おはよう、しゃしゃ。
虎ノ門ニュースファミリー(コメンテーター)の、
ケント・ギルバードさんが書いた「日本人」シリーズがベストセラーらしい。

日本人シリーズは他にもある。
新書では重版がかかるほどの出来らしい。
内容を読むと、目新しいところはあまりない。

虎ノ門ニュースを見ているせいだろう。

考えを変えてみよう。
今の時代、日本は「どんな思想」を求められているのだろうか?

 

世界の当たり前と日本の常識

ケントさんは「アメリカ人の視点」から日本を見ている。
アメリカ人から見る日本の良いところ、直すべきところ……。

「日本は悪いことを今もしている。
だから相手には向かうなどせず、謝罪しながら話し合いをすべき

戦後、悲観+自虐史観+劣勢状態で話し合いの論調が多かった。
今までは通じていたのだけど……民主党政権のおかげで、

「卑屈姿勢はおかしい、今も大損ばかりじゃないか」
日本の在り方に疑問と怒りを抱く人が増えた。

https://twitter.com/siraipp/status/900193060784553984 https://twitter.com/6EGDxF2uacTZNPa/status/899775054505889793

疑問と怒りを抱く人は何を求めるか。
日本の罪だけでなく善は何か。世界はどう日本に圧力をかけたのか。
他に日本は何をしてきたのか、善悪その他含め、色々と知りたい

日本のいろんな姿を求めるようになったんだ。
ケントさんは「いろんな姿」の一つである、
「アメリカ人の視点から見た、日本の別の姿」を描いている。

外国人でも「自虐史観・悲観に基づいた日本人」の視点から書くと、
「別な視点」でなく「日本人の視点」で見られてしまう。

今の私たちが求める視点は「ただ良い・悪い」ではない。
「こんなことをしたし、あんなこともあった。
周りから、必ずしも低い評価を受けているわけではない。
もっといろんな視点から日本を見ていこうよ、何かが見えるから」

日本の「ありとあらゆる姿」を求めているんだね。

 

脱線:ナチスと高須クリニック?

先日から高須クリニックの高須委員長が、
ナチス関係で大きな話題を呼んでいるよ。

きっかけはしばき隊として活動する木野寿紀さんが、
8月17日のツイートで高須クリニックを、
「ナチスクリニック」書いて、高須さんの目に留まった。

今は民進党の有田議員が祭りに加わって面白い状態となっている。

きっかけ:【netgeek】しばき隊・木野寿紀の「ナチス!高須クリニック」発言

高須さんのブログ記事:ハイル ヒトラー

アドルフ・ヒトラーについて私は過去に記事を書いている。
ドイツではわずかだけど、ナチスに関する扱いを変えているそうだ。
(昔はナチスの話すら許されなかった。もちろん賞賛は犯罪行為)

「ナチスは悪」という認識だけで今までは良かった
でも一つの視点だけでナチスを評価してよいのだろうか?

「ナチスが善とでもいうのか?」
そうじゃないからね。ナチスにもいろんな顔があったのではないか

ナチスに限らず、日本の敗戦を含め、
「いろんな顔」に向き合う時代が日本で求められている。

記事:VW株価激下がり「ワーゲンショック」からヒトラーの可愛さを知る

戦争だって同じ。賛成/反対という二元論でなく、
「戦争にあるいろんな顔・立場」に向き合う時代だ。

日本では「漫画・小説」表現を通し、いろんな価値観がわかる。
(アニメはエンタメ要素が強く、善悪論に陥りやすい)

 

自信を取り戻す日本人

今までは「良い/悪い、賛成/反対」二元論で十分だったが、
「違った視点:多元論」を通し、日本を新たに見つめ直す

反対に今でも「二元論」でしか計れないところは、
「求めていないから」時代から淘汰されつつあるよ。

特に「一元論(現実がどうであれ、これ以外は絶対に認めない)」は、
ますます不要の考えへと変わっていく。

多元で見ていくと何が残るのか?
「自分はどんなところに価値があり、
新たな価値を創るには何を求められているのか?」

経済の基本「価値」に行き当たる。
自分をどう伸ばし、どう直し、どう生きるか。

自分を伸ばす行為が家族をはじめ、地域から国へと広がる。
すると自分の生き方に自分で自信を持つわけだ。

今までは自分の生き方ひとつですら、
自分に自信を持つ心構えすら許されなかった。

自虐史観や悲観に基づいた教育や周りの環境に負け、
「自分を見下す、価値を拒むのが当たり前」と思っていた。

でも世の中を生きると、自分はいろんな側面があるとわかる。
善いところばかりじゃない、悪いところだってあるし、
えげつない部分もあるし、卑怯な部分もあれば……

人を家族を物を愛し、嘆き、時には支えあい、
時には孤独となって、何かを学んでいく。

「自分からいろんな価値観を持ち、
改めて日本をはじめとする世の中を見直し、
今後は何を求めているか、みんなで一緒に考えていこう」

手段としてケントさんの考えがヒントにあると思うんだ。
(ケントさん以外もあるからね)

「絶対にこうでなければならない、これ以外の考えは認めない」
でもいいのだけど、別な考えを抱くと、発想も柔らかくなるよ。

 

おまけ:趣味にもいろんな視点を

ネコ人間

インスタグラムでイラストを上げています。
人さまのイラストを描くと、自分以外の技術に気を遣います。
自分が描いているものと「違う何か」に気づく。

そのうえで新たに自分の技術を見直す。
イラストはうまい・下手だけで見ると、自分の絵は下手です。

「うまい/へた」だけで見ると、それ以外の考えが浮かばない。
別にイラストで食うわけでもないし、趣味程度ならいいかもしれない。
けれど本気を求めているなら、うまい/へたという評価は当てになりません。

言葉を増やすと「かわいい/みにくい/きれい/きたない……」色々あります。
さらに言葉を増やすと「下を見ている猫娘がかわいい」描写が細かくなります。

学ぶって「細かく観る」行為だと思う。しゃしゃは趣味を持っているだろうか。

おそらく趣味はうまい/下手だけで測る人は
「しゃしゃがやっている趣味に関心を抱いていない」思うのです。
どうでしょうか。

 

おまけ2:仮想通貨日記

仮想通貨日記

今日、コインチェックからMonero仮想通貨を現金へ替えました。
(要はコインを売った)

リップル、5割も上がっている(午後1時)
Moneroをこれまで持っていたのですが、売った後、Zcashを買いました。
買うとき、利率が下がっていたのです。

みんなが購入してコイン価値が高いときほど、私は興味を抱きません。
下がって調子の悪いコインほど、応援したくなります。
儲けるだけで見たら、リップルを買っているのでしょうね。

仮想通貨の換金は「お遊び」程度で止めておきましょう。

 

おまけ3:憂鬱な朝が見せるもの

メルマガ記事を更新しました。
憂鬱な朝を迎えた。例えば仕事で追い詰められている。
例えば「今後、どう暮らしていけばいいのだろう」と、悲観している。

私は自分に問いかけます。詳しい内容はメルマガにて。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

Pocket