正直者ほど効果てきめんな邪念や雑念を消す方法

majisyan

おはよう、しゃしゃ。
本来はメールマガジンで記そうと思ったのだけど、
しゃしゃを含めた多くの人に知ってもらい、
少しでも心の不安を取り除ければいいなあ~思った。

しゃしゃは不安を今、抱いている?
将来に対して「もしこうなったらどうしよう」ってね。

一つでも不安をため込むと、たくさんの不安に押しつぶされ、
心が正常を保てなくなり、ついには狂ってしまう。

そうならないよう、今から言うやり方を通し、
不安を利用して面白い気持ちを抱いてほしい。

 

不安をひっくり返す方法

例えばお金、来月にやってくる請求書をまともに払えそうにない場合、

「今月は何とか払えたけれど、来月は無理じゃないか」
「そもそも何をしたらいいんだろう、どうしたらいいんだろう」

ひとつ絶望を考えると、絶え間なく絶望に近い言葉を感じる。
脳内から発せられる「不安な声」に負けてしまう。

不安がある極値を超えると、犯罪行為へ走ってしまう。
目先の問題から逃げるために、やってはいけない決断をする。
(お金の例だと詐欺・銀行強盗など)

そこで不安をひっくり返す

「来月も簡単に請求書を払えたらどうしよう」
「自分の人生、どんどん面白い方へいったらどうしよう」
「俺の前に素敵な女が現れたらどうしよう、結婚したら、子供を……」
「友達ができたらどうしよう、パーティーを開いたらどうしよう」

「心をいじめる」のでなく「心を楽しませる」不安をつぶやいてみる。

なるべく声に出した方がいい。すると邪念が一気に消える。

あれだけ「来月の請求書、まともに払えないよ~」
どこからか生まれる囁き(邪念)が、面白いようにとまる。

 

邪念が消えた後の行動

メモ2

邪念が消えたとしても「何をしたらいいか」がわからないと、
再び邪念がやってくる。結果、元に戻る。

そこで進むために「うれしい不安」を利用する。

「請求書が払えない」⇒「払えたらどうしよう」
嫌な不安をうれしい不安に変えた後、さらにうれしい不安をつぶやく。

「鼻をほじっても請求書を払えたらどうしよう」
「友達と話をしている時でも、請求書を払えたらどうしよう」

内容はふざけていい。未来など誰にも分らない。
どんな分野だってある日突然、契約がなくなったり、
反対に新たな契約が生まれたりと、何が起きるかわからない。

脳みそは「わかった気」になっただけ。
自分の未来などわからないのだからこそ「良い不安」を抱いた方が面白い。

しゃしゃが「嫌な不安にいつまでも浸っていたい」なら話は別。
そうじゃないなら「良い不安」を言葉に出していく。

そこで今すぐできそうなことを思いついたらやってみる。
すると、何かわからないけれど「成長へつながるヒント」に気づくよ。

 

悪い不安は人生の邪魔でしかない

悪い不安は何でもかんでも思いつく。
自分をはじめ、友達、パートナー、国……

思いついた不安の中で「予防できる行為」なら、
指をくわえているのでなく、すぐさまやってしまう。

悪い不安は「不安の声」のみを発し、
何をしたらいいか全くわからないため、混乱した日々を過ごしてしまうんだ。

人生の邪魔でしかない。
すぐ取り外すため、嫌な未来を「良い不安」に変えてしまい、
良い不安を的中させるよう、試行錯誤をこなしていこう。

どうせ未来は何が起きるかわからないんだ。
良くないほうを考えるより、良い方を考える方が、
良いアイディアも思いつくからね。

今回の話、しゃしゃだけでなくしゃしゃの身近な知人で、
「俺の将来が不安で仕方ない」嘆いている人に対し、
「不安をひっくり返してみな」いってみよう。

知人の不安を取り除き、徳を積んで生きていこう。

 

邪念は耳元や脳を支配し、本質は丹田に宿る

身口意

邪念や雑念は耳元や脳みそを支配し、常にしゃしゃへささやく。
それらはすべて無視していい。

不安が起きても無視していい。たいていの不安はおきないし、
起きたとしても、行動したおかげで「たいしたことねえな」と、
肌で実感できるので、どんどん前に進めるよ。

不安が的中しても、大いなる力が働いて解決できる。
自分ではどうしようもできないけれど、
なんか知らない力が働いて、いつの間にか解決できる。

いつの間にかといっても、覚悟は必要だよ。
例えばお金がないなら親や知人に頼むといった、恥を捨てる覚悟がね。

脳と心の部分についてはこちらの本で詳しく語っているよ。

空海さんも苦労していた部分だ、ぜひ読んで実践してほしい。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。