゾンから:性格類語辞典 ポジティブ編

アマゾンから:性格類語辞典 ネガティブ編

性格もパラパラ読みつつ、一度キャラクターを描いた後、
スパイスを加えてみるか。という気分で入れてみるといいだろう。

他に場面設定類語辞典も出ている。

記事:場面設定類語辞典を使って、小説・画力を上げたい

使い方や場面設定を小説に入れるヒントを詳しく語っている。
合わせて読んでほしいな。

記事:物語の法則を読んで、小説リライトのコツがわかってきた

こちらは実際に映画の脚本を分析・時には書いている人が、
「どういう基準で脚本を直していけばいいか」に焦点を当てている。

小説と脚本は同じではないけれど似ている。
「どういう演出を盛り込んでいるのか?」

参考として読んでみるといいよ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。