ティラノスクリプトで作った物語:キラメキForteenを出し

キラメキ

おはよう、しゃしゃ。
ブログで最も目的としていた「作品の告知」から遠ざかること、
およそ1年ほど……やっと出しました。

なぜ1年もかかってしまったのか。
いや、作品ができても「逃げていた」自分にびんたをし、
表に引きずり出しました。

ちょっと私の「愚痴」をご覧になり、いろんな感想を抱いてください。

 

なぜこの作品だけは「逃げる」のか?

恥ずかしい

私は記事を書いています。
政治系はもちろん、芸術系や自分の体にまつわること、
いろいろ書いているとき、そこに「逃げる」気持ちはない。

だけど「ティラノスクリプトを通して作った物語」は、
どういうわけか「逃げの姿勢」になってしまう。

評価されることが怖いのか。

「恥ずかしいことをやっているんだな、お前」
といわれることが怖いのか?

身内に「いいおっさんがそんなのを書くなんて」
とさげすまれることが怖いのか?

ありとあらゆる「実際に味わっていない怖さ」を、
現実に味わいたくないと思って、逃げていたよ

成人式

でもね、逃げているばかりじゃないんだ。
自分の身内をはじめ、数人に「自分から」これをつくっていると伝えた

自分から「恥をさらす」つもりで行くと、
だんだん表に出すことに対し、逃げる気持ちが消えていく。

ある意味、だれにも伝えない行為は「逃げ」であり、
自分を知っている人に伝えて、「逃げ道をふさぐ」わけだ。

第三者で私をよく知らない人に伝えても意味がない。
私をよく知っている「身近な人」だからこそ意味がある。

 

初めにリスクを取れ

だすこと

作品はもちろんだけど、仮想通貨をはじめとする商売にも言える。
初めにリスクを取ってしまう。

リスクは人それぞれだ。
私は「なぜか逃げる気持ちがある」作品を出すのがリスクだった。

リスクを避けると新しい出会いを得られない。
リスクにぶつかって、悲惨な目にあったらどうしよう?

実際、悲惨な目に合うと「あ、こんなもんか」
びっくりするほど心が強くなるよ。

リスクはガンガン積極的にとっていく。
すると、少々のピンチに対して動じなくなる。

たとえ、財布や銀行残高が0円でも、
たくさんのピンチを味わうと「大したことがない」感じ、
新しい何か(リスクを取る)をやっていく。

今回、作品を出してここに気づかされたよ。

ダウンロードはこちら:キラメキForteen

 

おまけ:人様にイラストを描いてもらい

 

こんにちは😃 . フォロワーの @gabu_ideas ことガブ君が自分のオリキャラ「士鶴(shizuru)姫」を描いてくれた。 . こんな構図、考えもしなかった😳 あそこが見えそうで見えない😆 凄く嬉しい😃 . 同時に思った。 . ✒️なぜ、こんな構図を選んだ? ✒️ガブ君は彼女をどう観ている? 観る:体や顔、性格やストーリーなど。 . 僕にはわからない、ガブ君が見ている視点が気になった。 . ガブ君以外にも数人、僕のオリキャラを描いてもらっているし、僕も描いている。 . 僕は必ず、外見はもちろん、内面を調べる。調べるうちに、 . 「もしこの子がこんな生活を送っていたら😃 こうだろうなぁ」 . 妄想が働き、イラストを描くよ。 ありがとう、ガブ君。 . #お絵描き #イラスト #落書き #イラストレーション #illustration #paint #painting #art #drawing #習字 #canvas #instart #doodle #手書き #色鉛筆画 #manga #anime #オリキャラ #くのいち #キラメキ #士鶴

千賢光太郎さん(@megabi0)がシェアした投稿 –

インスタグラムでフォロワーの一人にキラメキForteenのオリキャラ、
士鶴姫を描いてもらった。その時、疑問を抱いた。

描き手は何を見てこんな構図を描いたのか。
姫はどんな気持ちを抱いているか?

描き手の世界観が知りたくなった。

すると、描き手のガブ君は答えてくれた。

ガブ君

実は、彼女を見たときから気に入ってたけど、ストーリが深くに知らなかったので賢さんの投稿したイラストと説明から推定しました。
構図は"戦いの数日後、刀の様子をちょっと戸惑いように検察している。" この発想から座ったの姿になりました。

※ 検察しているはおそらく「刀の状態・様子を見ている」と思います。
ガブ君はアルゼンチンの人で、日本語を使ってお話ができます。

表情、性格については…
賢さんの一つの投稿によると"普段は言葉使いや品は良いだけど、戦うときは戦闘狂になる" と
冷静のときはこんなに可愛くみえるはずだと思って描きました。

最後に、"くのいちなので、背景には森"と考えました。

描き手が思う「世界観」をきちんと描いてもらうと、
「なるほど、彼はこういう視点を抱いているのね」わかるよ。

ガブ君に世界観を紹介してもらった際、
誰かのツイートか本のどちらかだけど、逸話を思い出した。

ピカソは絵を売り込む際、きちんと世界観を顧客の前に伝えたという。

伝え方は簡単で、構図、色使い、人間の様子、感情、そのほか……
ありとあらゆる「もの」を分解し、一つ一つに「意味」を見出す。

世界観で自己実現欲求を満たし、なおかつ商売にしたとか。
ふっとひらめいたのがあったよ。

何かはお楽しみに。

スポンサードリンク(広告)

 

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

プロフィール詳細は下にある WebSite を押してね♪