新春、大型店でのイベントで和太鼓を聞く人が多いわけを考える

おはよう、しゃしゃ。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて、ある大型店で音楽イベントをやっていた。
シンガーソングライターを聞き終えた後、和太鼓に入った。
すると、和太鼓を聞く人の多いこと……。

なぜシンガーソングライターに比べ、和太鼓を聞く人が多いのだろう?
疑問を抱いたので記事を書いて考えていきたい。

 

雑音の大きさに勝てるか?

シンガー

※ 当日やっていたシンガーソングライター

シンガーソングライターの歌声はよかった。
ギターを弾きながらノリノリで自分は手をたたき、
首をたてに振ってリズムを出していた

ただ、周囲の雑音も気になった。
シンガーソングライターが出す雑音でなく、
お店に流れる音楽をはじめ、人々の声も耳に入る

自分の耳にシンガーソングライターを含む、
様々な音が耳に入ってくるんだ。

耳に入る音楽

シンガーソングライダーの歌声を「最も聞きたい音」とするよ。

最も聞きたい音<それ以外の雑音

こうなると、私の中では歌い手以外の音も気になってしまう
自分の耳に入る「聞きたい音楽」以外も入ってしまうか。

お客様を足止めする一つの要素だなと思ったよ。

 

和太鼓だと人の足が止まりやすい

和太鼓

一方で和太鼓だと、胸に太鼓の音が響くばかりか、
周囲の雑音がかき消されるほど大きいので、安心して和太鼓に集中できる。

多くの人も和太鼓を見るために、
シンガーに比べると足止めをする人が多かった

周りを観察すると、和太鼓に合わせて手をたたく人も多い。
メインは和太鼓、サブに笛で演奏をしていたよ。

和太鼓はギターやピアノのような「様々な音色」を出すものでなく、
ベースのような単純さがあるので、手をたたきやすい。

太鼓はただの雑音でも、人が発狂した声でもない。
リズムがあり、手をたたきたくなる「行動」を伴った音楽だ。

 

何に使えるだろう?

和太鼓と雑音

和太鼓をたたいたから多くの人が足を止めた。
単純な考えでなく、何があったのか、どうして?

「自分の何に応用できるか?」考えると、使えると思うんだ。

シンガーに比べて和太鼓は音が大きい。
周囲の雑音を耳に入らせないほど強い。

自分の生き方において、周囲の雑音とは何だろう?
和太鼓は何に当てはまり、シンガーは何に置き換えられるか?

別なものを自分に当てはめると、
必ず今後を生きるうえで役に立つと思っているよ。

 

神社での参拝で考えたこと

神社

正月は必ず神社で参拝するよ。
参拝する際、祭壇に向けて私は述べる。

「去年、色々助けてくださりありがとうございます。
今年も色々挑戦しますので、温かく見守っていてください」

神様はお願いする対象というよりは、投資家に近い存在だと考えている。

神様をどう考えるか?
神様に対する考え方も「今後」を生きるうえで大切だと考えている。

神様は人間が「到底考えられない、予想外」を普通に考えるうえ、
「人から見て、どう見てもつながらない出来事」を、
当たり前のようにつなげて、面白い物語を作る。

人にはわからない世界が、神様には「当たり前」として見える。
私たちは見えない世界の存在を当たり前としてとらえつつ、
やりたいことから生じる「自分の弱さ」に逃げず、向き合う。

太鼓と雑音に当てはめると、

  • 「雑音」が勝っていると、太鼓に集中できぬ。
  • 「太鼓」が勝っていると、太鼓に集中できる。

太鼓=自分のやりたいこと、突き抜けたい課題

雑音=やりたいことから遠ざかる考え、不安、弱さ

置き換えると、人としてどちらに意識を向けるべきか。
しゃしゃはどっちがいい?

今年もよろしくね。

スポンサードリンク(広告)

 

お願い

megabe-0へ訪問した"本当"の理由

お願い1

Writer軽い自己紹介

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、 「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

プロフィール画像は自画像でなく、Megabe-0ブログのマスコット、めがびちゃん。

 

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。 月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

 

■ 簡単な自分史 ■

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

 

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

 

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

 

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

 

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

 

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

 

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

 

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。 加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

 

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

 

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。