尻からぽたぽたと鮮血、痔になりにくい姿勢や椅子で予防したい

おはよう、しゃしゃ。
昨日、朝トイレでうんちをしたところ……鮮血

ぽた、ぽた……驚いた。内臓の病気か。大腸がんか。
焦っていろいろ調べた後、病院で診断してもらうと、

「痔ですね」少しはほっとしたが、座ると痛い

おまけに病院にあった本の読みすぎて、
頭痛→吐き気→下痢 という形で、内臓がすっきりした。

病院では座薬をもらって治りつつあるのだが……
仕事に対する普段の姿勢に問題があるなと思い、
「痔を予防する方法」はないか、調べてみたよ。

しゃしゃが痔で便の際、鮮血が現れたら病院で診断してもらい、
痔の予防を一緒にしていこう。

 

痔に至る伏線

ステーキ | 向野 圭衣 [pixiv] https://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=64697847

ステーキ | 向野 圭衣 [pixiv]

兆候は金曜日にあった。
ラーメン店でみそ野菜ラーメンを食べた昼。
野菜の量が多すぎて、麺を食べる前に腹いっぱいとなった。

夜は半年ぶりのステーキ。
翌日、げっぷと胸やけを伴った。

「脂ものをとりすぎ」

和食を食べたのだけど、へその下回りに不快感を抱く。
うんちはきちんと出るものの、へその下に残る不快感は消えない。

もう一つは座り方だ。普通に座っているつもりが前のめりになっている
前のめりになると、内臓に圧力をかけてしまう。

椅子に座る私の生活習慣にも要因があった。
二つの事情が重なって、火曜日に痔を起こしたのではないか?

 

痔の種類

トイレでうんちをしたところ、

ぽた。ぽた……

音が聞こえ、振り向いたら血が流れていた。
焦ってすぐ病院で診てもらった。

医者は「何があったか」を聞いたところ、痔と診断。
服を一部脱いで、おなかをさすってもらった

内臓に痛みはあるか? 盲腸や胃の部分を触ってもらったよ。
痛みがないから痔と診断された。

ボラザG座薬を出してもらった。

参照サイトによると原因を見るにあたり、内痔核と外痔核だと思う。
(医者がどの痔に当たるか、聞きそびれたよ)

参照:痔の種類とその症状

参照:ボラザG軟膏・坐剤の効果と副作用【痔疾患治療薬】

 

本の読みすぎで頭痛から下痢

病院には漫画があった。
漫画を読んで水分をほとんどとっていないせいか、
頭が割れるように痛くてたまらなかった。

朝に診断してもらい、昼は頭痛の痛みに耐えられず、横になっていた。
今度は吐き気を催し、トイレで嘔吐し、夕食をとらなかった
嘔吐後、腹が痛くなり、鮮血と一緒に柔いうんちが出た。

うんちが出た後、腹が「ぐーぎゅるるるる」音をたて、
鮮血は生じなかったものの、下痢をいっぱい出した

上記参照サイトによると、
ボラザG座薬の副作用としてかゆみや下痢があった。

夜9時に寝て、深夜2時に起きて座薬をさした後、再び横になった。
朝の5時までラジオを聴いていて寝なかったから、頭が痛かったよ。

参照:本の読みすぎは頭痛につながりますか?

読んでいた本:JIN-仁- 全巻セット (ジャンプコミックスデラックス)

 

痔を創らない生活習慣

今日、椅子に座ると、前のめりになったとき、尻に痛みを感じた。
針で刺されたような痛みだ。

針で刺されたような、上から突き付けられたような痛み
何度か感じていた。今思えば痔に至る伏線だった。

私はパソコン作業がメインなので、よく椅子に座って作業をする。
だからこそ、椅子に座らない作業が求められる。
私の場合、思いついた対策を二つほど書く。

 

膝を立てて作業

膝を立てる際、柔らかいクッションを床において、
パソコン作業を行う。

私は自宅を作業場として仕事をしている。
人によってはあぐらをかけるテーブルを購入し、
いろんな座り方、座らないで作業する方法を考えたほうがいい。

 

