おはよう、しゃしゃ。
選挙が終わった後、経団連の榊原会長は安倍総理に対し、
消費税率の引き上げや社会保障の増大を求めた。

なかでも、いつも聞く発言も述べた。
「国民の痛みを伴った改革」

言葉から何が見えるか、考えていこう。

 

国民の痛みを伴うの裏側にある危機感とは

ツイッターを見渡すと、
「だったら富裕層をはじめ、法人税を大幅に上げろ。
社員には残業をさせず、正社員を増やせ……」

反感の気持ちでいっぱいだ。

「俺たち国民だけに痛みを味合わせて、
お前ら経営者は痛みを眺めながら、のーんびり過ごすんだろ」

経団連会長の「痛みを伴う改革」発言から、
私はこんな言葉を浮かべてしまったが、どうだろう?

しゃしゃも私と同じ発言を思い浮かべたら、気を付けた方がいい。

ある意味正しく、別の意味で間違っている考えを、
「気が付いたら」引きずっている状態だからね。

経団連会長は「痛み」を伴わないと成長できないと、
今でも思い込んでいるし、今までもそうだった。

記事:経団連会長「痛みを伴う改革を」

 

痛みがないと改革できぬってなんでさ?

「痛みがなければ改革できない」は、
当時内閣総理大臣だった小泉純一郎さんが、
日本の改革に「必要条件」として述べた言葉だ。

経団連会長も気に入ったのだろうか。
改革って痛みを伴わなければならないのだろうか?

人によっては「これは痛いわ」思う部分はあるだろう。
人件費を削るためのリストラ、給与の下落……
立場によって「そんなの痛みでもない」思うだろう。

民主党政権時は株価が落ちてデフレのまま、
会社は移転し、給与も今よりは上がらなかった。

麻生時代の自民党経済政策から民主党政策へ変わった。
変化に伴う痛みを味わった結果、日本経済は良くなったのか?

痛みは覚えているだろうけれど、
会社の業績が、日本の経済成績が良くなった……とは言えない。

日本経済は今も発展途上中だ、終わりはない。

 

経団連会長の「本当の怖さ」とは

私たちが人生において改革を求めるとき、
「痛みがなければ改革できない」

潜在意識が受け取ってしまい、改革に恐れを抱くんだ。
潜在意識に言葉が入り、自分を縛るところが一番怖い。

本来なら「うれしい成果」ですら「痛みを伴う怖さ」に変わり
「この痛みを味わいたくないわあ~」

本当に求める「価値(理想の自分)」から遠ざかろうとする。

経団連は今までも「痛み」をたくさん味わい、
これからも「痛みを伴わないと成長できない」に、
潜在意識を含め、縛られるのだろう。

でも、私たちは痛みを伴わなくてもいい。
むしろ「新たな価値観」をもって改革へ臨むべきだ。

 

楽しみ・喜びを伴う改革、注意点は

https://twitter.com/kikumaco/status/922332588735262720 https://twitter.com/kikumaco/status/922332588735262720

景気って「気持ち」も含んでいる
政府がある発表をしたとき、感情が生まれるよ。

例えば株価が2万円、失業率の改善、ボーナスを出す企業が増える、
「企業の味方」なはずの政府が賃上げ交渉を行う……

経済の流れを作る人々がとった対応によって、
私たちには「ああ、うれしい/いやいや、やばいわ
あらゆる感情がワーッと押し寄せる。

「痛みを伴う」書くと、私たちは辛さに耐えねばならぬ。
辛さに耐えたからといって、報酬が出るとは限らぬ。

結果、辛さだけを味わうのではないか?

将来に対する絶望を抱き、気持ちを静めてしまうよ。

今は改革のために痛みを伴うのでなく、
「今の時代に即した」新しい考えが必要になる。

新しい考えは「喜び・楽しみ」を伴った改革だ。

「喜び・楽しみ」はわがままで、他人より自分のニーズ、
恥をあちこちにさらけだし、馬鹿にされようともかまわない。

「楽しそう、面白そう」思ったからやる。
気持ちが乗るから仕事へ取り組む。

痛みだと「負の印象」を与えるからこそ、
喜び・楽しみといった「楽しい印象」を持って取り組む。

人によっては恥をさらけ出す部分において、
「精神的な痛み」を味わうのではないだろうか。

ただ、精神的な痛みは「今までの古い価値観・思い込み」だ。
新しい価値観へ進むとき、たいてい今までの自分からすると、
「受け入れがたい部分=恥ずかしい」ところがあるよ。

楽しみを伴う改革は「今までの恥を捨てる痛み」を伴う。
肉体的な苦痛でなく、精神的な思い込みを取り除く苦痛だ。

実際に出してみると、すっきりするよ。
便秘状態からの、たくさん便を出した状態に近い。

すっきりした部分こそ、改革に必要な要素だ。

 

痛みからの解放を目指すには

経団連をはじめ、痛みを伴う改革は洗脳に適した言葉だ。
国民だけではない、経団連会長自身も洗脳しているんだ。

苫米地英人さんが書いた催眠術本によると、
催眠術師は誰かさんを操る際、まずは自分を操るのだとか。

自分を催眠状態にさせてから、相手にもかけると。

経団連会長は「痛みがないと改革はできない」
自分らで「苦しい条件」を作り、結果が出ても苦しんでいる。

苦しみを自分で作らなくていいんだよ。

本:自分のリミッターをはずす! ~完全版 変性意識入門

しゃしゃが「(人生の)改革には痛みが必要」
思っていたら、その考えを捨ててしまおう。

私は知っている。知人のほとんどが苦しみでなく、
楽しみを伴って改革している事実
を。

今までの思い込みを捨てるという苦しみを取り除いたら、
新しい生き方をしている事実を。

改革には痛みを伴う方法もあるけれど、絶対唯一ではない。
痛まないで改革できるやり方だってある。

考え方を変えて、今までの自分を変える覚悟を持てばいいんだから。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket