Pocket

おはよう、しゃしゃ。
自分の住んでいる場所が「静かな侵略」を受けているとしたら?

小説のような大きな話で「何を言っているんだ、お前は」
信じられない、受け入れられないと思うよね。

受け入れたとき「あの時、気づいていれば今頃は……」
守ってくれなかった地域や国を責めるも、
「私は被害者だから悪くない、騙されただけ」逃げてしまう。

今日、虎ノ門ニュース(木曜日、有本香さん)を聞いていたとき、
北海道を中心に活動している小野寺まさるさんが訪れ、
北海道とチャイナの関わりについて話をした。

地元にいながら「知らないこと」が多く、
番組を終えた後、しばらく放心状態だったよ。

そこから自分の気持ちなどを見ていきたい。

 

地図帳から見る盲点

領海

7月2日、チャイナの情報収集艦が対馬海峡の領海を侵入した。
領海画像を見る限り、いい加減な通行は許されないんだなあ。

いい加減にやると領土近辺にまで来られ、
そのうち領土に停まってしまう確率が高い。

記事と画像:中国海軍の情報収集艦が津軽海峡で領海侵入

北極海航路の中継点であり、北米進出への足掛かりとして、
釧路を利用できると、習近平国家主席は明言した。

チャイナから見て「釧路」は地図上「遠い」場所にある。
(苫小牧や札幌、稚内に比べると遠く見える)

遠いからこそ「脅威」も少ないだろう……
地元だからこそ「心理的油断」が生まれる。

中国と北海道

※ 地図はグーグルマップより

今日の虎ノ門ニュースを聞いていると、
釧路はチャイナ「領土」から遠い印象があるだけで、
ちっとも遠くはない。別ルートでの「利用」を考えているわけだ。

「まさかチャイナが釧路に軍港としての利用を考えているとは」

地政学を学ぶと「確率は0でなく高い」思っているけれど、
改めて「関係者の口」からはっきり言ってもらうと、衝撃が残る。

 

外交でなく日本の問題

日本と中国

ニュースではロシアの北方領土経済特区に関しても扱っていた。
小野寺さんいわく、北海道庁は抗議をしたいが、外務省が邪魔をする

記事:北方領土の色丹島にロシアが経済特区を指定

こう見たとき、チャイナやロシアを含む外国が日本に対し、
仕掛ける「あらゆる戦略」も発端は「日本国内」にある。

私はチャイナの侵略に「それほど」危機感を抱いていない
本当に危機なら戦後70年もたたぬうち、日本省へ変わっている。

今でも変われないところを見ると、
日本は「外国勢力に対して大きな危機対策」をできていると、見ている。
もちろん、油断は禁物だ。移民の受け入れ問題があるしね。

私が一番危機感を抱いている考えは「刹那的我欲第一主義」だ。
その場が良ければ、未来がどうなろうともいい。
今の自分さえ良ければ、周り(環境や他人、家族など)がどうなってもいい

自分に固執しすぎるあまり、他人を平気で裏切るばかりか、
恩も平気であだとして返す。人としての倫理が外れた状態だ。
拝金主義も我欲第一主義の表れだと思っているよ。

 

チャイナ思想に抱く不快感

日本はどうしてチャイナの思想に不快感を抱くのか?
一つ目は地政学的な現状だ。

日本だけでなく、インドや南シナ海など、
「積極的」にあちこち「小さな争い」を仕掛けている。
秋にチャイナで共産党大会があるから、余計ひどくなっている。

反面、日本政府は「紳士的な対応」でしか抗議できないから、
「もっと力を使って日本を守れ」怒りを抱く人も多い。

二つ目は私の考えだ。共感するもせぬも自由。

高度経済成長期では環境を軽視し、公害を生んだ。
日本人全員ではないが、一部が反省し、公害対策を行った。

自分「だけが」大切でなく、周りの環境に加えて自分「も」大切だ。

チャイナも「周り+自分も大切」思う人はいる。
個人で見ると、周り+自分を大切に扱う人は多いと思う

国で見ると「自分が」大切(我が強い)思想が見え、
他者をぞんざいに扱っているところに、不快を抱きやすい。
(他者の中には環境や自分の家族、恋人なども含む)
チベットとかさ。しゃしゃはどうだろう?

