被害者意識を手放した結果まさか2つの収入が増えるとは思わなかった

被害者意識は時間を奪う

おはよう、しゃしゃ。
しゃしゃは被害者意識を抱いているだろうか。

被害者意識と被害者は似て非なる言葉だ。

被害者は実際に加害者がいて何か危害を加えられた状態だ。

被害者意識は加害者が自分で被害者も自分だ。

「自分はダメだ、いじめられる、もうだめだ、絶望だ」

とにかく自分を「被害者」に起きたがる意識を示す。
さて私は今年1月からある大きな目標を掲げた。

すると被害者意識に関して大きな発見を抱いたよ。

 

被害者意識を抱くと損失を出すもの

被害者意識とは自分の心を縛る障害だ。

被害者意識に浸るメリットとして、冒険しなくていい。
よって恥をかかずひっそりと暮らしていられる。

同時に本心は「素晴らしい」自分がいて、常に賞賛を受け、好かれ、悪評を一切きかぬ。

素晴らしい自分へ道を歩んだとき、

「そっちを歩いたら、みんなから嫌われるよ、馬鹿にされるよ」

とにかく自分の心が足を引っ張り邪魔をする。
足を引っ張られ従うと、せっかく新しい自分に向かう機会を、
自分でつぶしてしまい悔やんでしまう。

自分の生き方を悔やむだけでなく、
「素晴らしい生き方」を送っている人たちに逆恨みすら抱く。

「なんであいつばかりいい想いしているのだ、許せん」

「素晴らしい生き方」を送っている人は、
バカにされる、恥をかく覚悟を抱いて進む人だ。

良い生き方を送るなら同時に悪い生き方も受け入れなければならぬ。
都合の良い現実を生きるなら同時に悪い現実も飲み込まねばならぬ。

私たちはいいほうだけを受け取りたいと考えている。
だから現実はどんどん悪いほうばかり気になってしまう。

悪いほうを気にしなくないし、避けたい姿勢が、
「自分はダメな人間だ、恥をかくなんてとんでもない」と、
自分の能力を封じ込める生き方を送ってしまう。

被害者意識を抱いた結果「未知の分野に挑む」行動をとらず、
予想外の報酬を得られずに苦しんでしまう。

私たちは「どの道を選ぶか」はできても、
「選んだ後に訪れる結果」は統制できないしわからない。

脳内は「わかった気」になっており、
「この道を選んだら必ず苦しむよ」という、高確率で外れる未来ばかり提供する。

 

被害者意識の反対は加害者意識

私は前にnoteで「加害者だった」事実に気づかされた。
加害者のとんでもない野郎だと気づかされた。

知らない間に加害していたのだと。

そこで加害者意識を抱くようになった。

自分は加害を与えている。土足で踏み込んでいい。
どうせ自分は加害者であり、被害者に戻られないのだから。

もちろん加害者・被害者とは「意識」を示す。

なおその時のnoteはこちら。

 

被害者意識を手放して得た「二つの利益」

被害者意識を手放すと二つの利益を得る。はじめはお金、次に時間だ。

お金を得る理由はよくわかっていない。
ただお金を得るための行動に対し、自分を止めなくなった。

止めないとはお金を稼ぐまでの仕組みを簡単に作れる。
仕組みを作った結果、簡単に稼げるかどうかはわからない。

ただ仕組みがないよりはあったほうがお金を入手できる確率は上がる。
例えば今読んでいる記事なら一冊の本を紹介する。

本を紹介して誰かが本を購入したら、手数料の一部を私は受け取る。

被害者意識を抱くと一冊の本を紹介するだけでも、
「それをやって不評を受けたらどうする、怒られたらどうする」

被害者にい続けなければならないのであり、
加害者に変わろうとする自分を必死に拒む。

加害者だと「知ったことか」自分の心を無視し、さっさと仕組みを作ってしまう。

被害者だと「そうだよね、叱られたら怖いもんね」と、
得体のしれない恐怖に従い、仕組みを作らない。

だから加害者意識を持つと仕組みを作る時間に焦点を当て、
被害者意識を無視するため、お金を得やすくなる。

 

被害者意識を手放すと時間がうく

時間も同じだ。被害者意識を抱く時間と、
被害者意識にさいなまれず仕組みを作る時間はほぼ同じだ。

違いは仕組みを作るために実行したか、
仕組みを作らずもんもんと悩んでいたか?

現実は「実行」した人に何らかの成果が訪れる。

悩んでいる時間と仕組みを作る時間は同じだ。
心は仕組みを「創らせまい」と必死に働くお邪魔虫がいる。

被害者意識はとにかく「実際の被害者+加害者になりたくない」ため、
少しでも「被害者+加害者になりそうな要素」を省きたがる

結果「それをやったらだめだよ」とあれこれ不許可をだしつつ、
「なんであいつばかり」と逆恨みに近い感情を抱く。

加害者意識を抱くと悩む時間を一切無視し、
とにかく仕組み作りのために働くので時間がうく。

 

あなたはとてもえげつない人間だ!

私はあなたに言う。
あなたは自分で考えるよりも、非常にえげつない人間だ

被害者意識は「自分ってかわいそうだよね」と、
少しでも加害者になりたくない、被害者で痛い気持ちから生じる。

だからこそ反対の「加害者認定」は恐ろしいわけだ。
色々責められるわ叩かれるわ、心を壊される恐れがあるから。

今活躍している人たちは間違いなく、
第三者から勝手に逆恨みをされながらも、自分のやりたいことを追求している。

被害者でなく反対の加害者意識を抱いている。

だからこそ私はあなたに言う。同時に自分で自分に言ってみてほしい。

「とんでもない野郎だ、加害者のくせに!」

自分は加害者のくそ野郎だと自分に伝えると、被害者感情にひたる気分がなくなる。

なんで得体のしれない恐怖にあれこれ支配されなきゃならんのだ。
俺ってそんなに弱い人間だったか? 腹が立ってくるのだけど

自分に腹を立てたらやりたいことに対し、
大雑把に計画を立ててすぐ行動してほしい。

あなたは被害者でない、加害者だ。
だからこそ加害者としてえげつない自分を自覚し、
被害者感情に縛られる自分を手放してくれ。

心は常に自由を求めているのだ。
自由は気づかぬところで人を傷つけているが、
あなたという存在がいるだけで、誰かを傷つけている。

あなたが何をしていなくても、誰かを傷つけているわけだ。
同じくあなたが何をしていなくても、誰かは救われているわけだ。

あなたが何かをしたら救われる人もいれば逆恨みする人もいる。
あなたにとって「よかれ」と思ってした行為が人を傷つける場合もある。
同時に「ありがとう」と感謝されるときもある(たいていはこちら)。

だから気にしないでどんどんやりたいことをやってほしい。

ただし、犯罪は除く。

 

日記:自作ホラーゲームのエンディング
エンディング

現在、ホラーゲームを作っている。
ホラーゲームのエンディングとして上記写真を使う。

被害者意識を抱いていると、遊びの意識すらおぼつかない。

「そんなことをしている場合か」

とことん被害者にいると「あれもこれもだめだ。加害者になっちゃう」と、
変に畏れてしまうんだよね。

だから被害者意識を飲み込むわけだ。
被害者意識を消しても知らない間にまた生まれる

だったら飲み込んでしまえばいい。
飲み込むための具体的手法を今、ホラーゲームと並行で進めている。

「ああ、もう自分に苦しめられたくない」

ならまずはこちらを読んでほしい。

今後の人生によい循環を生み出す「めがび神社」ご利益話

 

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。