冷え性と便秘を”自ら創る”人生の悩み(精神的問題)と超簡単な対策

おはよう、しゃしゃ。

最近、私はnoteにて一つの企画を立てている。
企画を立てたのはいいものの、なかなか進まない。

早く進めたいのに、色々頭がこんがらがり、
気が付けば体調を壊し、寝込んでいる。

体調を壊して寝込みながら人生を振り返っていると、
ふと気づいてしまった。

 

冷え性と便秘と悩みはつながっているのでは?

ほえるいぬ

ここ最近、便秘気味だ。
といっても毎朝出るには出るけど、固くて少ない。

粘り気の在りそうな柔らかい便が出ていない。
どれだけ運動しようとも、下剤を飲んでも出ない。

加えて昨日体温を測ったところ、35.0しかなかった。びっくりした。

体温が低くなると湿疹にも影響を与えるし、免疫にも大きな問題が生じる

「なんで自分の体は冷えまくっているの?」

くわえて人生においていくつかストレスとなる出来事が生じ、
またやりたい企画も上手くやらずに止まっており、
色々とどうしたらいいんだろう……

悩み続ける日々を送っていた。
そして今日、激しい頭痛によって寝込んでいた。

寝ているとき、ふっと私は口に出した。

もしかして冷え性と悩みはつながっているのかも。便秘と悩みもつながっているのかも

 

悩みの本質は「停滞現象」

えがお

悩みとはどういう時に生じるか。
色々な事例があるけど、私の場合は基本、自分で自分を止めているときだ

企画があるならパパパっと遂行すればいいのだが、
適当な理由や仕事を通して、進めるのを自分で止めている

ワクワクする企画を自分で止めている。
自分で止めていながら「どうしたらいいんだ」と考えるばかりか、
「早く企画をすすめたい」と願う。

早くやりたくてたまらない自分と
「今やったら……」ビビる自分がせめぎあっており、ビビってる方が勝っている。

悩みの本質は「早く進めればいい案件を、強引に自分が止めている」

要は自分の中で強引に循環を止めているから起きているのであり、
強引に進めてしまえば循環できる体になるんじゃないか?

私だったらnoteでの企画において現在、
ワードにて原稿を書いており、いつまでもためている。

ためている言葉をnoteに下書きという形で出しながら、
「今こういうことをしているよ」と報告し、
後戻りのできない立場に身を置く。

自分で企画、本当にしたいことを止めているのだから、
止める力を外して、したいことをさせる。

すると冷えも解消していくんじゃないか?
居間こうして記事を書いているとき、だんだんぽかぽかになった。

 

冷えを作る「抵抗思考」

ひめさま

停滞を起こす理由は「心理抵抗」だ。

例えば私が「こういう企画」をやると決めたとき、
脳内ですぐ「でもこれをやってもしくじるだけ」と抵抗が生まれ、
なんとしてでもやめさせようと自分に働きかける。

働きかけた結果、止めてしまうと情熱を失い、
だんだん体にも冷えという形で影響を与える。

見方を変えるなら冷えは「自分が今停滞していますよ」を示すのであり、
「どこが停滞しているか、すぐ思い浮かびますよね」だ。

すぐ思い浮かぶ停滞箇所をすすめればいいんだけど、
「止めてくれ、今はそれをやる時期じゃない」と、
ものすごく「抵抗したい」自分も現れる。

だから自分がやりたいけど、強引に止めている箇所に対し、
強引にやっていけば、冷えもだんだん取れていくんじゃないか。

やりたいことをやって力を注ぎたい分野がある。
自分の心理抵抗があろうとも無視して行う。

※犯罪につながることだけはやめよう

自分がどういう世界へたどり着くのか味わってみたい。

今あなたが読んでるブログ記事も、
私はいったん記事を書いたらためるのでなく、
思いつくままに記事を書いて、わっと出した。

もし「こんなの人は読まないよ」色々抵抗思考に沿っていれば、
あなたが読んでいる記事は今頃、お蔵入りになっている
だろう。

お願い

めがびちゃんからお知らせ♪

お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

まさか記事の書き形一つでこうなるとは…

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。