瀧三VLOG #1 | Alexcraft [pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60176009

瀧三VLOG #1 | Alexcraft [pixiv] 流行語ではないけれど、映画の流行としてあげるならこれ。

ども、しゃしゃ。
「保育園落ちた、日本死ね」というブログタイトルを、
民進党の山尾志桜里議員が使い、流行語大賞を受賞した。

彼女がブログを書いたわけではないはずなのに、
ブログを引用して国会議事堂の前で発表した彼女を、
ユーキャン流行語大賞は選んだ。
(動画を見ると、本人は自分がもらっていいのかと述べている)

この単語を選んだ人たちに疑問すら抱く。

 

「死ね」という呪いの言葉

死ねという単語は基本、人を呪う目的で使う言葉だ。
うれしい、楽しい意味で使う言葉ではない。

流行語大賞の審査員は「流行した言葉だから」で、
無理やりごまかしを図ろうとするのだけど……

「日本死ね」という、自虐史観を再び植え付ける言葉に思える。
言葉は基本、倍となって跳ね返ってくる。
この単語が日本に呪いをかけなければよいのだが。

なお、受賞した本人に対して、
ニコ生を含むネットの反応は怒りが多い。
山尾さんだけでなく、ユーキャンと審査委員にも。

そりゃ「死ね」という奴を喜ぶ人はいない。
日本死ねという単語だけを見ると、
しゃしゃが日本人なら死ね、って受け取るからね。

関連:山尾さんが辻本さんと重なるなあ

関連:山尾さんの対応が示す民進党の未来

 

そういえば待機児童対策

待機児童

山尾さんをはじめに書いたとき、
民進党として期待の新人が現れたと思ったのだけど、
ガソリン使い込み事件における記者会見で……

「ああ、この人もやっぱり民主党の体質に染まっていたか」

人を攻撃するときは突き進んでも、
攻撃されると、狼狽して弱い(民進党議員に共通する性質)。

保育園落ちたブログにて、
民進党はあれから「独自」で保育園に関する対策を行ったのか。

与党はあれから保育園に関する緩和策などを打ち出した記憶はある。
野党は山尾さんが騒いでから、
ずっと問題に取り組んだ印象がないんだよね。

民進党のHPを見ると、2月29日に問題提起した後、
4月12日まではきちんと取り組んでいたみたいだけど、
その後12月1日になるまで、待機児童問題は何も更新していない。

きちんと待機児童問題に取り組んでいたなら、
4月から12月までの間に「更新」できる内容は、
いくらでもあったと思っている。

待機児童関連を問題にして、議題にあげたのはいいけれど、
その後の行動を見ていると、なんかなあと思うのよ。

参照と画像:民進党の待機児童対策タグ

 

民進党は甘やかされる?

メディアや新聞は自民党の議員があほな行為をしたら、
徹底的に批判して、話題として取り上げる。

これは良いと思っているの。
一度問題にして、きちんと説明してもらい、
覚悟を持つかどうかの機会につながる。

炎上騒ぎになったほうは気を付けるか、
自分の発言に責任があると自覚する。
結果として学習し、より怖い存在へと化ける

ところが民進党の議員が問題発言をしても、
マスコミはめったに取り上げない。

民進党は野党だし、取り上げても反応は薄りからなあと判断しているのか。
あるいは民進党側から「取り上げるな」クレームをいただいているのか。
メディア業界の自主規制か、私にはわからないよ。

ただ、メディアが取り上げないから、油断が生じやすい。
自分が述べた言葉がどれだけ足を引っ張るか?

気が付いたら「とんでもない」ことになっていた。

厳しく指摘すると気を付ける。指摘しないと「甘く」世の中を見る

その結果が「とっさの行動・言動」に現れているよ。
政治、というより政治家の対応を見ていると、
「今の日本がどのくらいか」を知る指標として面白い。

 

最後に:円安に危機感

円安ドル高

最後は民進党の話題とほぼ関係ない。

ここ最近、トランプ新大統領への期待からか、
円安ドル高(ドルの価値が高い)状態が続いている。

グラフで見ると「ああ、落ち着くわあ」なるけれど、
円安のデメリットとして、物価が高くなりやすい。
輸出業者にとって、安い値段で高い利益を得るチャンスだ。
(自民がTPPを進めたい理由の一つはこれ)

