おはよう、しゃしゃ。
冬になるとお肌をひっかきたくなる。
風邪をひいて免疫が低下し、お肌をひっかきたくなる。

体が弱くなると、かゆくなるというより、
「かきたくて仕方がなくなる」よ。

今のしゃしゃはどうだろう。
お肌をひっかくだけでなく、ひっかいた後汗をかいて、
寝て起きたら汗まみれになって、汗あれ状態になり、かゆくなる。

おまけにうんちも出ない便秘状態で、毒素がお肌から出ている状態だ。

2017年12月からこの状態だった。
今、お肌に苦しんでいるなら参考になると思うが、
ある程度の覚悟も必要になるよ。

 

薬や乾燥を保護したら、かえってかゆくなる

皮膚粉

12月になり、風邪を引いた。
それ以前から冬になってお肌が乾燥し、かゆくなった。

ひっかくと粉が落ちて、風呂に入ると液体が濁るほどひどい
ひっかくたびに汗をかいて、夜寝ると体が熱くなる。

朝起きたら汗をびっしょりかいた形跡があり、うんざりするよ。

首がかゆくて起きる日もあるほど(夜中の2時頃)だ。
特にアロエ軟膏で乾燥からお肌を保護したところ、
体がかゆいうえ、全身が熱を持って眠れなかったよ。

ひっかいて汗を放出し、体が冷えたとき、体の声を聴いた。

お肌君

アロエ軟膏でお肌を保護するのやめてくれ

そこで私は思った。

なら体に何もつけず、そのままでいろということか

お肌を保護するためにクリームをつけるが、
クリームによって体内にある熱が逃げられず、
かゆみを通して熱を出したのではないか?

仮説を立てて、肌断食を行ったよ。

 

かゆい→すぐ薬を塗ると悪化

寒冷蕁麻疹

苦しみを抱き、薄くかゆみ止めの薬を塗ったよ。

塗った際、ひっかいてからすぐにつけるのと、
ひっかいて、かゆみが自然に収まってから10分くらいたって、
かゆみ止めの薬を塗る
のとでは、違いがあった。

ひっかいてからすぐ塗ると、時間がたつとまたかゆくなり、
再びひっかいて、さらにお肌を傷つけてしまう。

自然放置して時間がたったのち、
薄く薬をつけると、すぐにかゆみが訪れなかった。

後、かゆいからすぐひっかく前に、
かゆい部分に薬を塗ると、かゆみを抑えられた。

「ああ、お肌を傷つけたい、かきむしりたい」
自分で思わない限り、かゆいと思わなくなったよ。

かゆみ止めは市販で十分。
病院からもらった薬でもよし。

 

肌断食の苦しさ

肌断食は体がかゆい部分があっても薬をつけない。
体が乾燥してひどい部分に、保護クリームをつけない。
仮につけるなら1日1回だけ。

何もつけていない、かゆくても薬すらつけないので、
かゆい部分が冬の風にさらされ、痛みを伴う時、

いやあ~助けてくれえ」何度も思ったよ。
呪いをかけられているかのような感覚だ。

もちろん、肌断食を決めてから1週間ほどはかゆい。
かゆくて目の前にクリーム・薬があるのだけどつけない。

体がかゆくてひっかいているとき、
肌断食をしているとだんだんお肌に変化が現れたよ。

今までは「かきたい、かいているとき、とっても気持ちいい」だった。

断食を行ってから、
「かいているとき、気持ちいいけれど、ひっかく気分が失せていく」と、
自然とかゆみを止めてしまうんだ。

お肌が直接被害を受けているので、
「いい加減にしろよ」叱られている気分だ。

保護クリームを塗っているとき、お肌から叱られる印象を持たなかった
クリームをつけると、叱られる感覚が鈍るのかなあと思ったよ。

叱られる感覚が身につくと、自然とお肌をひっかく回数が減るよ。

体としては「お前が考えているより、お肌は強いんだからな」
主張しているように感じたよ。

 

