きちんと水を飲んでいるのになぜ体が乾燥してかゆいの?

おはよう、しゃしゃ。
最近、自分の体を観察して気づいた事実がある。

僕は朝6時ごろに起きて、野菜ジュースで朝食を取り、
コーヒー(ミルク+砂糖入り)を飲んだ後、
昼食までぬるま湯を飲んで生活をしている。

午前11時あたりになると、異常に気付く。

「あれ、水(お湯)を飲んでいるのに……
なぜ、唇が渇くのか、お肌も乾いてかゆいのか?」

普通、お肌の乾燥対策として水分の補給が欠かせぬ。
なのに水分を補給しているのに肌が渇くってどういうことよ?

 

水が毒になるとき

色々調べたところ、以下の参照サイトに出合った。
石原結實先生の老化に関する考察において、

(水を取りすぎると)
胃腸の働きが低下し、胃腸から血液への水分の吸収が悪くなって、胃袋や腸管の中に水分がたまってしまうか、下痢として体外に捨てられてしまう。さらに、冷えた臓器や組織の細胞では、必要な水分を十分に取り込めず、水分は細胞と細胞の間に滞る。これがむくみの原因である。このように不要な場所にたまっている水分が増えると、肝心の細胞が水不足になる。これが「水毒」である。乾燥した細胞は老化の一途をたどる。

引用:水を飲みすぎると体が冷える?

試しに両手を触ると冷えていた。

水分を取りすぎると、胃腸を含む内臓の働きが弱まり、
きちんと血液や細胞内にH2Oが化学反応を起こさず入らず不足し、
体のあらゆる部分が結果として乾いてしまう。

冷えたうえで乾燥肌。冷えると免疫が弱くなったり、
乾燥肌でピリピリと静電気が走るような感覚を抱き、
首から上半身を中心にかゆみを生じる。

 

乾燥肌によるかゆみが示す意味

原因が分かった。対策として生活習慣を変えればいい。
水をあまり飲みすぎないよう心掛ける

水分を追い出すため、今すぐ小便をしたところ……濃い黄色だった。
濃い黄色を調べたところ、脱水症状の表れではないか?
もしかしたら病気なのかもしれない……。

僕が今すぐした対策として、ストレッチや腕立てスクワットを行った。

体を温めるほうに力を注いだよ。
後は普段から水分を取る量を控えるのもいいと考えた。

水分を取っているのに乾燥するなら、
あまりとらなくても一緒じゃないかと。

参照:「おしっこで」健康チェック

 

髪の毛がかゆいのも冷えのせい?

記事を書いているとき、手足が冷えている。
すると髪の毛の頭頂部がかゆいと感じた。

乾燥と冷えの両方が働いたものと考える。
冷えによって血行不良が生じ、適切な水分が頭頂部へ行かず、
乾燥を招いてかゆみを生じる。

だからこそ冷えを取り除くために対策を取らねばならないのね。

 

取りすぎ/やりすぎは逆効果を招く

  • 「肌が乾燥するから水を取って防ぐ」
  • 「水分を取りすぎると、かえって肌が乾燥する」

二つの相反する事実が起きている。
なんだろう、僕はグラフを思い浮かべたよ。

例えば損益分岐点。
あるところまでは損失だけど、損益分岐点を超えたら利益になる。

水分も同じであるところまでは乾燥対策につながるのだけど、
取りすぎると、かえって乾燥を招いてしまう。

見方を変えれば、あるもの(ノウハウでも薬でもなんでもよし)を試したら、
絶大な効果を得たとする。

あるものを使う頻度が高くなると、かえって逆効果になってしまった。

世の中を生きるうえで「やりすぎ/取りすぎ」は、
自分が期待する成果と反対を招く事実をつかんでおくと、
人生の教訓として色々と役立つのではないかと思うんだ。

 

日記:イラストと最近の自分
命令

インスタグラムにてイラストをあげています。
人様のオリキャラです。
うさぎちゃんに出動命令をしているところを描きました。

今日はいろいろ時間が空いて、家にこもっていました。
こもっているとき、最近の自分を見つめなおしていたのです。

なんかうまくいかない日が多いなあ。
何でいろいろ成果が出ない日が1週間以上も続くのだろう。

自分はどこで何を間違えているのだろう?
それとも変わっているから環境も変わりつつあるのか……など、
最近の自分がよくわかっていない状況です。

自分の中で焦っている部分がありました。
「何か、賢ちゃんといえばコレ!といえるものがないと、
収入や人、ツキなどいいものがやってこない」

で、今日色々と自分を振り返ると、
「別にコレ!といえるものがなくてもいいんじゃね?
そもそもコレ!がないと自分は価値がないの? 違うでしょ」

気付いて、コレがなくてもいいからやりたいことをやろう。
という結論に達しました。

内観っていいものですね。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。