立って作業

立ちながら作業をしてもいいが、猫背になりやすい。
ノートパソコンの場合、位置や角度を変える。

デスクトップなら立ち膝を立てるか、作業を中断して休むか。
デスクトップパソコン作業者のために、健康手助けの手段があるよ。

持ち上げる

しゃしゃの健康や作業に配慮し、デスクトップパソコンで作業する際、
いろんな姿勢でできる道具がこちらで販売しているよ。

いろんな姿勢で作業を行い、病気をおこしたくない。
病になると作業時間を健康回復へ取られ、多大な人に迷惑をかける。
なるべく健康を維持して作業したい
」なら、ぜひ見てほしい。

PC作業中の健康応援:健康、快適なオフィスライフ作り、モニターアーム・TVスタンド専門店【FLEXIMOUNTS】

 

座る場合

スライム椅子

私が座っている椅子は固い。3000円ほどのオフィス用いすだ。
前にホームセンターへ足を運ぶと、1万円近くの椅子があった。
座り心地が何ともよく、お尻にも痛みを与えぬ

価値の高い椅子は「痛みを抱えそうな」危機を察知し、
何とかして和らげる方法として、柔らかい構造となっている。
椅子一つに「こだわり」がある。

いつも椅子に座り、少しでも体を壊したくないなあ。
痔になって病院はもちろん、横になって作業を遅らせたくない。
座る痛みをなるべく味わいたくない。

考えているなら、ホームセンターや家具店はもちろん、
ネット通販を見て、自分に適した椅子を探してみよう。

様々な作業椅子を探すなら:激安チェアーの専門店

正しい姿勢かつ痔への痛みを和らげるクッション:正しい姿勢がキープできるクッション

座椅子の場合ならこちら。座って作業をする場合も、
なるべくふんわりゆったりできるものを選ぼう。

座椅子:安心の日本製!ソファ・座椅子メーカー直販和楽

背筋を伸ばしてゆったりできる座椅子:背筋が伸びる美姿勢座椅子クラッシック

 

食生活と心の警告

「脂ものをとりすぎ」

「自分の欲望(食欲)」が理性に勝ってしまった
理性が負けて自制を失い、本能に沿って食べた結果だ。

「やばいなあ」思ったのだけどね……
欲望が先に立つ前に、心は警告を発している

心の警告に沿っていたら、痔にならなかったかもしれぬ。

私は甘い食べ物、肉類は好き。お酒をめったに飲まない。
お酒をよく飲む人は気を付けてほしい。

 

心の警告と欲望

本:欲望の資本主義―ルールが変わる時

「心の警告」は食事だけでなく、いろんな場で出る。
例えば先日書いた、元民進党・山尾議員の不倫→離党騒動。

前原代表は山尾さんが幹事長へあたる前、
「あなたは男性問題があると言われているが、本当か、大丈夫か」

問われた後、山尾さんは「大丈夫、問題ない」述べた後、
夫でない別の男性とホテルで密会していた。

もし彼女に「心の警告」があれば、
前原さんに「疑い」を向けられた時点で、

「自分は疑われている。やばい、代表に疑われている。
今日は(相手の男性と会うのを)控え、家に帰ろう」

心の警告通りに従っていれば、幹事長になっていたかもしれぬ。

関連:山尾議員の不倫から何が見える?

彼女の事例だけじゃないよ。
「これをしたらやばいんじゃないか」警告はいくつもある。

詐欺師と出会ったときも、心の底で「警告」を発している。
「迂闊にそいつの発言へ乗るな」と。

乗ってしまった場合「将来の自分に対する勉強
前向きに捉え、自分の心を見つめ直す時期だ。

全ての警告の中で無視していい言葉は、
丹田がじわじわと熱くなっている場合だ。

本当にやりたくて「やったほうがいい」とき、
へそ周りがじわじわと温かくなり、冬でもポカポカだ。

健康に関する「心の警告」は沿うべき
今、記事を書いていると、眉間が痛い。

「休め、目を閉じろ」

述べているので、いったん休む。
休まないで作業をする(我欲を優先)するから、
後で頭痛を引き起こしかねないよ。

スポンサードリンク(広告)

 

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

プロフィール詳細は下にある WebSite を押してね♪