日本列島から日本人が消える日を読んでウイグルが浮かんだ話

ども、しゃしゃ。
書店にいたら、目立つ本があったので手に取ってみたよ。

「日本列島から日本人が消える日」
タイトルにインパクトがあって、興味を持った。

作者はミナミAアシュタール。
Aは「あつし」さんと著者の一人だそうだ。

本人のブログを読むと構想に5年を費やしていると書いてあった。
5年の構想を読んだ後、私は一つの考えが浮かんだ。

「あ、今ウイグルで起きていることと同じじゃね?」

 

レプティリアン(ヒト型爬虫類)の存在

中身は「本当かよ」突っ込みたくなる部分がある一方で、
「この部分は普通に当てはまるなあ」思うところもあった。

仲でも私が一番気になった部分が「レプティリアン」の存在。

レプティリアンの存在はともかく、特徴はぜひ押さえておいてほしい。
レプティリアンの画像があったのだけど、気持ち悪いので載せない。

 

人間が持つ重たいエネルギーが大好き

重たいエネルギーとは憎悪や嫉妬、差別や不安といった、
憎しみの感情であり、戦争したい衝動でもある。

戦争といっても色々ある。
国が攻められるから守るために争う場合もあれば、
自軍の資源が足りないから、資源ある国から奪おうという考え。

レプティリアンはとにかく争いが大好きで、
平和の心、愛にあふれた生活、心配のない人生が大嫌い

少しでも不安と争いを起こすためだけに、
あの手この手で争いを作り、支配を好み、
常に戦っていなければ安心できない病に侵されている連中。

レプティリアンという言葉に関係なく、
ここはぜひ真理にも当てはまるので抑えておくべき。

人間の内面にはいろんな側面があり、
99の幸せよりも1の不幸に焦点を合わせ、苦しむ傾向が強い。

1の不幸を突き詰めた連中がレプティリアンとみていい。

なおいろんなサイトでレプティリアンを調べると、
生き物を思いやる心が欠如し、いくら財力を持っても富を欲し、
足るを知らず、一人きりになってたら自分と戦い、
最後は必ず自分に負けて滅びるけれど、反省の色なし。

私から見れば「欠乏病/理想幻影病」に侵された、
哀れで同情もできぬ患者でしかない。

「日本列島から日本人が消える日」では、
レプティリアンの願望と歴史について深く書いている。

レプティリアンの存在を知るというより、
レプティリアンの本質「欠乏病」を把握するところに、
「日本列島から日本人が消える日」の良さがある。

レプティリアンの本質は私を含め、すべての人が持っていると考えている。
ただ、支配されないように自分で意識して奴らの影響を弱めるだけ。

ちなみに作者のブログを読むと、
「わかるわ~」共感できる内容を載せているのが面白い。

ブログ:ミナミのライト らいと ライフ~light, right, life~

 

神社が力を封じ込める場所だって?

南トルキスタンの国旗

※ 東トルキスタンの国旗、ウイグル自治区の独立を祈願する旗

読んでいて「へえ」思った部分もある。

私は月初め、いつも神社で参拝をしているのだけど、
神社とは「日本が持つ良い力を封じる場所」だそうだ。

神社にある鳥居は「重たいエネルギー(憎悪など)の維持」であり、
神社へよく通う私としては、重たい空気を感じぬ。

ちなみに神社へ行ってやる作業は宣言が一つ。
お金を払って循環づくりが一つだ。

願い事をするのでなく、むしろ友達として遊びに行く感覚かなあ。
神社についてはこちらも読んでおいてほしい。

 

ウイグルで起きている迫害問題

「日本列島から日本人が消える日」を読んだ後、
虎ノ門ニュースでは有本香さんがウイグルで起きている出来事を述べていた。

ウイグルに関して日本はほとんど入ってこない情報。

漢民族による差別と迫害が進み、
血も涙もない政策を行って、チベットの坊さんが焼身自殺をするほど、
ひどい状況となっている。

焼身自殺をなぜ選ぶか?
単なる抗議の自殺でなく、焼身したほうがましといえる
くらい、
普段やっていることがひどいと知って、びっくりした。

レプティリアンは現実にいないけれど、
「レプティリアンの想い・本質」を受け取っているやつらは、
実際にいるんだなという事実だけはわかった。

なおこの問題を「地政学」で見たらこうなるよ。

 

日本列島は腐っている、だから脱出しようぜ

「日本列島から日本人が消える日」ではほかにも、
悪の結社の一つといわれているイルミナティが出てくる。

日本で儲けたお金はアメリカに吸い取られる。

苫米地英人さんの本によるとアメリカでもさらに、
一部の金融資本団体に座れていると書いている。

しかも東日本大震災をはじめ、大地震は人工的であり、
自然災害を通して、日本人ほかを屈服させようとする姿勢、
9.11テロは米国の自作自演(自分はそう思わない)……

全世界を巻き込んでNWOといった組織を作り、
重たいエネルギーを絶えず生み出し、
冷血で悲惨な争い(レプティリアンが最もやりたいこと)を、
地球が割れてなくなっても、銀河系を舞台にして続ける。

明治維新は「なんてことをしてくれた!」であり、
織田信長は「レプティリアンと戦う」ために鬼になった人。

縄文時代と弥生時代を「エネルギーとレプティリアン」の視点から、
違いを述べているところはとても面白かった。

レプティリアン及び腐った日本列島から脱却するには、
「違う次元」に意識を向けなければならないと。

詳細は実際に本を手に取って読んでほしい。

アマゾン:日本列島から日本人が消える日

楽天:日本列島から日本人が消える日/ミナミAアシュタール【1000円以上送料無料】

「なんじゃこれ」突っ込む一方で、
確かにこの部分はこの事例に当てはまる」と、
納得する自分に気づくと思われるから。

作家として「なんじゃこらあ」という作品は好きだなあ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。