手足のしびれや転倒から家庭崩壊やDVをもたらすパーキンソン病

ども、しゃしゃ。まずは下記の動画を見てほしい。
記事を作るきっかけとなった症状だ。

 

ヒラリークリントン氏の病気

ヒラリー・クリントンがNYの追悼式典にて、突如ふらついて倒れた。

上記画動画による「首のぐらつき」にて、
パーキンソン病に見られる症状でないか?
考察する人を見かけたよ。

ヒラリーさんの記事について、下記でも書いている。

記事:ヒラリー・クリントンさんが病気で倒れた場合、後継者は誰

しゃしゃ本人、あるいは身近で大切な人が、
パーキンソンにかかっていたら、どうしたらよいのか。

 

原因と病院とリハビリと

パーキンソン病は神経がまともに働かない症状だ。
手足の震えに始まり、転倒や首の不必要な動きを呼ぶ。

神経に関する物質、ドーパミンが不足して働きが鈍るよ。
死ぬまで付き合う症状のせいか、
人によってはストレスに耐え切れず、イラつきを生み
DVや八つ当たりを繰り返す人、うつに向かう人もいる。

パーキンソン病のリハビリとして、神経の動きを活発にさせること。

その一つとして積極的に運動し、神経に働かせる。
運動は散歩からストレッチを行う。
できるなら「普段は使わないであろう筋肉
を意識して、伸縮するように努めてみよう。

参照:パーキンソン病のリハビリ

参照:治療法の一つに手術

実例(知恵袋):私の実父はパーキンソン病を患い二年程

 

よりパーキンソンを知る

パーキンソン病についてもっと深く知り、
少しでも症状が緩和するようにしていきたい。

思っているなら「パーキンソン病がもたらすパターン」
を知らねばならない。理解すれば、対策もとれる。

そこでパーキンソン病を最も熱心に取り上げる病院、
順天堂大学脳神経科にて様々な体験(成功や失敗他)
から得た実例を一冊の本にまとめているよ。

深く理解できなかった際、パーキンソンによる症状の一つから、
他への病気や心の病にかかり、
しゃしゃを含む、家族全体の運気も落としかねない。

少しでもパーキンソン病にさいなまれたくない。
考えているなら、きちんと読んでおこう。

本:順天堂大学が教えるパーキンソン病の自宅療法 (パーキンソン病の日本一の名診療所)

教材:薬に頼らない、パーキンソン病ケアプログラム

 

ドーパミンを補うムクナ豆

パーキンソン病をもたらす要因の一つが、
神経物質ドーパミンの不足だ。

ドーパミンが不足すると、手足のしびれだけでなく、
一晩中「ぼーっ」とした状態で熟睡もできない

常に神経をとがらせて、周りの声はもちろん、
ちょっとした気圧の違いにもびくつく。

本当はすぐ医者に頼るべきだけど、
気持ちが邪魔をして、病院に行くのが嫌だ、恥ずかしい。

第一、手足のしびれはずっと続くわけでないので、
病院で見てもらうべき事柄なのかすらわからない。

どうしたらいいのだろう……思っているなら、ムクナ豆があるよ。

ドーパミンや鉄分を補って、震えや集中力の乱れを防ぐ。
ムクナ豆に関するQ&Aサイトによれば、
摂取すれば一定時間は効果があるんだね。

続けなければドーパミンが不足し、しびれなどの症状をもたらす。
公式サイトに「ムクナ豆を使った食べ方」や
「お届け・お支払い」
について書いているよ。

少しでもしびれや転び、首の不気味な動きなど、
自分の意思と勝手に動く体を抑えたいと考えているなら、
今すぐ食べ続けてみよう。

注文

注文方法は選ぶものを見つけたら数量を選択し、
レジへ進むをクリックし、名前や住所他を入力してね。

パーキンソンに効く豆:ムクナ豆(八升豆)専門通販【たっぷく本舗】

黒豆(希少):【送料無料】黒ムクナ豆焙煎済みパウダー250gお徳用

 

あなたが問われている

人によっては暴力的な性格になってしまう。
そのときは相手に同情や弱さを見せるより、
正面から向き合い、戦う意思を見せねばならぬ。

間違えると、しゃしゃまでがうつになってしまう。
そうならないよう、気をしっかり持つべき。

病気ひとつに「人生」が問われている。
少しでも症状が良くなるよう、祈っておく。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。