吹雪

おはよう、しゃしゃ。
11月を超えてから、私の体は砂漠状態に陥る。
南極でもいい、とにかく乾燥する。

金属製のドアや車に触れると

バチッ!

静電気にやられてしまうよ。
皮膚も寒さによって乾燥を招くのか、
かゆくてたまらないし、ひっかくと気持ちいい。

どうにかならないものかしら。

 

風呂上りに訪れる体内砂漠

肌の乾燥は私の日常生活を振り返ると、

  • 朝起きてすぐ首がかゆい
  • 午前中、日航が背中などにあたって
  • 部屋が寒くなると、バチバチ体内が電気反応
  • 風呂上りから10分後くらいで、体がかっさかさ

風呂上りは乾燥肌を防ぐクリームを塗ると、
お肌に違和感を抱き、ひっかく気がなくてもかいてしまう。
また風呂上りは季節に関係なく乾燥肌になりやすい

風呂を通して汚れが落ちていくからだろうか。

参照サイトを見ると、

  • 体を洗いすぎている
  • 風呂の温度が高い

確かに納得するところはある。
ただ、低いときでもかゆいときがあるんだ。
乾燥肌とはまた別の要因かもしれぬ。

参照:お風呂上がりに「肌が乾燥してかゆくなる・・」の原因と解決法

 

ちょっとした動作がかゆみをもたらす

私は湿疹に悩まされている。
例えばまゆげのあたりに違和感を抱き、左手で少しなでると、
摩擦が生じてかゆみを覚え、ひっかいてしまう。

他にも首を横に傾けたり、汗をタオルでぬぐったりと、
ちょっとした動作に対し、体が敏感に反応し、かいてしまう。

敏感な部分は肌だけでない。
嗅覚に味覚、そして「目に見えない存在」と言った、
多くの人がたいした気にならない部分を受け取ってしまう

相手の気持ちも敏感になりすぎて、
「私はいけないことをやりまくっているのではないか?」
面白くてやりたいことをためらうときもあるんだ。

 

免疫力低下によるかゆみ

ちなみにひっかく原因の一つに免疫力低下がある。
有酸素運動(ウォーキングやランニング他)を怠り続けると、
だんだん体が弱っていきやすい。

医学的根拠はなく自分の体験だけど、
免疫力低下は精神にも原因がある。

とにかく自分を乏しめる、今の自分を否定する、
自分が面白いと思ったことに対して否定すると、
免疫が落ちていきやすい

中でも「精神的に逃げたい事実と向き合う」とき、
体はストレスをぐっとため込み、かゆみを通して吐き出している。

私の場合はかゆみという形で逃げてしまうが、
人によっては発狂、食べ物をとりすぎる、
壁を叩くといった症状が出ているのではないか?

 

風呂上りのかゆみを抑えた出来事

風呂上り後、ゆったりしているとかゆみを覚える。
時々仲間から電話があって、急ぎ仕事に集中すると、
かゆみを忘れてしまう。

後、特にかゆみもないのだけど、
かいていない自分に違和感を抱き、
習慣としてひっかいてしまうときもある。

ひっかいてしまう生活習慣。
嫌なのに、ストレスがたまると自分の体にぶつけてしまう。
リストカットと似た意味を含んでいるのかな?

 

静電気-お外対策

外を歩くと、お肌が乾燥しやすい。
乾燥肌は耐えられても、金属物にふれて生じる静電気には耐えられない。

実際にやっている対策として――

静電気除去キーホルダー

静電気除去キーホルダーを常に持つ。
金属物に触れる寸前、キーホルダーを当てて、
静電気を吸収してもらう。

持っていなければ今すぐ購入し、
車や財布他のキーホルダーとして使おう。

金属物でない物体に触れる

静電気除去キーホルダーがない場合、
ガラスやアスファルト、金属物でない壁などに触れる

それらに触れて自分の中にある電気物質を変えてしまう。
キーホルダーを忘れた場合、お店のガラスやコンクリートに両手を当て、
5秒ほど経過してから金属製の扉を開けるようにしているよ。

いきなり金属製の扉に触れるから「バチッ」と痛みを覚えるよ。

 

静電気-内側対策

体内の静電気対策として何が良いのだろう。
クリームやすべすべな液体を塗るのもいいだろう。

塗る前にやってほしい対策として、
お出かけ前に水、ぬるま湯を飲むといい。

一時期、水をほとんど飲まないで出かけた際、
ドアノブはもちろん、身近な金属物にまで静電気を発した。

近くにいた知人が「賢ちゃん、水をきちんと飲んでいる?
私は飲んでいなかったので、知人は言った。

知人

じゃあ飲みなさい。水は体内の中和だけでなく、
毒素を追い出し、浄化してくれる効果があるんだよ

 

そこで水を飲むと、金属物に触れてもなんともなかった。
水だと体が冷えるので、なるべくお湯をちびちびのもう。
お出かけ前は水とお湯を足したぬるま湯を飲むといい。

私はパソコンとにらめっこをしながら原稿を書いている。
原稿を書いている時、お湯を飲むとお通じが良い。
便秘に悩んでいるなら、午前中はお湯をがぶがぶ飲むといい。

ただし午後から寝る前は体を冷やしがちだし、
食事をとって体内に水分をため込んでいるから、
ちびちびと少量ずつ飲んだほうがいい。

なお液体でもサイダーやお茶と言った飲料水は避けるべき

水は主に水素と酸素が中心だけど、
ジュースは糖分を無駄にとるだけ。
珈琲やお茶は脱水成分のあるカフェインがある。

一番はぬるま湯がいい。

 

お出かけに必ずぬるま湯を携帯

お出かけする際、バッグにぬるま湯入りのペットボトルを持っておくと、
のどが渇きそうなときや体がバチバチきた際、
少量でも飲むと中和できるよ。

ペットボトルを持っていく気がないなら、
お店に立ち寄って500ミリペットボトルの水を購入しよう。

 

脳が勘違い命令を下してひっかくとき

書く万年筆

冬は基本、風が強い。
風が強いと敏感な私は異常をきたし、ピリピリとかゆみに襲われるよ。

加えて寒いとお肌が固まる印象を抱き、
ひっかいてお肌を柔らかくする「間違った行動」をとってしまう。

ひっかく原因はお肌の乾燥もあるけれど、

ピリピリきた⇒ひっかいてピリピリを止めなければ!

脳が誤った判断を下し、ひっかきをやれと伝える。
ひっかかないとストレスがたまる。

どうして肌をひっかかないんだ、早くひっかけよ」と。

ひっかきを抑えるクリームを塗る前に、
脳みその誤った命令をまずは止めねばならぬ

そこで紙とペンを用意する。

かゆい部分を言葉に表した後、
「脳の命令は無視、体を傷つけるだけだから」

書くと、どういうわけかゆみを抑えられる。

かゆみ対策の一環としてかゆい部分を紙に書いて、
「脳みそが勘違いを起こしている」書けば治まったよ。

ぜひやってみてね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket