やりたいこと実行中なのに心が強烈に不満を抱く真の原因!

おはよう、しゃしゃ。

いろんな自己啓発の本に書いてある言葉がある。

「やりたいことをやれば幸せだ。ワクワクすることをやれば幸せだ」

僕にとってワクワクすることは世界観の構築。
ゲーム制作がまさに世界観構築にあたる。

さておかしな現象がおきた。

やりたいことをやっているのに
「おい、なんでもっとこーしてあーしないんだ」

心が怒っている。焦っているというか。

あれ、やりたいことをやっているから幸せなはずじゃ?
私は違和感を抱いたよ。

 

やりたいことをやっているのに、なんで不満なんだ?

se-bu

僕はやりたいことをやっているが心は不満だ。

やりたいことをやっている、ワクワクすることをやっている。
なのに心は不満でいっぱいだ。

  • 「もっと足りない」だの
  • 「何を妥協しているのだ」だの、
  • 「悩んでいるんじゃない」だの……

何でやりたいこと、ワクワクすることをやっているのに、
僕の心は不満を抱いているのだろう?

もしかして自己啓発関係の本がおかしいの?

 

表に上がってくる現象は基本「心の悲鳴」

今まで心の内側にあって表に出てこなかった部分が、
何か行動を通して表に出てくる=気づいた場合、

「それを解決してください」

心は僕に課題を与えてくれる。

僕にとって気づかなければならない問題が生じた。あなたはどうだろう?

やりたいことをやっている。なのに心がちっとも喜ばないどころか、
「もっとやれ、急げよ、何ボケっとしているんだ」といった、
不満でいっぱい満たされている。

幸せなことをしているはずなのに、ちっとも幸せを感じない。

僕の生き方が間違っていたのか?

不安を抱くだろう。小見出しにも書いたが「心の悲鳴」が表に上がってきた。

 

幸せを否定していた自分に気が付いた

心屋仁之助さんの本が目にとまり読んだ。すると彼の言葉のある一言がひっかかった。

「人間、どんな環境(最悪の環境でも)幸せ。
幸せを追い求めても幸せはない。すでにそこにあるのだから」

僕は気づいてしまった。

そうか、もしかしてやりたいことをやっているのに苦しいのは、
これも自己否定、自分の幸せを拒んでいた証だったのか

すると苦しみが消えていった。

心における苦しみの原因は「自分でも気づかない自己否定」だ。

自己否定は「不幸であり続けていいよ」であり、
「幸せであるという事実を認めたらだめだよ」

だから僕は自分に言った。

「今幸せである、幸せであると認めていいよ。ちょっとずつ成長していいよ」

言葉において「無理しなくていいよ」と入っていない。
というのも潜在意識を越えたところは肯定も否定もない

だから無理しなくていいは「無理していい」と同じ言葉であり、
初めから別の言葉を使うべきだと考えている。

自分に伝える言葉、最近気を遣うようになった。
あなたもぜひ自分にかける言葉を慎重に選んでほしい。

 

やりたいことがない、見つからないという大きな間違い

プリシー

「やりたいこと」と見つけると、
「やりたいことが見つからない」という言葉が出てくる。

今私がやっている内容も本当にやりたいことか?
言われたら正直戸惑う。

もしかするとやりたくないことかもしれないからだ。

やりたいことは見つけるものでない。
「すでにある」と幸せと同じく気づくのが大切だ。

やりたいことはすでにある。ただ自分で「許可を出していない」だけだ。

例えば私のようにゲーム制作を通し、
独自の世界観を作りたいと「やりたいこと」に気づいている。

気づいているというより頭の中、心の中でぼんやり描いている。
だけど実際にゲーム制作をやろうとしたら、

  • 制作に費やす時間が取れない
  • 制作中お金はどうすべきか
  • あの仕事、この仕事もやらなければならない……

色々な理由を通し「やってはいけない」と自分で不許可を与えている。

だからこそ自分に伝える。

「いいんだよ、それらを後回しにしてやりたいことをやって。
場合によっちゃやめてもいいんだよ、お金など大丈夫だから」

実際お金は本当になんとかなる。
誰かに頭を下げたり、最適な時間で働ける仕事が見つかったり……

大切な事実は一つ。やりたいことに対し適当な言い訳で逃げない。
逃げるという言葉は重圧だから、やりたいことに許可を与える。

自分を許し、緊張をほぐしていけばいいだけだ。今すぐやってほしい。

 

日記:かわいいことをやってみると
ひみちゃん

インスタにイラストを載せています。
ヒロアカのトガちゃん、かわいいよ。

なんか今、ツイッター上でいろいろ騒ぎがあるけれど、
自分は「丸太は悪役だからいいんじゃね」だ。

正義の役だったらちょっとは考えるけれど、悪役だしね。
それだけしかない。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。