民進党には経済政策など、何一つ期待をしていない。
何しろ増税しろ、緊縮(要は金を使うな)財政をしろ。
お金の流れを止めろと述べているのだ。

物価が上がって品不足が生じなければいいんだけどね。

 

不倫発覚?(20179月)

※ 2017年9月時点、民進党代表は村田蓮舫→前原さんに変わる

9月の習慣文春で、山尾議員が不倫していたとわかったよ。
政治家の不倫は当人の問題だから、私としてはどうでもいい。

保育という「母と子」の分野に携わる人が、不倫していたと疑惑があるだけで、
母子関係で応援している人が見れば、幻滅するだろう。

お相手は9歳年下の弁護士らしい。

母子関係の担当に関して、男問題のない女性議員を選ばないと、
政調会長など、重役を務める際、足を引っ張られるんじゃないの?

文春(民進党有田議員の友が編集長とされる)が、
山尾さんのスキャンダルを暴くとは驚いたよ。

 

おまけ:創作活動

美しい女性

インスタグラムでイラストを描いています。
インスタグラムではモデルやグラビアアイドルをフォローし、
彼女たちのポーズや肉体を観察しながらメモを取り、
まとめたものを画像にしてあげています。

画用紙でイラストを描くとき、正面からの姿ばかりになります。
色々な視点から描けるようになりたいわ。

スポンサーリンク(広告)
メールマガジン登録

note

読者購読規約
powered by まぐまぐ!
記事拡散のお願い

著者紹介

千賢 光太郎
千賢 光太郎

ティラノスクリプトや小説家になろう、ピクシブ他で物語を書きながら、
「私が気になった事件」の裏側を作家の視点で書いているおっさん。

雷が苦手で、光を見ると頭が固まる(元から固い)。
月初めは墓参りと神社参拝を行い、賽銭箱へ1万円を入れた際、とても気持ちがすっきりした。

0歳:釧路のある病院で生まれる。暇さえあれば母乳を吸って、ご飯を4膳食べても体重が落ちるほど、母のダイエットにものすごく貢献したらしい

3歳:行方不明になり、全裸で海を泳ごうとしたところ、いとこのお姉さんに発見され、この世へ留まる

8歳:自分のお金でおもちゃのカードを初めて買い、経済を知る。なぜか父親に怒られ、家出するがすぐに見つかる。

12歳:学校で給食委員長になる。委員長として初めて全校生徒の前にて演説する際、原稿用紙を忘れてアドリブで笑いを誘いながらも何とかやり過ごし、多くの生徒に名前と顔を覚えてもらう。また、運動会の騎馬戦では変なアドリブを行い、多くの笑いを誘った。

18歳:初めて好きな人ができたけれど、告白が恥ずかしくてついにできず、別れたことを今でも根に持っている(妻となる人にははっきり言えてよかった)

21歳:大学在学中、アルバイトを始める。人手不足かつとても忙しい日々を過ごしながら「どうせなら自分から楽しいことをしていきたいなあ⇒起業って選択肢があるのか」働き方の選択肢を見つける

27歳:自分で作った会社がうまくいかず、一度たたんで都落ち。実家でとことん自分を責める日が続く。「何をやっても駄目だな、お前は」など。自分を責めても自殺ができず、体中から毒素があふれ出て苦しい日々を送る。寝るのも怖かった日々。

28歳:「このままじゃいけない」決心を決め、小学校からの勉強をやり直す。高校の勉強で躓きながらも、学び直すうちに「自分は何もわかっていなかったんだなあ」大切な教えに気づかされる。
加えて、小説やイラストなど「今までの自分が手を出さなかった分野」に手を伸ばしてみた。

29歳:「定義」と「自己肯定」こそが生き方を決めると気づかされ、不安な日々が起きても、心が強くなったと感じる。でも子供の誘惑にはめっぽう弱くなる。

自分の生き方はすべて自分が握っている。わずかな瞬間にしか現れない「自分の真実」を表に引きずり出し、ピンチからチャンスを生み出す発想や視点をブログやメルマガ他で提供中。

Pocket