インスタグラムを使い続けたら、役に立ち右脳が目覚めた話

チアガール犬

おはよう、しゃしゃ。今日はゲームショーに始まり、
イナズマロックフェス他、いろんな祭りが行われた。

私はインスタグラムで写真を撮っている。
そこで気づいたことを上げていきたい。

インスタグラム:私のインスタグラムサイト

 

色鉛筆と画用紙の価値

インスタグラムを始めたきっかけは、
あるnote記事でインスタグラムの使い方について書いていた。

「面白そうだなあ」思って、写真を撮った。
インスタグラムサイトにてアップロードした。
すると数人から「いいね」が入る。

翌日、父親が家を整理していたら画用紙を30枚ほどみつけ、
私にくれた。描くものを探したら色鉛筆とクレヨンがあった。
早速適当なイラストを上げた。

すると、いいねの数が増えた。
コメントもいただいた、フォローもしてもらった。
その後「あること」に使えるんじゃないかと思い、
試行錯誤を続けているよ。

私はCGソフトを持っている。
色鉛筆はまた別の味があり、使い勝手が良い。

おかげで文房具屋に行き、多くの色鉛筆をそろえたよ。
文房具屋にて色鉛筆は単位60円(税抜き)なので、
1000円もあれば、簡単にそろえられるよ。

画用紙は100円均一のお店に売ってあるもの。
スケッチブックでもよいだろう。

スケッチブック:マルマン スケッチブック 図案シリーズ A4 画用紙 天のり製本 S252

色鉛筆:トンボ鉛筆 色鉛筆 NQ 36色 CB-NQ36C

 

インスタグラムのおかげで

色鉛筆

インスタグラムを毎日行ったおかげで、
世の中は広いという事実が分かった。

「そんなもん、当たり前」思わないでほしい。

インスタグラムの世界では、萌絵を描く人はもちろん、
実際の人物をデッサンした画像、
線だけで人物や風景を描写する人、
風刺画を見事に表現する人……

ピクシブだけを見ていると考えられない絵に出会う。
(ピクシブはきれいかつ、今の傾向をつかむなら押さえるべき。
何よりアニメ関係のうれしい絵がたくさんある)

なんじゃこりゃ

※ アクシデントもインスタグラムにとっておいしい出来事

インスタグラムはあちこちに「なんだこれは
驚く芸術家がいて、写真を見るたびに驚くよ。

少しでも世界各国の芸術絵で衝撃を受けたいなら、
インスタグラムで美術絵を投稿していこう。

美術絵を投稿すると、いいねをしてくれる人がいる。
ただし、いいねをしてもらうには条件がある。

 

ハッシュタグは30個まで

ハッシュタグ

ハッシュタグ「#」を付けて投稿する。
ツイッターと同じような機能だね。

ハッシュタグを使う場合、30個まで自由に入れること。
ハッシュタグは日本語と英語を入れる。
インスタグラムは世界共通の道具だ。

英単語は他の人たちがつけているタグを参考に、適当につけてみよう。

私は画像を投稿した後、文章を入れている。
文中にハッシュタグを使って言葉を入れつつ、
適当に顔文字や絵文字を使う。

人によっていろいろな使い道があるから、
色々と研究をしてみるといい。

 

画像を模写して

アットマークについて

インスタグラムを使っていると、
いろんなモデルのポーズやイラストを見かける。

その中で「これを取り入れてみたいなあ」
「ある人物を描きたいけれど、ポーズが思いつかない」

思った場合、インスタグラムで調べたり、
他のフォロワーが写した画像を見よう。

その中で「これいいな」思ったら、すぐさま鉛筆をもって模写しよう。
模写すると刺激を受ける。自分にないものがそこにある。

結果、新たな絵を描ける自分に気づかされる。
なお、描いた際はお礼としてその方のページをコメントに書いている。
他人のページは「@」を付ければ、相手に届くよ。

 

投稿日時の観察

日時

インスタグラムを上げる際、日時はチェックしておこう。
私の場合、日曜日の午前9時頃に挙げると、
他の曜日に比べて「いいねの数」が多い印象を抱く。

少しでもいいねをいただきたいなら、
日時はきちんと押さえておくべき。

世の中には「タイミング」があり、
「いいね」を通してタイミングを計算できる訓練だ。

 

画像の二次利用

投稿した画像はブログやツイッター、ピクシブなど、
いろんなところに貼り付けておくと、
少しでもアクセスを増やす対策になるよ。

ひとつのイラストをどんな形で使うか。
また、イラストにどうストーリーを付け加えるか。
考え方次第でいろいろ浮かんでくるね。

 

ビジネスに利用したいんだ

インスタグラムをビジネスで使いたい。
例えば飲食店や自分が描いた芸術品から、
少しでも仕事に結び付けたいんだ。

考えているなら、上記の本が役に立つだろう。
もちろん、ビジネス目的でやっている人はたくさんいる。
彼らの「癖」を研究しながら、気づいたら即実行。

後で反省を行いながら、日々研究していくといいだろう。
上記の本は研究時間を短縮し、
なるべく早く成果を出したいんだと思っているなら、すぐ読もう。

もちろん、読んでメモを取りながら試行錯誤を忘れずに

本:できる100の新法則 Instagram マーケティング 写真1枚で「欲しい」を引き出す技術

 

インスタグラムは結局

ママパパ

「写真を撮ったんだ、見てくれ」
「絵を描いたんだ、見てくれ」

「創作」しながら「認知」してもらいたい。
でも多くの人が自分の絵を見てくれない。
見たいと思っても、適切な方法がない。

インスタグラムは「素晴らしい写真をみてくれ
想いから生まれたサイトだ。

この想いをきちんと受け取れば、何かがわかるかもしれぬ。

お願い

スポンサードリンク(広告)




お知らせ

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。