場面設定類語辞典を使って、小説と画力の表現を上げたい

岩

ども、しゃしゃ。
感情類語辞典を出したフィルムアート社が新しく、
場面設定類語辞典を出したよ。

場面に対する引き出しが少なく、
「少しでも広い視点から世界観を描きたい」考えているなら、
購入し、手元に置いて調べてみるといいだろう。

 

公園ひとつをとって

色彩遠近

場面設定はどんな意味を持つのだろう?
例えば犯人が銀行強盗を行った後、逃げた。

逃げた先が

1 公園
2 学園
3 警察署

3つとも、そこにいる人物は「同じ行動」をとるだろうか?
例えば公園だと子供がいるかどうかで、結果が分かれる。

子供がいたら、強盗は子供に危害を加えるかもしれない。
子供がいなければ、そこで一休みし、
「将来の自分」を考えるかもしれない。

学園ならどうだろう。現実とファンタジーでわかれる。
ファンタジーなら魔法でぼこぼこにされるだろう。

警察署ならどうだろう……

場所は人の心に影響を与える。
場面を「なんとなくここがいい」で決めるのもいいが、
少しでも物語に「意味」を持たせるなら、場面は考えたほうがいい。

 

場面に対する想像力が豊かに

場面設定類語辞典を買ったからと言って、実際に使えるのだろうか?
内容は「目で見るもの、耳で聞く音、鼻でかぐにおい」といった五感をはじめ、
基本どういう状況で使われるか、ある種の統計に基づいている。

購入した後、その場を一度取材してみると、
新しい表現(言葉、イラストなど)が浮かんでくる。

公園を例にとる。私は毎朝ある公園を歩いている。

そこでたくさんの老人とよく出会い、挨拶している。
昨日あった人はホタテ漁をしており、血圧が高くて倒れた。
今は人手不足で、働き手がいないか探しているらしい。

夜には出会わない人でも、朝には出会う。

公園でも、朝、昼、夜……足を運んで取材すると、
ストーリーが少し浮かんでこないだろうか?

浮かばない場合、必要ないから出てこない。
必要だなと思ったら、なるべく足を運んで取材する。

その際、場面設定類語辞典を読んだら、
「あるある、こういう設定ありだな」

新しい表現を得る機会につながるよ。

「今よりも、もっと表現の幅を増やし、
豊かな世界観と場面を築いていきたいなあ~」

アマゾンから注文:場面設定類語辞典

楽天から注文:場面設定ル語辞典

考えているなら今すぐ手に取って、
調べながら場面(に近いところ)を取材しよう。

 

追記:感情類語辞典

フィルムアート社は他にも感情類語辞典、
私が持っているステラ・アドラー「魂の演技レッスン」など、
表現分野でとても参考になる本を書いているよ。

記事:感情類語辞典を手に取ろうかどうか迷う

少しでも感情の引き出しを増やすコツを書いているので、
ぜひ読んで、こちらも手に入れるといいよ。

記事:物語の法則を読んで、小説リライトのコツがわかってきた

こちらは実際に映画の脚本を分析・時には書いている人が、
「どういう基準で脚本を直していけばいいか」に焦点を当てている。

小説と脚本は同じではないけれど似ている。
「どういう演出を盛り込んでいるのか?」

参考として読んでみるといいよ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

35歳:人生初の交通事故(物損)に出会う。冬道の運転で車を上下に大回転(スピンではない)を体型氏、何とか命を取り留め、なぜ生きているのかわからない状態に陥る。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。