どうしてもつけるなら

お肌をひっかいた部分にすぐ塗ると、ひどくなる恐れがある。
ひっかきが自然に止まり、かゆくなくなったなあと感じた後に、
薄くつけていこう。

べたべた何度もつけるより、
お肌本来の力を信用し、あえてつけない。

どうしても乾燥してかゆくて耐えられない場合、
オージュンヌを塗ってみるといい。

化粧水かつ敏感肌と乾燥肌に対応し、
アトピー皮膚炎で苦しんでいる場合に使うと、効果がある。

ただ、かゆみ止めではない。
かゆいときに使っても、オージュンヌの効果を消されるので、
かゆくない時間につけておこう。

おすすめとして、朝起きた後に体をタオルでふいた後、
(シャワーを浴びるか、朝風呂に入ってもいい)
オージュンヌを塗るといい。

かゆくてお肌をひっかいても、すぐつけないで我慢する。
基本は「お肌を信用」し、つけたくてもつけないように。

アトピー用化粧水:EauJeune(オージュンヌ)

 

お肌をほめてあげる

ひっかいている最中、自分の言葉を研究した。

「なんでかゆいんだよ、止まってくれよ、頼むから」

うんざりする発言をつぶやくと、かえってかゆみがひどくなるし、
言葉とは裏腹に体を傷つけるのが快楽になる。
しかも呼吸を止めて、何も考えられない混乱状態だ。

そこでひっかいている最中、
「いいよ、もっとひっかいていいよ、かいていいよ」

よりお肌を傷つけるよう許可したら、
不思議なことにお肌を傷つけるのをやめてしまった。

くわえて「自分の肌は日々強くなっている」と、
自分のお肌をほめてあげると、うんざりする気持ちが消えていく。

リストカット(自傷行為)を思い出した。
「やっちゃだめだよ」いいながら、やってしまう。

思うんだ。リストカットとお肌のひっかきは同じ現象だと。
どちらも自分を傷つけるし、傷をつけている最中、
得体のしれない快楽を感じる。

傷をつけ終わった後、痛みがじわ~り押し寄せて、
「ああ、やってしまった」後悔しながら、
自分の考えとは反対に、脳は傷つけられる際に訪れる快楽を求める

根本原因は脳みそが「快楽」と感じて「またやりたい」願っている
脳みそは私が「やるな」言われることほどやりたい性質らしい。

だからこそ「やっていいよ」許可を求めると、
脳みそがびっくりし、混乱を起こし、興ざめ
してしまう。

※ お肌を子供だと思って接してみると、面白い。

私はリストカット対策の専門家ではないが、
「リストカット=ひっかきたい・傷つけたい、かきたい」
同じものとして捉えるなら、許可を出してみたらどうだろう。

「もっと傷つけていいよ、どんどん傷をつけな」

傷つけた後「私は強くなっている、どんどん強くなっている
お肌をほめてあげると、脳みそは快楽を求めなくなると考えているよ。

 

きちんとうんちがどっさり出た

肌断食を行ってから1週間近くたった後、
だんだんとうんちが出るようになった。

それまではひっかきを通し、毒素がお肌から出ていたため、
うんちがまともに出ず、便秘状態だったよ。

ひっかいているとき、気づいたんだ。
「もしかしたら、お肌から毒素が出ているから、
本来出るべき場所(うんち)から、毒素が出ないのかも」

だからこそ、肌断食を行って肌力の強化を行った。
すると、きっちりうんちがでるじゃないか。

 

君は強いんだよ

手がかゆい

肌断食を通し、少しずつ肌の力を取り戻した。
今回の出来事を通し「お肌は本来、強い」気づかされた。

お肌だけではない。
私の体は「本来、完璧で強い」と気づいた。

自分が弱くさせているだけなのではないか。
自分が弱いと思い込んでいるだけではないのか。

肌断食はすぐよくならない。苦しい日が7日ほど続くよ。
お肌にクリームや薬をなるべくつけないと、
お肌自身が「何とかしなければ」危機感を抱き、対応を取る

薬・クリームを塗ると、
「あ、薬やクリームが何とかしてくれる」と、
お肌としての仕事をさぼってしまう
のかもね。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎
ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。 雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。 0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい 3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる 8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。 12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。 18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった) 21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける 27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。 28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。 29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。 自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。
Pocket