日本も「向こう側」から見たら、冷たい国とみなされているのかしら?
確かに冷たい側面はあるけどさ。

 

日本は堂々としたたかに

チャイナの戦略を見て日本の立ち回りを見ていると、
「日本はいつまでぺこぺこすれば済むのか」怒る人はいるだろう。

G7など大きなサミットではチャイナを名指しなど、
日本は堂々とした態度で、相手と戦っている。

おまけに北朝鮮系とのかかわりがある銀行に対し、
資金の流れを法で食い止めた。

日本は堂々と対策を行っている。決して指をくわえているわけではない。

「もうチャイナに絶対勝てないし、頼らないと何もできない」
依存かつ悲観論が一番危ないと確信を抱いているんだ。

記事:日本が北朝鮮の資金洗浄に関わった中国の銀行の資産凍結 → 中国発狂

 

文化面(主にアニメ)での侵略

日本も軍事はともかく「文化面」では侵略している側だ。
チャイナ方面への日本アニメ配信サービスが良い成績をだしているそうだ。

アニメとはいえ原作は日本人。
ファンタジーとはいえ「日本の思想」が向こうへ入る
外から考え方を取り入れ続けるうち、少しずつ価値観も変わる。

「考えすぎでしょ」言われたらそれまでだけど、
日本アニメがチャイナへ配信される現実を知ったとき、
「情報戦略」としてみれば、日本も意外な形で攻めていると思うんだ。

参照サイトにある記事のように、チャイナにとって
日本の価値観が入り、人民の共産党へ対する考えが変わる
危機感を抱いたら、政府の手で強引に中止できるからね。

参照:中国で日本アニメ38作品が突然姿を消す

参照:中国の「日本アニメ依存症」

 

「まさか自分のいる場所が」

チャイナはあの手この手でやり方を変え、
なんとしてでも日本を間接支配したいと考えている。

仮にすべての戦略がつぶれて「完全撤退」するなど、絶対にありえない。

仮に釧路の計画がつぶれたら、根室に焦点を変えるだけ。
たくさんの攻め方がある限り、撤退など絶対にない

「まさか自分のいる地域が静かにとられている(背乗り)」

大半の人はピンとすら来ないだろう(私もそうだった)。
会社が外資と提携しただけでも気づきにくい。
実際に現地の人がリストラされまくり、外国人ばかり採用して……

国内の空気が変わっても気づかないけれど、
殺される羽目になって、初めて気づくかもしれぬ。

気づいたとしても「まだ大丈夫だろう」
事実から逃げるための「精神逃避」を行い、
何も手を打てぬまま、最悪の状態を見守る……とは思っていない。

今、私たちができることは何か?
官邸にメールを送るのも一つの手だ。

官邸サイト:ご意見はこちら

日本をはじめ、チャイナにロシアなどの国際感覚を、
「本業と関係ない」立場だけど身に着け、
つかんでいる情報をSNSを通じて広めていくべき。

外交戦争は「国単位」でなく「国民単位」で仕掛けられている。
私たち一人一人が「他国と向き合っている」状態だ。
国は国民がいなければ成り立たぬ。

今の状況を作っている犯人は政府というよりは私たちだ。
「政府があほだから、私たちは何もできない。
日本人は愚か者で怠け者ばかりだから、衰退していくだけだろう……」
私たちが被害者根性+悲観思考では何も変わらない。

私たちにできることをやる。
情報をいろんなところからつかみ、分かち合う。

これだけでも立派な「情報防御+攻撃」手法だよ。

 

おまけ:インスタで見る「釧路」

釧路

スマホのインスタグラムで虫眼鏡アイコンには「地元」の動画がある。
地元の動画を見ると、観光客による配信が多い。

#KUSHIROで見ると、チャイナの観光客による情報が多いよ。
一番多いの「阿寒湖」周辺ね。

私も秋になれば紅葉みたさに阿寒湖へ行くけれど、
屈斜路湖に摩周湖、春採湖もなかなかいいよ。

そういえば阿寒湖+中国で調べると、阿寒湖周辺で中国人が一人消えた。
まだ見つかったという情報が入っていないのだけど、どうなったのだろう?

 

地元だからこそ感じない

地元にまさかそんなことがあるとは。
しゃしゃのいる地元はどうだろう?

「少しでも周りの人に知ってもらいたい」
思ったら、下記SNSを通じて広めたり、家族で議題にして考えてみてね。

議題にもしなければ、どーでもいいやと感じるのはいけない。
「無知」なまま「今の状況だけを楽しむ」と、
無知の裏側で忍び寄る脅威に対し、いざというとき対応できぬ。

不都合な情報も知ったら広め、分かち合うのも危機管理の一つだ。
私は「大きな」危機感を抱いていないが、見過ごせる話題でもない

しゃしゃはどうだろう。見過ごせなかったら討論しあってね。

スポンサーリンク(広告)
記事拡散のお願い

Pocket